バラエティJAPAN

ものまね王座決定戦/動画/2019年12月6日/見逃し配信/フル/無料視聴/pandora/Dailymotion/まとめサイト

ものまね王座決定戦//動画2019年12月6日/冬/(12/6)のサマーウイカら/フル/無料視聴まとめサイト

 

2019年12月6日19時からフジテレビで『日本一のものまね王者が今夜決定!ものまね王座決定戦』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ものまね王座決定戦/2019/動画12月6日(12/6)の無料視聴まとめサイト
 

ものまね王座決定戦/2019/動画12月6日(12/6)の /番組内容

 

2019年令和初のものまね王者が今夜決定!!精鋭28組が集結!四天王vsベテランvs超新星人気芸人vs現役歌手が大激突!新たな伝説の誕生か!?王座過去お宝映像も公開 

番組内容
今回は、2012年夏王者のミラクルひかる、2012年冬&2016年二冠王者のビューティーこくぶ、2014年王者の布施辰徳、2017年王者のエハラマサヒロ、そして“ものまね四天王”の栗田貫一と超実力派がずらり。また、ベテランのコージー冨田、カール北川、ほいけんた、みはるに加え“ものまね次世代“を担う山本高広、ダブルネーム、鈴木麻由、田口佑希も出場し、まさに群雄割拠の様相を呈する。そして“ものまね新世代”となる初登場組が6人も出場。アイドルでタレントとしても活躍中のファーストサマーウイカは、ものまねを本邦初公開。松本梨香の『めざせポケモンマスター』で初戦突破なるか。他にも、絶対音感を持っているANZEN漫才のみやぞんがあらぽんと共に参戦。また昨年に引き続き、声優界のニューカマー加藤健も出場する。そして、出場者とゆかりのある、つんく♂、広瀬香美、デヴィ・スカルノら豪華著名人たちもコメント出演し、出場者にエールを送る。 さらに、今回は1973年から放送が開始された『ものまね王座決定戦』の歴史を振り返るコーナーも。昭和、平成、令和にまたがって放送が続く長寿番組ならではの豊富な映像の中から、厳選した超貴重映像を一挙に公開する。激烈な戦いを勝ち抜き、令和初の“ものまね日本一”の栄冠に輝くのは果たして!?

 

ものまね王座決定戦/2019/動画12月6日(12/6)のサマーウイカらが無料視聴まとめサイト出演者キャスト

 

MC
今田耕司、東野幸治  西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)、山崎夕貴(フジテレビアナウンサー) 

審査員
堺正章、小倉智昭、片岡鶴太郎、アンミカ、真飛聖、小島瑠璃子、木嶋真優、秋元真夏(乃木坂46)、林家たま平、伊原六花 

出場者(50音順)
暁月めぐみ、ANZEN漫才、uiui先輩、エハラマサヒロ、小川美佳、カール北川、加藤健、栗田貫一、コージー冨田、小林達矢、坂本彩、シュネル(SOLIDEMO)、鈴木麻由、田口佑希、ダブルネーム、NASUMI、ななみなな、春風みずほ、ビューティーこくぶ、ファーストサマーウイカ(BILLIE IDLE(R))、藤本匠、布施辰徳、ほいけんた、みはる、ミラクルひかる、モリナオフミ(フラチナリズム)、山本高広、YOMA(斬波)

 

ものまね王座決定戦/2019/動画12月6日(12/6)のストーリー性

初出場が6組。

これは結構、全出場者に占める割合としては多いのではないでしょうか。エハラさんやこくぶさん、コージーさんといった実力も知名度もある方々にどれくらい、初出場の方々が食らいつけるか。

これが1番の見どころだと思います。

この番組では過去にも何度か、素晴らしいキャリアを持つ方を若手や新人の方が下剋上で打ち破ってトーナメントを突き進む、雄々しい場面が見られました。

今回、そんな場面が何度あるのか?逆にベテランが実力を見せつけるのか?そう考えると目が離せない戦いになりそうだなと思います。

それだけに、ベテラン勢には「これだったら誰にも負けない!」という芸を見せてほしいですね。
特に栗田さん。それこそ、コロッケさんやビジーフォーも出ていた昭和~平成真ん中あたりの頃は、四天王の名にふさわしい押しも押されぬものまね芸人さんだったと思います。

その頃に比べると、最近は若手や、キャリアが長くなってきた方々に圧倒されているかなという気がしないでもありません。

ものまねからルパンの役者さんとして声優デビューするほどの実力を持っているのですから、王者の風格や「まだまだ伸びしろがあるんだ!」という勢いみたいなものもここで見せつけてほしいと思います。

そうしたらきっと、初出場組とのバトルも盛り上がるんじゃないかなという期待もしているところです。

ものまね王座決定戦/2019/動画12月6日(12/6)の視聴者の感想、ネタバレ

『ものまね王座決定戦2019』の注目は、漫才コンビのダブルネームにまず注目しています。

高い歌唱力でものまねというより、2人の歌声に聞き入ってしまいますね

今までで一番、印象に残っているのはコブクロの流星でしたが、今回は誰のものなねを披露してくれるか楽しみです。

女性陣では、ミラクルひかるさんが一番の注目だと思います。正統派のものまねタレントなので、ものまねとしての完成度が高く、見ていて面白いですね。

ベテランのコージー冨田さんは見逃せませんね。30代の私の世代にとっては、子供の頃から見ているものまねタレントと言えば、コージーさんという感じですから、居ないと物足りません。

上記の2人とは違い、笑いの要素が強いことも魅力に思います。

ものまね王座決定戦/2019/動画12月6日(12/6)のみんなの感想

ANZEN漫才は、みやぞんの完成度の高さと、隣にいるだけで笑わせてくれる、あらぽんのバランスが絶妙です。

もっと他の番組でも同じようなネタをして欲しいと思います。

まだ見たことありませんが、ファーストサマーウイカさんにも注目してみたいと思います。元々、Bisと、BILLIE IDLEという2つのアイドルグループで活動していたそうなので、歌唱力は相当高い物がありそうで期待しています。

しかし、お笑い芸人のくっきーさんの弟子とネット情報があるので、少し笑いの要素が強いかも知れませんね。

ものまね王座決定戦/2019/動画12月6日(12/6)のまとめ

 
フジのものまね王座決定戦は毎回楽しみにしています。
今回も濃ゆいメンバーが28組もそろっていて、放送されるのが今から楽しみで仕方ありません。

応援したいのは、エハラマサヒロさんとミラクルひかるさんですね。
エハラさんはハイトーンボイスの歌マネが大好きで、ロックやビジュアル系など、どんなジャンルでもこなせてしまうのがスゴいところです。
今までやった中だと、Da Pumpやポルノグラフティのマネが好きでした。

ミラクルさんはクオリティが高いですし、毎回新ネタを持って来るから、次は何をしてくれるんだろう?というワクワク感がありますね。
声や歌だけじゃなくて、顔までそっくりに仕上げてきますから、天性の才能の持ち主です。
上手なのに面白いですから、見ていて飽きません。

さんまさんのものまねでおなじみ、ほいけんたさんも意外と実力派です。
ミスチルとかサザンのものまねが好きのなで、注目しつつ見たいですね。

椎名林檎の迫力あるものまねで魅せてくれた鈴木麻由さんとか、貫禄ある中島みゆきの鉄板ネタがあるみはるさんなども気になります。

名前の知らない新人さんもいるみたいですし、新しいスターが誕生すれば、またものまね界もさらに面白くなりますね。

審査員の片岡鶴太郎さんについて

 
片岡鶴太郎さんは、実に様々な表現をされ活躍している方です。

芸人としての印象がありましたが最近では、すっかり画家としてのイメージが定着しています。

過去にはボクシングに本格的にチャレンジするなど面白い事を言うかと思う反面もの凄いストイックさも兼ね備えているのもギャップがあります。

人の特徴を捉えるのもとても優れている方だと思います。有名人のものまねも思わず笑ってしまいます。

絵も数々の作品を創作していますが、物事を瞬時にパッと捉える能力が片岡鶴太郎さんの魅力だと思います。ふざけているのか、真面目なのかがわからない時がありますが、それもより一層人々を魅了している気がします。

近年ではヨガにも力を入れていますが、これと思ったら一直線という印象を受けます。

様々なチャレンジはどれも片岡鶴太郎さんそのものを表しているかのようです。

根はとても繊細で真面目なのではと思います。

鋭い感性を持ち、尚且つそれを表現していく天才なのではと感じます。バランスを取りながらも一つの軸がある生き方には色々考えさせられます。

ユーモアさとストイックさでこれからも多くの方々を魅了していってほしいです。

更なる新たなものまねも観てみたいです。

片岡鶴太郎さん、もともとは芸人さんでしたね。

主にバラエティー番組に出演されていて、モノマネ等で人気でした。

特に「マッチでーす。」という近藤真彦さんのモノマネは有名です。

それが今やすっかり文化人です。鶴太郎さんが昔そんなことをしていたなんて、今ではなかなか想像出来ない人も多いくらいだと思います。

片岡鶴太郎さんの、そんな変化の経緯がすごいなと思います。

最初は確かボクサーに転向されたと思います。それから、絵とか書を書き始められたと思います。

そして今は、ヨガを極めてられますよね。そのどれもへの取り組み方がすごいというか。

真剣に、徹底的に取り組まれるのが、鶴太郎さんの特徴というか魅力なんだと思います。

だから、その度々で見る顔つきが全然違います。

芸人をベースにして、ボクサーになるとか絵を書くとかヨガをする、とかでは無いんですよね。

ボクサーならボクサー界の人、絵や書なら書家、と完全にそちら側の人間としてやられるパターンです。その中でも特にヨガへの取り組み方にはビックリしてしまいます。

ヨガってこんなこともするの?というくらい一般的なヨガとは違って、とても奥深いところまでいっておられます。

そこまでのめり込んでいける、というのが鶴太郎さんの才能であり魅力なんだと思います。

 
ものまね王座決定戦/2019/動画12月6日(12/6)のサマーウイカらが無料視聴まとめ/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ものまね王座決定戦/2019/動画12月6日(12/6)のサマーウイカらが無料視聴まとめサイト