バラエティ

球辞苑 2019年見逃し配信/動画/再放送 12月1日(初回はなわ司会)無料視聴プレミアム

球辞苑 2019年見逃し配信動画/再放送 12月1日(初回はなわ司会)無料視聴プレミアム

 

2019年12月1日22時からBSプレミアムで『球辞苑スペシャル「初回」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

球辞苑スペシャル
 

球辞苑 見逃し配信/再放送 2019年12月1日初回スペシャル/無料視聴/まとめ /番組内容

 
プロ野球ファンからすると楽しみな番組が始まったなと思います。MCがナイツの塙宣之ということでかなりの野球好きだし嬉しいです塙のMCは。結構ボケまくる塙がどんなMCをするのかも興味あります。プロ野球を科学的な分析、知られざる歴史の解明など多角的に掘り下げていくようでかなり楽しみです。生放送でのプロ野球談議というのも珍しいです。今回のテーマは「初回」ということでイニング別で1番点の入りやすいのがデータとして出ていてそれについて話し合うというのも玄人好みの番組だなと思います。先発投手がどうしても立ち上がりは不安定ということから初回に点が入りやすいという極、当たり前な論理なんです。ただ最近はその初回に先発投手ではなくリリーフの投手を投げさせるというメジャーリーグで流行っているオープナーについて解説してくれるそうで嬉しいです。初回に点を取られないのが勝利の近道だし、そこを抑えるために1イニングを抑えるのに慣れている投手を投げさせるという画期的な考えは素晴らしいなと感じていました。日本でもたまに見られたんですが結構やむを得ずが多かったんで、メジャーリーグでは策略として導入してるのが凄いなと感じていました。詳しく番組で教えてもらいたいです。
 

球辞苑スペシャル キャスト

 

司会
塙宣之,

出演
上原浩治,岡田圭右,里崎智也,キビタキビオ,佐々木浩哉,

語り
土屋伸之

 

球辞苑 見逃し配信/再放送 2019年12月1日初回スペシャル/視聴者評価

番組タイトルにある「球辞苑」という言葉が目を引きますね。この言葉はもちろん、「広辞苑」から採られたものだと思います。
広辞苑は本来、岩波書店が発行している日本語国語辞典の商品名に過ぎませんが、世間で三省堂の『大辞林』と並んで、広く国語辞典のスタンダードとして受け入れられています。
新しく生まれた言葉が、広辞苑に載せられたかどうかが話題となり、ニュースとして取り上げられるほどですからね。
そこに野球の「球」を組み合わせた造語とすることで、野球時点の意味合いを持たせているのでょう。
私は正直なところ野球というスポーツに疎く、プロ野球の選手についてもあまり詳しくないのですが、この番組ではテーマを「初回」とし、実はイニング別で最も点が入りやすく、進化を続けるプロ野球で投打両面から注目されている技法だそうなので、他のスポーツ番組には見られない科学的な分析を知ることができそうですね。
プロ野球深掘り情報バラエティと銘打って、プロ野球史の歴史の解明などもあり、プロ野球を見るに当たっての基礎的な教養を身につけるのにちょうどよい番組となるのではないかと期待しています。
プロ野球選手がメジャーに挑戦する方が続出する中、日本のプロ野球の空洞化も叫ばれていますが、それでも誕生から80年の歴史を誇っている点もあり、その打撃技術や魔球の秘密など進化を遂げているのも事実です。もちろんこうした進化がメジャーに挑戦できる人材を生み出しているのですが、球辞苑スペシャル「初回」ではキーワードを一つ決め、それを深く取り下げる形でプロ野球をより面白く見られるようにする番組となります。
MCはナイツの塙宣之で語りもナイツの土屋伸之で、お笑い芸人コンビが務めます。実際に投打の両面からの語りが欲しいことで、投手では元プロ野球選手の上原浩治さん、打者では里崎智也さんが登場し、熱い野球理論を展開してくれるはずです。
現在のプロ野球は進化し続けるといえ、以前とは比較にならないほどトレーニング技術・環境面が整備されています。もともと野球は精神論を大事にする世界も一部は存在しましたが、より科学的なスポーツに変わってきているのも確かです。
技能を上げる上では優れた方法なども存在するので、より誰もが馴染みやすいスポーツになってきているので、時代の分岐点と言えるかもしれません。今回はテーマが初回で、よく投手は初回の立ち上がりがカギを握るとされ、他にも点が取りやすいことから初回の猛攻と聞くことも多いです。
始めが肝心という言葉もありますので、今回の球辞苑スペシャルではどのような野球理論が語られるのか楽しみな一面も存在します。年内は一週おきに放送される予定になるため、しかも毎回、テーマも決まっているので野球ファンは目を離すことができません。

球辞苑 見逃し配信/再放送 2019年12月1日初回スペシャル/総評

  マニアックな野球番組が始まります。塙さんが司会で、ワンテーマで語りつくす番組のようです。今回は「初回」をテーマにトークが進みます。初回には得点が入りやすいようです。投手はまだスタミナに問題がない状態なので点が入りにくいようにも思えるのですが、意外と点が入るのはなぜなのか、という点について話し合われます。投手はプロともなればマウンドの傾斜やドームか屋外球場なのかなどによって投球内容が変わるということでしょうか。先頭バッターホームランなどもありますので、どういう心境でプレーされているのかがポイントになりそうです。初回に点が入るとそれだけ試合の流れが変わってしまうので、重要な局面です。初回に3点以上差がついてしまうと、その後の展開が大きく変わってしまうので初回は重要でしょう。今年のプロ野球では規定投球回に到達する投手が極端に減少してきているので、初回の攻防は今後さらに激しくなるのでしょうか。メジャーリーグでも継投策が近年変わってきていますし、日本の高校野球も継投は必須となってきています。今後は野球そのものが変化していくと思われるので、どうすべきなのかも合わせて問われる時代なのでしょう。そこを踏まえてみていきたいです。。

遺法サイトは危険

 
著作権を持つものを勝手にコピーすることや公開することは、法律で禁止されていて、罰則として罰金ばかりではなくて懲役刑まで用意されているほどです。
例えば映画のビデオを勝手にダビングして売買することなどは、昔からしばしば摘発の対象になっていました。
なかでも反社会勢力の資金源になっているケースでは、大規模な売買が行われていたので、社会的な問題になっていたのです。
ところが最近はインターネットが社会に広く普及したことで、状況はかなり変化しています。
先述のようなダビングものを社会に広く販売するためには、それなりの資金源が必要です。
ところがインターネットを使用すると、それほど資金源がなくても簡単に著作権のあるものを、社会に公開することが可能です。
そうした行為が問題になったので、違法ものをアップロードするサイトの運営者に対して、厳しく取り締まるようになりました。
そのため違法ものをアップロードする人は、以前よりも格段に減少するようになります。
しかしその影響もあって、違法もののリーチサイトが増加し始めるのです。
違法もののリーチサイトは、ものそのものをアップロードするわけではありませんから、犯罪に問われにくい性質があります。
それでも多くの違法もののリンクを張り付けているので、社会全体としては違法ものを利用する人が増加することに繋がります。
すなわち社会全体に対して、犯罪を誘発する役割を担うことになるのです。
そうした点において違法もののリーチサイトは、犯罪の温床になる可能性があります
球辞苑 見逃し配信/再放送 2019年12月1日初回スペシャル/無料視聴/まとめ/Youtube/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

球辞苑 見逃し配信/再放送 2019年12月1日初回スペシャル/無料視聴