バラエティJAPAN

サムライバスターズ5/動画/12月26日/フル/無料視聴2019年まとめ

世界を救え!
サムライバスターズ5/動画12月26日フル無料視聴2019年まとめ

 

2019年12月26日21時からテレビ東京で『世界を救え!サムライバスターズ5~最恐生物一斉討伐SP~』が放送されます

 

サムライバスターズ5/動画フル無料視聴12月26日2019年まとめは(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

サムライバスターズ5/動画フル無料視聴12月26日2019年まとめ
 

サムライバスターズ5 /2019年12月26日/番組内容

 

世界からSOS!ウガンダ狂暴バブーン大増殖、ワシントンD.C.巨大ネズミ異常繁殖…最恐生物に甚大な被害を受ける国へ日本の駆除の達人=サムライバスターズを派遣!さらに今回は日本国内の現場にも緊急出動!全国津々浦々、被害を受ける住民たちのSOSに応えていく。日本人の知恵と技術力で世界を救うことはできるのか?

世界を脅かす最恐生物の脅威
≪ウガンダ政府がSOS!狂暴バブーン≫ 雑食性のヒヒ・バブーンが大繁殖!サル捕獲のスペシャリスト鹿嶋一廣が放つプロの技とは!? ≪ワシントンD.C.で巨大ネズミ異常繁殖≫ アメリカ・ワシントンD.C.で、スーパーラット(巨大ネズミ)が異常繁殖!知能も発達しているネズミから住民を救うべく、ネズミ駆除団体の精鋭コンビが現地へ!

日本を脅かす最恐生物の脅威!
≪カラス研究の第一人者が青森へ≫ 国内のカラスによる農業被害額は14億円越え!特に被害が大きい青森で、カラスと会話ができる男・塚原直樹が仕掛ける「鳴き声作戦」とは?
日本を脅かす“害獣駆除”最前線
以前番組に出演したハイテク駆除集団「防除研究所」が住民たちのSOSに緊急出動!日本の駆除の最前線を徹底取材!

 

サムライバスターズ5 弾出演者

 

サムライバスターズ
鹿嶋一廣(熊本県グリーンレスキュー隊隊長) 上野恭二朗、前田浩志(ねずみ駆除協議会会員) 塚原直樹(カラス研究の第一人者) 防除研究所(ハイテク駆除集団)

 

サムライバスターズ5/動画フル無料視聴12月26日2019年まとめ
ストーリー性

 

地球温暖化の影響でしょうか?

以前から専門家が言われていた現象が起きているのを感じます。いろいろな生物の連鎖のバランスが崩れていろんな害虫や動物が増え人間の生活を脅かしたり、危険にさらされたり。

人間が安心安全に生活ができるように対抗するサムライバスターズが世界で通用するのか?人間の知恵・技術がどこまで通用するのか。は非常に興味があります。

私たちの生活でも今年はいままで見たこともない大きさの蜂をみたり、ニュースでもイノシシが都会へ出没したりとありました。
駆除したり、料理したりと工夫をする番組はいくつか放送されていますが今までいなかった生物が入り込んで繁殖して人間に害をもたらすことが多くなり今では日常生活が安全ではなくなりました。

私にはただカーカーと鳴いているカラスも農業の被害は14億円越えという大きい被害があるのですね。

サムライバスターズは日本だけの問題ではなく世界レベルで起きる被害をどこまで食い止めることができるのか、日本の力が世界でお役に立てると同じ日本人として誇らしくなります。

根底から解決するのは難しいかもしれませんが人間にできるだけ害のない方法で駆除や予防ができればよいのですね。
人間の生活を広げるとその一方で失われる生物もあります。人間ファーストにならない工夫もこれからは必要になってくるかもしれませんが日常生活では気づかない別の地域の状況やどんな被害なのかを知るためにも必要な番組だと感じています。

がんばれ! サムライバスターズ!!
「世界を救えサムライバスターズ」では職人が日本を飛び出し、世界で困っている人達を救えるのかが気になっていました。

番組タイトルに惹かれるものがあり、凄いことをしようとしているのが伝わってきます。

世界でも日本の知識や技術は注目を浴びており、日本の職人は世界からリスペクトされていると思います。その姿を番組で見れることは、非常に良い機会だと思いました。

今回は世界各国からのSOSに対し日本の職人が駆け付けますが、案件がどれも大変そうな印象を受けました。

特にワシントンD.C.では、巨大ネズミが異常発生する事態に陥っており、日本の職人が駆除に奮闘する姿が映し出せれます。

日本とは勝手の違う異国の地でも、日本の技術は通用するのかとても見物だと思いました。

その他にもあらゆる日本のバスターズが参加し、世界からのSOSに立ち向かう勇士を見ることができます。困った時は国を超えて助け合う精神を学べる番組だとも感じました

。誰かを助けるということは、世界共通で感動を与えるものだと思っています。

言葉は通じなくても、きっと日本の職人の気持ちは伝わっていることでしょう。今回参加したサムライバスターズは、それぞれどんな結末を迎えたのかしっかり見届けたいと思います。

サムライバスターズ5/動画フル無料視聴12月26日2019年まとめ
視聴者感想

 

企画の発想が物凄く斬新で興味をそそられます!

そして番組そのものが人の役にも立つように出来ているのが素晴らしいと思いました。
世界に飛び出し、バブーンという日本人には馴染みのないサルの一種を駆除するのが一番の見どころだと思います。

IQの高いサルと人間の知恵比べをしているうちにどんどん罠が高度になっていくのが楽しみです。

1匹を捕らえるだけでも難しそうなのに、たくさんのサルを捕まえるなんてどうするのでしょうか。最終的に人間が勝つとは思うのですが、どんな方法で駆除に至るのか見逃せません。

バブーンの駆除は日常生活において参考に出来なそうですが、カラスや国内害獣駆除についてはぜひ細かい方法を知り、取り入れられそうなものがあれば参考にしたいです。

最近はキョンという害獣が畑を荒らすニュースが話題になっているので、害獣捕獲のシーンを見るのが楽しみです。

アメリカのネズミ駆除もスケールが大きそうで楽しみです。路地裏や複雑な地下に潜入し、見事な駆除敢行をを見届けたいです。

他にも「池袋の白い悪魔」という一言がとても気になっています。おそらくシロアリまたは白い小動物のことかと想像しているのですが、いずれにしても実際の駆除現場を見たことがないので、どんな苦労があるのかどんな道具を駆使するのか期待して観たいと思います。

まとめ

 

人間の日常生活を脅かす生き物たちとの戦いを描いた番組で、弊害になっている生き物を取り払うことで平和な生活を取り戻します。

迷惑な生き物たちを「最強」ではなく「最恐」と表現することで、通常の生態ではないことが分かります。

駆除する戦士たちをサムライバスターズと命名するあたりはユーモアを感じて、最恐生物とのギャップを感じてしまいます。

ワシントンでは巨大ネズミが大繁殖して社会的問題になっていますが、サムライバスターズはどんな道具を使ってどのように退治するのか楽しみにしています。

また、日本では見ることのできない巨大ネズミが、どのように最恐なのかも興味を持っています。

日本でも見られる減少として、カラスによる荒らし被害があります。

カラスは利口ですが、人間に対しても害を及ぼす鳥として知られています。

実生活に密着した内容で、サムライバスターズがカラスをどうやって退治するのか注目しています。

人間に害を与える最恐動物と戦うサムライバスターズの活躍に注目しながら、日頃は目にすることのない最恐動物の実態を知りたいと思っています。

少しユーモアも混ざった内容の番組で、知識の向上とともに笑いを含みながら楽しみたいと思います。
 
サムライバスターズ5/動画フル無料視聴12月26日2019年まとめ
pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfuntver(ティーバー・ディーバー)で、見れない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

サムライバスターズ5/動画フル無料視聴12月26日2019年まとめ
第5弾