特撮

スターウォーズ 最後のジェダイ(動画)フル/無料視聴12月20日/日本語字幕/吹き替え/ /8金曜ロードSHOW!

スターウォーズ 最後のジェダイ(動画)フル/無料視聴12月20日/日本語字幕/吹き替え/ /8金曜ロードSHOW!

 

2019年12月20日日本テレビで『金曜ロードSHOW!「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」★地上波初放送★』が放送されます

 

スターウォーズ 最後のジェダイ(動画)フル/無料視聴12月20日/日本語字幕/吹き替え/ /8金曜ロードSHOW!につきましては

下記にて

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 

スター・ウォーズ/最後のジェダイ /映画内容

 

宇宙征服を企む悪の組織とそれに対抗するレイ達の戦いが激化する中、レイは遂にルーク・スカイウォーカーを見つけ出し、彼のもとで修業を開始する。一方、父親のハン・ソロを殺したカイロ・レンは心の弱さを克服するべく母親のレイアをも殺害しようと暗躍する。彼の心にまだ光が残っていると信じるレイは彼を救おうとするが…。ルークの想いを継ぐレイと銀河の支配者を目指すカイロ・レン。希望の光は闇を打ち消すことが出来るのか

 

スター・ウォーズ/最後のジェダイ キャスト

 

出演者

<ルーク・スカイウォーカー>マーク・ハミル(島田敏)、<レイア・オーガナ>キャリー・フィッシャー(高島雅羅)、<カイロ・レン>アダム・ドライバー(津田健次郎)、<レイ>デイジー・リドリー(永宝千晶)、<フィン>ジョン・ボイエガ(杉村憲司)、<ポー・ダメロン>オスカー・アイザック(小松史法)

 

スターウォーズ/最後のジェダイ/動画/フル/無料視聴/ストーリー性

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年に公開されたアメリカの映画であり、映画史上最高のスペースオペラと言うべき『スター・ウォーズ』シリーズの第8作目です。

2015年から公開が始まった続三部作(シークエル・トリロジー)の中では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続く第2作目ですね。

続三部作は、1977年から1983年にかけて公開された旧三部作(オリジナル・トリロジー)の後日譚にある物語で、デイジー・リドリーが演じる女性主人公レイの物語であるとも言えます。

エンドアの戦いで第2デススターが崩壊し、皇帝パルパティーンとダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)の死で銀河帝国は滅亡してから30年後。

その立役者である最後のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーが姿を消し、銀河帝国の残党であるファースト・オーダーが新たな脅威として浮上している時代が物語の舞台です。

前作『フォースの覚醒』では、主人公レイと、引退していたルークの出会いがストーリーの主軸でした。

『最後のジェダイ』ではレイが、ルークの弟子になってジェダイの騎士にしてもらえるかどうかが焦点です。

新共和国の側では、伝説のジェダイの騎士と言うべきルークに期待をかけていますが、そう簡単にファースト・オーダーを倒すことはできません。

何しろルークはもうお爺さんになっていますからね。

いくら最強のジェダイの騎士だろうと、1人だけで宇宙を救え、なんてちょっと荷が重すぎるように思います。

とりあえずレイが水の惑星オク=トーで隠居していたルークに弟子入り志願するも、なかなか認めらずにいるうちに、ルークの双子の妹であるレイア・オーガナが将軍となって率いる新共和国側のレジスタンスは、ファースト・オーダーに押されまくって大苦戦しています。

ルークはレイと共に来たR2-D2やチューバッカといったかつての仲間たちとの再会を喜びますが、同時に盟友ハン・ソロの死を知った時は悲しかったようです。

そんな悲報を聞いて心境が変化したのかルークはレイを弟子として受け入れますが、いきなり暗黒面に落ちそうになったりと前途多難な様子。

そんなこんなで物語は続きますが、基本的にはジェダイの騎士へと成長したレイと、ファースト・オーダーの指導者となるレンの愛憎入り混じった複雑な対立へと、ストーリーは集約されていきそうです。

三部作の2作目なので、どうしても“途中”感は否めないのですが、かつての仲間たちと再会したルークは本当に嬉しそうなので、スター・ウォーズファンにとっては必見の作品と言えますね。

スターウォーズ/最後のジェダイ/動画/みどころ

 
スター・ウォーズシリーズのアイコン的な存在だった、ルーク・スカイウォーカーの最後の物語になります。

ジェダイの有力騎士だったオビワン、作品世界でも最強と呼ばれることもあるジェダイマスター・ヨーダ、そういった豪華な正統派のジェダイの騎士たちを師匠に持つ、ルーク・スカイウォーカーの最後が描かれた作品です。

このタイトルに偽りなし、という作品に仕上がっています!

ただ一人、生き残ってしまったジェダイとしての葛藤や、かつての弟子であり、甥っ子でもある才能豊かなカイロ・レンを悪の道に落としてしまった悔恨も見ものになります。

有能な弟子であり、素直な人物だったはずなのに、祖父であるダース・ベイダーに憧れたカイロ・レンは悪の道を目指します。

アナキンこと、ダース・ベイダーから始まる、スカイウォーカー一族の更なる破滅の物語になります。

このシリーズ最終作品である、次回作のスカイウォーカーの夜明けにつながる、スカイウォーカー一族の物語になることは間違いないのだと思います。

ルーク・スカイウォーカーの死によって、現状では、スカイウォーカー一族と判明しているキャラクターらカイロ・レンとレイア姫だけになってしまっています。

もちろん、スカイウォーカー家かもしれない!という人物もいないことはないため、新たなスカイウォーカー一族が認定されることもあるかもしれないですが。

スター・ウォーズシリーズの主人公とも呼べる、スカイウォーカー一族の代表格、ルーク・スカイウォーカーの死は、スター・ウォーズシリーズに大きな変革をもたらす契機になるのかもしれないと、私、個人的にはワクワクとドキドキが止まらないのです!

マニアとしては、スカイウォーカー一族が滅びないように願っています。

タイトル的には、たぶんそんなことにはならないと思うので、やっぱりあの娘はスカイウォーカーさん家の人物なんじゃないかと思っていますが、どう転ぶのかは分かりません。

三部作シリーズの最終作にあたる次回作のためにも、この作品は貴重な前フリを提供してくれているような気がいたします。

この作品は、おそらくは次回作のための土台作りや前フリだったと思いますので、ルーク・スカイウォーカーも最終作には死者という形でも登場するんだと予想しています。

レイちゃんはルークの娘なんじゃないかなあと考えているので、それを明かすシーンとかには出てくるんじゃないかと思います。

スカイウォーカー・ブランドを絶やさないとは思うので、カイロ・レンに双子でも誕生してるかもしれないですけれど。

そんな予想を楽しむことができるようになる作品です!

 

スターウォーズ/最後のジェダイ/動画/フル/無料視聴/感想

色んな英雄たちが物語から去った今作。英雄たちとの別れに寂しい気持ちを抱きながらも、次世代へと受け継がれていく意志を強く感じました。

また、レイとベンが心を通わせるシーンは観ていてハラハラしました。

レイが?!

それともベンが?!と、どちらに話が転ぶのか気になります。

ポーやフィンたちの戦いや、ルークとレイの対面など、長尺作品ではあるものの、どの場面も目が離せない展開で楽しめました。

特にラスト戦闘シーンでは、白と赤のコントラストが凄く綺麗で魅入ってしまいました。

お気に入りのシーンです。

個人的にカイロ・レンについての設定をもっと深く作り込んでも良かったとは思いますが、レイも居るので尺的にも難しいのかもしれませんね。

いっそカイロ・レンだけのスピンオフ作品とか観たいぐらい、良いキャラクターだと思います。

次作で完結となるスターウォーズですが、果たして銀河の運命はどうなるのか…この目で、しかと見届けたいと思います。

長いけど退屈なシーン全くなくて、個人的にはシリーズの中でもかなり好きです

次作が気になり過ぎる~

途中ヨーダ出てきて嬉しかったのと、ルーク存在感あって良かった

チューバッカが鳥焼いてるシーン笑いました。

スターウォーズ/最後のジェダイ/ネタバレ

前作のフォースの覚醒が個人的にとても楽しめたし、ラストがとても気になるものだったので早く続きが見たいと、待ちきれませんでした。

しかし、見終わっての感想としては何とも言えないものでした。

序盤の宇宙での艦隊戦や、レジスタンス基地での帝国軍との戦闘のシーンはスターウォーズらしさを感じる迫力のあるもので満足しました。

ですが、ルーク・スカイウォーカーの扱いや、全ての元凶だと思われていた皇帝の呆気ない死に方など不満を感じる部分も見受けられました。

カイロ・レンが暗黒面に落ちるきっかけとなったやり取りは、ルークがただの無能に見えてしまいました。

復活をずっと待ち望んでいたのに、こんなことなら出てこなくてもよかったのにとすら思ってしまいました。

皇帝を倒したシーンも、もしかしたら次作を見たら納得できるのかもしれませんが、この作品だけでは見ていて何が何だかわからないというものでした。

ですが、次作「スカイウォーカーの夜明け」がシリーズ完結編となるとのことですので、終わり良ければすべて良しとなるように、全てのスターウォーズファン・映画ファンが満足のいく作品になっていることを信じています。

また、私自身一度しか見ていないので、もう一度見直して見たいと思っています。

頭が固すぎて初見では気付けなかった良かった点が見つかるかもしれないと少し楽しみでもあります。

まとめ

 
第一作目に登場したルーク・スカイウォーカーはジェダイの素質を見込まれ、訓練を経てジェダイの騎士となりました。

その後アナキン・スカイウォーカーが4作目の「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」で訓練を受ける様子が描かれており、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」では久々の大物ジェダイ候補が発掘されます。それが主人公のレイです。

最初は初の女性ジェダイが主人公のシリーズとあり、違和感を感じましたが、迫力のある映像は衰えていません。

また興味深い人間関係もこの映画の見どころです。

悪の最高指導者であるスノークを倒したレイとカイロ・レンは、それぞれのうちに強力な力が宿っていることを知ります。

そしてカイロ・レンはレイに「自分と一緒に宇宙を征服しよう」と話を持ち掛けます。

お互い何となく惹かれ合っていることに気づきつつも、レイがその誘いを断って再び彼女とカイロ・レンは敵同士となってしまいます。

このシーンはさりげなく描かれていますが、二人の気持ちがこの後の最終話に影響することをにおわせるシーンだと感じました。

またキーパーソンであったルーク・スカイウォーカーが師匠のオビワン・ケノービーと同じような形で消えていなくなったのも、興味深い点です。

  初代スターウォーズ(1978年)から続く映画の金字塔。この初代、ここから全ての歴史が始まりました。

デジタル映画の先駆けとして、SF(特殊視覚効果)技術を使い、ファンタジーの世界を映像化してくれました。

見た事も無かった戦闘シーン、個性豊かな宇宙人や怪物などのキャラクター達、子供から大人までが夢中になった事 を記憶しています。゙フォースがあなたと共にありますように゙おなじみの合言葉です。

新世代スターウォーズシリーズの本作、銀河を支配しようとする「オーダー」と「レジスタンス」の死闘が描かれています。今回の主人公は、レイという若き女性です、ルーク・スカイウォーカーを師と仰ぎジェダイとして修行を積む。

確か「ジェダイの復讐」の1シーンにジェダイの大騎士ヨーダに教えを受け修行するルークの姿がありました、歴史は繰り返すという事でしょうか。

どんなに離れた場所からでも、バーチャル空間で対峙する反乱軍のレイとオーダーの最高指揮官カイロ・レン。異質な善と悪に立ち向かう同世代の若い男女の濃厚な様相、愛や憎しみのエネルギーが対面する。自己犠牲を厭わない、戦士達が成し遂げていく姿には感動します。

こういう物語には弱いんじゃないですか。機会があれば旧作を見るとストーリー性を堪能出来ますよ。
スターウォーズ/最後のジェダイ/動画/フル/無料視聴/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、Youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スターウォーズ/最後のジェダイ/動画/フル/無料視聴/