未分類

僕はどこから/見逃し配信ドラマ/動画/1話/無料視聴/pandora/Dailymotion/Youtubeまとめ

僕はどこから/ドラマ/動画/1話/無料視聴pandora/Dailymotion/Youtubeまとめ

【僕はどこから!】は、ヤングマガジンに掲載されていた市川マサさんが原作をつとめるクライムサスペンス漫画「僕はどこから」の初映像化・初ドラマ化です。主演は中島裕翔さん、共演は間宮祥太朗さんです。 演技力に定評がありスラっとしたスタイルを誇るイケメン2人がこのドラマの中でどのような演技を見せるのかに大きな期待が集まります。

中島裕翔さんが演じる主人公・竹内 薫は文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできるという非常に特殊な能力を持った青年で、認知症の母と2人暮らしをしています。小説家を志望していますが、その類まれなる能力がゆえにかえって、自分独自の作品が作れないでいました。アイデンティティの確立に苦しむ中で、母が事故に見舞われます。母の事故が薫のアイデンティティ及び今後の小説作りにどのような影響を与えるのか、ストーリーの重要な分岐点で注目すべきポイントです。

母が事故にあい入院が必要な中でその費用を捻出できないという絶望に暮れる薫の所に、間宮祥太朗さんが演じる元同級生のヤクザ・藤原智美が現れます。智美は替え玉受験を要求し、代わりに莫大な報酬を提示して来ました。薫は成功直前までこぎつけますが、そこで薫のアイデンティティに大きな影響を与える何かが起こるようです。一体今後のストーリーはどうなっていくのか。期待しましょう。
漫画が原作とのことですが、存じておらずこの公式サイトにて知りましたがとても面白そうですね!!
特殊能力を持つ薫は母の介護と自分の夢に追われる日々…もうここだけでもいろんな想いがこみ上げます。特殊能力はちょっと置いといて、自分の夢と母の介護…この両立は難しいことで現実世界では夢を諦める人が多いのではないでしょうか。私ならどうすると考えると、やはり介護を優先せざるを得ないかなと思います。ですが薫は頑張って両立していた矢先、母が亡くなる悲劇…。たった数行のあらすじを読んだだけで薫を応援したくなります!
そんな薫の前に同級生である智美が現れて今までと違う世界を見ることになる…どんな展開になるの?そこで能力が生かされるの?と展開が読めないこともあってすごくワクワクハラハラします。
さらにキャストも良いですよね!中島裕翔くんと間宮祥太朗くんの組み合わせは女性ファンからの歓声が凄そうです。中島くんはジャニーズなだけあってもちろんイケメンですが、演技も上手く役になりきる俳優さんだなという印象があります。間宮くんも細かい感情を表現するのが上手いので惹きつけられる魅力がある若手俳優の一人だと思います。
放送はまだ先ですが、今後ほかのキャストの発表など追加情報が楽しみです。

2020年1月から始まる新ドラマ『僕はどこから』は、漫画が原作のドラマであり、今回は初の映像化作品となります。私は原作の漫画を読んでいない為、先入観なくこのドラマを見ることができ、この物語の結末を知らないからこそハラハラドキドキさせてもらえると思っています。今作は、他人の文章を書き写すことでその人の思考をコピーできるという特殊能力を持つ青年とエリートヤクザ2人によるサスペンスドラマとなっていますが、一見正反対な2人がどのような犯罪を犯すのか興味がそそられます。主人公の竹内薫が持っている特殊能力は、現実世界ではなかなか想像もつかないような才能ですが、その特殊能力がこのドラマにどう関係していくのか楽しみです。また、このドラマの主人公である竹内薫と藤原智美を中島裕翔さんと間宮祥太朗さんが演じることも決定しています。中島裕翔さんは、今まで正統派な役柄を多く演じてきているので、今回の竹内薫役もピッタリだと思いました。また、間宮祥太朗さんは今までに数々のキャラクターを演じてきましたが、「全員死刑」という映画で殺人鬼の役を演じており悪のイメージが強い役者さんです。なので20歳にして組長となった藤原智美を見事に演じてくれると期待しています。

ヘイセイジャンプ中島裕翔

中島裕翔さんは、ジャニーズグループ「Hay!Say!JUMP」のメンバーであり、若者から大人気の男性アイドルです。中島さんはアイドルとしても活躍する一方、役者やモデルとしても活躍しています。中島さんはジャニーズJr時代から子役として数々の作品に出演しておりその可愛らしい見た目からJrの中でも圧倒的な人気を得ていました。そんな中島さんは可愛らしい子役時代から一転、男らしいカッコいい男性へと成長を遂げて、そのギャップに胸を奪われたファンもたくさんいます。中島さんの魅力の一つは、モデルとしても活躍するほどのスタイルの良さです。180cmに近い高身長とカッコいいルックスはファンだけでなく多くの女性を虜にし、どんな服でもオシャレに着こなすカッコよさが中島さんにはあります。また、ベストジーニスト賞も受賞しており、2019年には殿堂入りも果たしました。次に中島さんの魅力はどんな役でも演じることが出来る高い演技力です。今までにも数々の作品で主演を演じている実力があり、役になりきることが上手い役者さんというイメージがあります。そんな中島さんが2020年1月から始まるドラマ「僕はどこから」でどんな演技を見せてくれるのか楽しみにしています。

間宮祥太郎さん

間宮翔太郎さんは、イケメンというカテゴリーで活躍されていますが、今ひとつ、完璧イケメンにはなれないという微妙な感じで俳優でも、配役が少し変わっている人の役だったり、少し内面に闇を持っている役とかを演じてますよね。
それもそのはず、と、思ったのは、色々な情報誌を読んだら、彼は一人っ子のボンボンと言う事でしたので、小さい時から大人の中に混じって生活していたので、同世代にはない落ち着きを身につけていたのかもしれませんね。特にお祖父様から沢山の影響を受けたようで、祖父さんからの教育方針として子ども時代の間宮さんを世界へ連れ出したりしてたみたいです。祖父さんがその理由について「どんな環境でもどうかして成長、チャレンジする人間になってほしい」と言われてたみたいで、それが何か間宮さんに同世代にはない落ち着いた感じと物事に動じない感じのオーラが感じられる所以かもしれませんね。先日のアナザースカイという番組で、彼自身も「祖父に育ててもらっていなかったら、今ここにいない」と感慨深そうに語っていらしたので相当、強い影響を小さい頃から植え付けられていたのかもしれませんね。アフリカとかに行ってもサバイバルの仕方とかを学び、また、世界を旅するということは、それだけ飛行機にも長い間乗っていないといけないので、その間にも忍耐や自分を見つめる時間とかを学べるので、お金持ちの家庭でしか学べないプライスレスの教育が彼の今の不可思議な魅力だと、私は思ってしまいました。ジャンルはあまり見ないので。