スポーツ

全国高校駅伝2019/ネット中継/配信/女子/生中継/生放送/12月22日無料視聴

全国高校駅伝2019/ネット中継/配信/女子/生中継/生放送12月22日無料視聴

 

2019年12月22日10時05分からNHK総合で『女子第31回 全国高校駅伝』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックするとフル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国高校駅伝2019/ネット中継/配信/女子/生放送12月22日
 

女子第31回 全国高校駅伝 /番組内容

 

高校駅伝日本一を決める全国高校駅伝。大会記録の更新も期待される。

番組内容
去年初優勝を果たした鹿児島の神村学園は、優勝メンバー3人が残り予選のタイムは全国トップ。大会記録の更新も夢ではない。おととし優勝の宮城・仙台育英は留学生のいないオーダーで予選タイム2位。2年前のアンカー木村が主将としてチームを引っ張ります。岡山・興譲館や京都・立命館宇治、兵庫・須磨学園、千葉・成田なども力があります。 ~京都・西京極陸上競技場←→室町小学校前から中継~

 

女子第31回 全国高校駅伝 出演者

 

解説
鯉川なつえ(順天堂大学陸上競技部女子監督),

アナウンサー
三輪洋雄,

第1放送車実況
冨坂和男,

第2放送車実況
稲垣秀人,

リポートバイク
酒井良彦

 

全国高校駅伝2019/ネット中継/配信/女子/生放送12月22日みどころ

距離走はグリコローディングなどの伝統的な栄養学的アプローチを行ったり、内臓レベルから走るための能力を組み立てていく計画的なスポーツになります。

ベストの記録に近しい数字を出せる高校が、体力の計画とチーム環境の作り方でベストだったチームと言えるものです。

選手個人だけでなく、故障や体力の管理に成功しているチームがどこの高校なのかという目線で見てみるのも、駅伝競技に対する個人的な楽しみ方の一つです。

駅伝はチームスポーツなので、監督やコーチの影響も大きいものです。

監督やコーチの経歴を調べて見るのも、駅伝を楽しませてくれる要素なのでおすすめの見方になります。

あとは肉体を酷使するハードなスポーツなので、大会の運営にも注目してみたいです。

科学的なトレーニングを皆が行うようになったため、弊害も誕生しています。

筋力トレーニングはかつての好発年齢よりも、より若年層に故障を発生させています。

合理的な肉体の強化が、練度の成熟を高めて、高いパフォーマンスを若くして獲得させると同時に、高いパフォーマンスがゆえの肉体への反動的なダメージも強くしています。

大会運営の安全策の構築も楽しみというか気になる点なので注目しておこうと考えています。

個人的に応援しているのは、地元である山口県の西京高校です。

歴史ある名門ですし、男女ともに出場しているため期待しています。

理想的には男女ともに優勝ですが、そんなに甘くないのが全国レベルです。

とにかくケガのないようにベストなパフォーマンスを発揮して、がんばっていただきたいです。そんな甲子園の覇者が、全国高校駅伝にも挑んできたのか、と思いますし、どんな結果を見せてくれるのか楽しみですね。
 
昨年の優勝校である神村学園と、一昨年の優勝校で昨年3位の仙台育英の一騎打ちになるのではないかと予想されます。

この2校は、県大会のタイムが全国1,2位だったので、優勝候補に挙がるのもうなずけます。

神村学園はバイレ・シンシア選手という留学生ランナーに期待が集まっています。

仙台育英の留学生がけがで欠場するので、リードを広げて逃げ切りたいところでしょう。

一方の仙台育英高校は、木村梨七選手をはじめ、下級生時代からレギュラーだった選手が多く、最上級生となって黄金時代を築きつつあるため、集大成として期待されています。

歴代の優勝回数は豊川高校が4回、筑紫女学園、埼玉栄、立命館宇治、仙台育英高校が3回なので、特に仙台育英高校は優勝すると最多優勝回数に並ぶためモチベーションが高いといわれております。

また、京都で開催するため、立命館宇治高校や大阪薫英女学院も地元に近いため期待されております。

女子はハーフマラソンの距離のため、穴の少ないチームが優勝を勝ち取りそうです。

本来はもっと長い距離を走って方がいいと思うのですが、致し方ありません。

京都の天気予報は雨が降り、10度前後のようなので、いつもと違い寒く雨の中でのレースになる確率が高いため、過酷なレースになるかもしれません。

この中から将来のオリンピック選手が生まれるかもしれませんので、今のうちから注目しておきましょう。

まとめ

 

全国高校駅伝女子は、おそらく神村学園が優勝するんじゃないかなと思いました。

昨年の優勝高校だし、昨年優勝した時のメンバーが今年も何人か走るということなので、かなり最高のメンバーが揃っているんじゃないかなと思います。

しかも、今年は足の速い留学生もいるということだから、昨年よりもさらにタイムが上がる可能性だって十分にあるだろうなと楽しみに思いました。

予選でのタイムも神村学園が一位だったということだから、何かアクシデントでも起こらない限り間違いなく優勝かなと思います。

また、優勝争いをするとしたら、仙台育英高校が健闘するかもなと思いました。

めちゃくちゃ速いエースメンバーに加えて、一年生にもスターが加わったので、いいタイムが出るんじゃないかなと思います。

留学生が故障から欠場するそうなので、その穴をどうやって埋めるのかが大事な鍵を握るだろうなと応援しています。

さらに、ものすごく速い留学生がいるチームは大躍進するんじゃないかなと楽しみにしています。

特に岡山県の興譲館は、留学生が岡山の大会でものすごい走りを見せて区間新を叩き出したということなので、全国大会でもその走りに期待したいなと楽しみにしています。
 
今年、注目しているのは岡山県の興譲館高校です。21年連続で出場を続けています。優勝すれば9年ぶりとなります。

注目する理由は、昨年男子の優勝が同じ岡山の倉敷高校であったことです。

倉敷高校は、女子も駅伝が強く興譲館にとっては地元でのライバルとなる高校です。

その高校が男女の違いがあるとはいえ優勝をしたのですから刺激を受けているに違いありません。そして今年は、留学生のワングイ選手も加わり強力な布陣になっています。

さらに刺激と言えば、先輩である重友梨佐さんが所属している天満屋から、前田選手が来年の東京オリンピック代表に内定しました。岡山では、冬にハーフマラソンの大会があります。例年この大会には天満屋の選手が参加していて前田選手も参加しています。

同じコースではありませんが、中学生と小学生の部があり近くで天満屋の選手を見ることもできます。交流のある人たちの中からオリンピック選手がでることで、自分たちの未来を大きく描けるようになり、モチベーションも上がることでしょう。

20年以上にわたる陸上部が積み重ねてきた実績に、これらの刺激と変わらぬ地元の人達の応援が加われば、必ず良い結果になると信じています。

そして、今大会から2024年以降のオリンピック選手が出てくることにも期待しつつ、選手には全力を出し切って欲しいと思います。 

全国高校駅伝2019/ネット中継/配信/女子/生放送12月22日 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国高校駅伝2019/ネット中継/配信/女子/生放送12月22日