スポーツ

全国高校駅伝2019/ネット中継/配信/生放送/男子/生中継/無料視聴12月22日放送分

全国高校駅伝2019/ネット中継/配信生放送/男子/生中継/無料視聴12月22日放送分

 

2019年12月22日12時15分からで『男子第70回 全国高校駅伝』が放送されます

 

全国高校駅伝2019/ネット中継/ネット配信/生放送/男子/無料視聴12月22日放送分
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国高校駅伝2019/ネット中継/ネット配信/生放送
 

男子第70回 全国高校駅伝/番組内容

 

 

男子第70回 全国高校駅伝 出演者

 

解説
尾方剛(広島経済大陸上競技部監督),

アナウンサー
筒井亮太郎,

第1放送車実況
塚本貴之,

第2放送車実況
清水敬亮,

リポートバイク
酒井良彦

 

全国高校駅伝2019/ネット中継/ネット配信/生放送みどころ

地元の愛媛県新居浜東高校が初出場します。母親の母校でもあり、全国大会規模のスポーツ関連の大会に地元の高校が出場なんて、もう思い出せない位前にあった?と言う位久しぶりです。ですから、地元の人たちにとっても、久々の明るいニュースなんです。しかも愛媛県は各種駅伝大会では最下位に近い順位の常連です。が、母親によると、15位ぐらいを目指していると言うことですので、がぜん力が入ります。

と言うことは、もう放送時間までには、食事などの用事は済ませておきます。

もちろん、もう朝からドキドキ、そわそわです。

全国高校駅伝を含め、駅伝の面白さは、ランナーが変わるたびに、チームの順位も変動し、場合によっては大逆転もあります。

さらに、大きく順位が後退してしまうこともあります。

だから、放送が始まると、画面から目が離せなくなります。

地元の高校が出ていなくても、スタートから熱心にみてますから、今年はさらに、肩がこる覚悟です。初めから、最終ランナーがフィニッシュするまで、はらはら、ドキドキしながら、目標順位に届くように、期待を持って応援したいと思います。

順位的に、画面にどれだけ映るのかはわかりませんが、アナウンサーの声に聞き入り、応援したいと思います。

さらに、地元中学校の出身者がいないかも、要チェックです。今から、放送当日が非常に楽しみです。

頑張れ

愛媛県立新居浜東高校。
 

高校駅伝男子は今年70回目の大会を迎えることになりました。

ここから優秀な選手が、大学に行き箱根を走り、社会人になってオリンピックに出場している選手も多くいるので、注目度が高い大会です。

今年の優勝候補は仙台育英高校です。歴代の優勝回数は、世羅高校が9回、西脇工が8回、小林高校と仙台育英高校が7回なので、仙台育英高校が優勝すると歴代2位に並びます。喜早駿介、吉居大和両選手がダブルエースとして君臨していて、県大会のタイムも全国最速ですので、期待できます。

スタートで出遅れなければ、優勝争いに絡むことは間違いないでしょう。

対抗馬は佐久長聖高校です。県大会だけでなく、北信越大会で全区間区間賞を獲得している優勝経験こうなので、期待が出来ます。

優勝回数1位の世羅高校も優勝回数を伸ばすことが出来るメンバーです。学法石川高校もダークホース的な存在です。留学生が走る場合、その選手の活躍度合いによってチームの順位が変わる場合があるので注目されます

駅伝は練習ではよくても本番は気温や天候に左右されやすいので、前評判通りいかないことが多く、状況判断が試されます。

選手の皆さんは実力が発揮できることを期待しています。

まとめ

子供の頃には父親が駅伝を見ているのを横から眺めていても、一体どこが面白いのだろうと不思議に思っていたものです。

それが大人になってからだと、一人一人が走ってタスキを繋いでいく様子の人間ドラマ的なものの良さが分かるようになり、そこまで興味はないはずなのにと感じつつも放送されているとつい駅伝を見てしまうようになりました。

特に全国高校駅伝等の地元の県が絶対に出ている駅伝になると、興奮の具合はやはり違います。私の出身は山梨なので、応援するのはやはり山梨学院です。

特に来年の箱根駅伝では山梨学院大学の方は出場を逃してしまったということもあり、次の山梨学院大学のエースとなるはずの選手がいる山梨学院高校のレースは気になるところでもあります。

正直私自身は山梨学院とは全く縁がない高校を出ているのですが、当時からも山梨学院の駅伝の強さは有名でした。

自分とは縁がないとは知っていながらも、地元の高校の選手が走るというのはなんとなく胸が熱くなります。

県内では強いと有名な山梨学院高校ですが、県外においても駅伝が強いという話は聞いたことがありません。それでも、来年の箱根駅伝を走られない山梨学院大学の屈辱を晴らすようなレースを展開して貰いたいものです。

 

男子の個人的な注目校は、福岡県代表で初出場の自由ヶ丘高校です。福岡県でも特に地元の北九州にある学校なので、より応援にも力が入ります。

自由ヶ丘高校は元々、八幡西高校という名前で、昔はヤンチャな生徒の多い高校でしたが、十数年前に現在の校名となり、進学校へと変わりました。最近ではスポーツにも力を入れており、真面目な良い子が多いので、大舞台で結果を残し、文武両道を結果で証明して欲しいと思います。

中学時代に好成績だった選手はおらず、高校から陸上競技を始めた選手が数名メンバー入りしているのも、応援したくなる一つの要因です。初出場のチームが伝統校を押し除けて入賞するというドラマチックなレース展開を期待したいです。

他県の代表校を見ても、進学校や元々スポーツが強く、近年、進学にも力を入れている高校が多く名を連ねている印象を受けました。駅伝は単調に見えて風の状態やコースの特徴によってペース配分をコントロールしなければならない、頭を使うスポーツですし、駅伝以外の時間でも努力を惜しまない選手が上に上がってくるのでしょう。

今年の優勝校には、昨年優勝した倉敷高校の2時間2分9秒を上回るタイムを期待したいです。近年の優勝校の最速タイムが2時間1分18秒なので、欲を言えばそれを上回る記録を叩き出してくれることを期待します。

大学生や実業団と違い、高校生は良くも悪くも未熟な面があり、それがテレビの画面を通しても伝わってきます。それが、この年代のスポーツ特有の魅力であります。
順位の上、下に関わらず、高校生らしく、必死に走る青春の姿を見せて欲しいと思います。
私は全国高校駅伝を毎年楽しみにしています。その理由はこの駅伝が行われる京都に住んでいるからです。

この全国高校駅伝が行われる12月になると、出場する高校の選手が練習のためコースを走っている姿などもちらほら見かけるようになり、以前から非常に親しみを感じていました。

また西京極運動公園からスタートし西大路に入り京都市内を走る訳ですが、私にとって非常に馴染みのある場所の近くも走るので余計この駅伝に親近感を持つわけです。

過去には沿道で応援したこともあるほどこの駅伝のファンなのですが、男女とも走るなかで私は特に男子を応援しています。

その理由はやはり走りが非常にダイナミックですし女子よりもスピードもあるので見ていて面白いです。

各区間で順位の入れ替わりが激しいのも男子の特徴だと思います。

ですので毎年最後の最後まで目が離せない展開になることも多く、抜いたり抜かされたり様々なドラマが生まれるのも男子のレースの面白さだと思います。

ですので今年もどこの高校が優勝するのかだけでなく、どのようなレース展開になるのかがとても楽しみです。

出場校の中で私は地元京都の洛南高校を応援しており、地元のプレッシャーもあるかと思いますが昨年より一つでも順位が上がれば良いなと思っています。

また今年は初出場の学校が6校あるのですが、このうち私の母親の郷里であり親類に卒業生がいる岡山県の水島工業高校を応援しています。

初めてですので緊張感があるかと思いますが、何とか少しでも練習成果を出せるよう自分達の走りができればと思い、しっかり応援するつもりです。

この高校駅伝を経て有名な箱根駅伝の選手になる人も多いです。

レース展開や結果だけでなく、将来的に有名になりそうな選手がいるかどうかにも注目してレースを見たいと思っています。

全国高校駅伝2019/ネット中継/ネット配信/生放送12月22日放送分 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国高校駅伝2019//男子/無料視聴12月22日放送分