スポーツ

フィギュアNHK杯 2019 動画/見逃し配信/無料視聴/羽生結弦//再放送11月22日/Youtube/Dailymotion

フィギュアNHK杯/2019動画見逃し配信無料視聴/羽生結弦//再放送11月22日/男子/女子ショート
 

2019年11月22日19時30分からNHK総合で『2019 NHK杯フィギュア「男子/女子シングル ショートプログラム」』が放送されます

 

フィギュアNHK杯2019見逃し配信/再放送11月22日につきましては
下記にて

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

フィギュアNHK杯2019見逃し配信/再放送11月22日
 

フィギュアNHK杯2019見逃し配信/再放送11月22日 /番組内容

 

 

 

NHK杯フィギュア キャスト

 

解説
本田武史,

アナウンサー
船岡久嗣

 

フィギュアNHK杯2019動画見逃し配信/再放送11月22日/ /

羽生結弦選手の演技は本当に素晴らしい演技力を披露するところや、曲に合わせての踊り(表現)では、見ているこちらまで楽しくなるような気持ちになったり、本当にリング上で演技をされているのか?と忘れてしまうような表現力を感じることあり凄いなと思います。 

また、昨年怪我に見舞われてしまうこともあったりしたので怪我に注意をして思いっきり悔いなく、楽しみながらスケートをして欲しいなと思います。

演技(試合)が終わった後に観客席に向かって
お礼をした後に観客席からぬいぐるみやお花などがリング上に投げ入れられるのですが、きちんとぬいぐるみなどを取っていく姿が印象的です。

今回の公式練習をNHKの放送を見ていると、羽生選手はとても絶好調でジャンプもしっかりとバランス崩さずとべているとのなのでとても期待が高まっています。
楽しみな点はやはり羽生選手の華麗で美しいジャンプをみるのが、楽しみなところです。

そして、
なによりも観客席から伝わってくる転ばないで欲しいと心から願いが聞こえてくるほど、緊張感がすごく伝わって来るのが分かる、一体感のあるような
フィギュアスケートを見るのがとても楽しみです。

フィギュアNHK杯2019見逃し配信/再放送11月22日/ファンの声

大けがなどがなく、順調にいけば間違いなく、羽生結弦選手がぶっちぎりで優勝することでしょう。

今更紹介するまでもないかとは思いますが、羽生選手はこれまで、オリンピック2連覇、世界選手権優勝2回、、グランプリファイナル優勝4回、日本選手権優勝4回、グランプリシリーズ11回優勝など歴代の日本男子選手の中で最高ともいえる成績を残してきました。

おそらく、今シーズンの成績から言ってネイサンチェン選手との一騎打ちになるのではないかと思われます。

今回は大会ではネイサンチェン選手は出場しないので、羽生選手が優勝するものと思われます。他の対抗馬としては昨シーズンの世界ジュニア優勝者の樋渡選手(米国)や昨シーズンのジュニアグランプリファイナル3位の島田選手、けがから復調してきた山本選手などが挙げられます。

羽生選手のレベルが際立っているので、グランプリファイナル、日本選手権、世界選手権へ向けてどのように仕上げてくるのか、といった方向にしか目がいかないのも仕方がないことなのかもしれません。

今シーズンは宇野選手も不調なので、羽生VSネイサンチェンとなる大会の見に注目が集まりそうです。今年こそ怪我をせずに無事に乗り切ってほしいです。手が出場する予定です。

フィギュアNHK杯2019見逃し配信/再放送11月22日/ //みんなの感想

私が注目している選手は、樋渡知樹選手です。両親は日本人という事なので、昨今話題になっていた日本国籍だけどDNAは外国人という選手の逆バージョンです。
樋渡選手はアメリカ生まれで、今回もアメリカ代表として臨むようですが、両親の生まれた日本に何か感じるものがあるんじゃないかと思います。

アメリカ代表として頑張ってほしいですが、日本人のDNAはすごいんだ!というところも見せて欲しいです。

昨シーズンは全米選手権4位、代表に選出された世界ジュニア選手権で優勝したという事なので、大いに期待できます。

日本のフィギュアスケートはレベルが高いとは思いますが、それでも体格による違いに苦しむことがあると思います。

高身長のアメリカ人に囲まれてトレーニングを積んできた樋渡知樹選手が、日本の羽生結弦選手や島田高志郎選手と同じリンクに立った時、どういう活躍を見せてくれるのか楽しみです。

また、フィギュアスケートと言えば身長が高いロシアの選手が活躍するというイメージがあります。

特にマカール・イグナトフ(183cm)、セルゲイ・ボロノフ(176cm)は経歴も素晴らしく、さすがロシアの高身長!と言いたくなります。

日本の羽生結弦選手や島田高志郎選手、山本草太選手も身長が高いというほどではありませんが、それでも170cm以上です。

その点、樋渡知樹選手とケビン・エイモズ選手は160cmと身長の低さが目立ちます。身長が低い良さもあると思うので、他の人にはまねできない演技を期待しています。

フィギュアNHK杯2019見逃し配信/再放送11月22日/総括

11月22日から行われる男子NHK杯『フィギュアスケート2019』で注目している選手は羽生結弦選手です。

羽生選手は、日本を代表するフィギュアスケート選手であり、オリンピックや世界選手権で何度も金メダルも獲得している、誰もが認める世界のトップに君臨する選手です。

羽生選手といえば、男性とは思えないしなやかな踊りと、フォームが綺麗な高いジャンプ、そして見るものを魅了する美しい演技が印象的な選手ですが、羽生さんが今回のNHK杯でどのような華麗な演技を披露してくれるのか楽しみです。

また、今回のNHK杯で羽生選手が得点を何点たたき出すのかにも注目しています。

新たなルール改正が行われる前の2017-2018シーズン以前は羽生選手が世界最高得点を記録していましたが、世界最高得点がリセットされた2018-2019シーズン以降、ショートプログラムでは最高得点を記録しているものの、総合点数では2位となっています。

なので、今回の大会で完璧な演技を披露し、自己記録の更新だけでなく、世界最高得点を塗り替えてくれるのではないかと期待しています。そして今回は羽生選手以外にも、島田選手や山本選手といった若い選手も出場するので、日本代表から何人表彰台に上がるのか楽しみです。

総評

羽生選手の魅力はONとOFFのギャップが素晴らしいところだと思います。

スケートリンクでの練習や筋力トレーニング、本番でのスケーティングの時は鬼気迫るような表情をしていてテレビを通してみていても少しドキッとするのですが、インタビューや他のフュギュア選手同士で談笑している場面を見ていると物腰や表情が柔らかくて一人の優しい青年に戻った表情になるのでその激しいギャップが素敵だと思います。

もう1点の魅力は表現力の奥深さです。

1点目の魅力と若干似ていますが一人の人間とは思えないほど喜怒哀楽以上の表情の変化を表現できる数少ないスケーターだと思います。

凄いと感じるところはメンタルの強さと耐久性です。

まずメンタルの強さについてですが、普通の選手ではこれほどメディアから注目されたり重圧が掛かる状況だとベストパフォーマンスを発揮するのは非常に難しく自分の持っている力の1部しか発揮できないのが通常だと思います。

しかし、羽生選手はその重圧をことごとく跳ね返してきて逆に重圧のかかる状況の時こそ素晴らしいパフォーンスを発揮しているのが超一流選手と呼ばれる所以でしょう。
次に耐久性についてです。

羽生選手は怪我に強いのはもちろんのこと、怪我を負った状態でも高いパフォーマンス性を維持できる唯一無二の選手です。

実際に怪我を抱えた状態でも優勝してしまうので、それは耐久性とメンタルの強さが備わっているから出来ることだと思います。

まとめ

手足が長く、抜群のスタイルに恵まれ、華奢な体つきから男性とも女性ともつかない中性的な魅力を醸し出す羽生弓弦。一度氷上に立つと、普段の柔らかい物腰から表情が一変、闘争心剥き出しの攻めるスケーティングで、技術の質の高さには定評があります。常に高い目標を目指し、妥協を許さないストイックさ、あえて難しい構成や技に挑戦し続け、オリンピック連覇を果たした後でさえ、更なる高みを目指して進化し続けます。

彼が10代の頃からあこがれていたのは、「銀盤の皇帝」の異名を持つロシアのプルシェンコでした。少しでも彼に近づきたくて、髪型までまねていた羽生、彼のまっすぐさがうかがい知れるエピソードです。

プルシェンコも羽生のセンス、技のレベルの高さ、試合にかけるこだわりには一目置いています。

ソチオリンピックで対戦となる予定でしたが、プルシェンコの怪我による棄権のため、二人の対戦はかないませんでした。そのソチオリンピックで、羽生はショートプログラムで史上初の100点超えのスコアを出し、アジア人男子初の金メダリストとなりました。

羽生のメンタルの強さが世に知られるきっかけとなったのが、2014年11月北京で行われたグランプリシリーズ第3戦の時の出来事でした。

フリー演技直前の練習時間に中国の選手と衝突、自分では立ち上がれないほどの怪我にも関わらず、頭と顎にテーピングを巻いた状態で、フリーの演技を最後までやり切り、2位に入賞しました。その後もケガに悩まされながらも、2018年平昌オリンピックで連覇し、66年ぶりの2大会連続優勝の偉業を成し遂げました。

彼の素晴らしいところは、例え優勝しても自分の現状に甘んじず、どこまでもストイックに課題を見つけて、挑戦し続けるところです。彼の存在は、男女を問わず選手たちの憧れやライバルであり、フィギュア界の技術的・精神的レベルを向上させ続けています。

HK杯フィギュア2019見逃し配信/再放送11月22日/羽生結弦男子ショート/総括/Youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)で見れないため

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHK杯フィギュア2019見逃し配信/再放送11月22日/羽生結弦男子ショート/視聴者評価