バラエティJAPAN

世界の凄ワザキング/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴/nhk/12月28日2019年まとめ

世界の凄ワザキング/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴/nhk/12月28日2019年まとめ

世界の“凄(すご)ワザ”キング/世界の凄ワザキング/動画見逃した配信の無料視聴まとめ

 

2019年12月28日22時からNHK総合で『超密着!世界の“凄(すご)ワザ”キング』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

超密着!世界の“凄(すご)ワザ”キング/見逃し配信/無料動画
 

超密着!世界の“凄(すご)ワザ”キング /番組内容

 

世界中でスケール感ハンパない状況で仕事する達人に超密着し『凄(すご)ワザ』を目撃する番組!北極近い海で巨大氷山をとる?巨大つり橋の超高所で命綱一つの衝撃の仕事!

番組内容
世界各地の“達人”に超密着、『凄(すご)ワザ』『壮大な絶景』をハラハラドキドキ堪能する!アメリカ五大湖の生命線、全長8キロの巨大橋『マキナック橋』を守る匠の親子…目もくらむような超高所で、強風で揺れながら補修と塗装…橋を朽ち果てさせないため命綱1本の極限作業!カナダでは壮大な漁。1万年以上前の氷河から流れる巨大氷山をとる元漁師。海中で巨大、崩れやすい危険の中で立ち向かう。実は地元愛の感動の物語が!

 

超密着!世界の“凄(すご)ワザ”キング 出演者

 

語り
小田切千

 

超密着!世界の“凄(すご)ワザ”キングみどころ

世の中、いろんな仕事があり中にはとっても高い場所での作業をしている人たちっているんですよね。

普段、忘れがちだけどこういう番組の企画を見ると思い出します。

橋の上の作業の写真は見ただけでも怖いです。

高さ168メートルのでの作業とか考えられないです。

ある程度は高所に耐えられる人たちが職についたのでしょうが、慣れというものもあるのでしょうか。

ディレクターさんが、高所恐怖症で座ってインタビューをするというのも、頷けます。

そんな風にも煽られるような場所で立ってお話なんて聞けません!でもこういう方たちによって橋の安全が守られているということも忘れないでおきたいものですね。

次に氷山というとタイタニックを思い出します。

写真を見ると、本当に映画通り大きいですね。

あんな大きいものが自然に作られるって神秘的です。地球温暖化の影響で作られているか分からないとのこと。

こういう所にも影響があるんですね。
昔はこんな氷の山が出来ていたんだよ!っていう伝説になってしまうのでしょうか。

こちらの撮影は船酔いと闘うことになるのですね。それも辛いです。荒れ狂う海という過酷な環境で働いてる方たちがいるんですよね。もう尊敬でしかないです。
 

超密着!世界の“凄(すご)ワザ”キングストーリー性

NHKで放送される『超密着!世界の“凄(すご)ワザ”キング』。

世界各地で活躍している“達人”に密着取材したドキュメンタリー番組であるようです。

世界中でスケール感ハンパない状況で仕事する達人が登場するとのことですが、世の中には人知れず“凄ワザ”を駆使して働き、社会を支えている人がいるものです。

身近なところでは、高い電柱の上に登って作業をしている電気工事士の方も、社会のインフラ維持には欠かせない仕事ですが、普通の人には簡単に真似できない凄い仕事ですよね。

今回の番組では、アメリカの五大湖に架かる全長8キロメートルの巨大吊橋『マキナック橋』で、目もくらむような高さの場所で強風に揺すられながら補修と塗装を行う職人親子を取材するとのこと。

命綱一本で作業する様子は、映像としても迫力がありそうです。

普段日常的に使っている橋ですが、当然放置しておけば錆びたり朽ちてしまうわけで、それを防ぐために日夜裏方で頑張っている人がいるということを、この番組を通じて再認識することになりそうですね。

またカナダの北極圏では、氷河が海へ流れ込む場所で、巨大な氷山に対峙する元漁師が登場するとのこと。巨大で崩れやすい氷山を相手にしたとても危険な仕事ですが、そこにはどんな感動的な背景があるのか、解説文を読んだだけでも期待日本にも多くの匠がいらっしゃいます。日本の匠は繊細な凄技を持っているイメージが強いです。

世界にはもっと多くの匠がいらっしゃり、今回はそんな海外の匠を紹介されます。

私がもつ日本以外の匠のイメージは、型破りなワイルドなイメージです。

番組情報をみるとイメージ通りそうな感じがしました。

日本でも高所のお仕事をされている方を見たことがありますが、海外の高所作業は桁違いですね。

私は、高所恐怖症なので番組スタッフの方の気持ちがよく分かります。写真で見た限りでも相当な高さの橋の上を歩くなんて絶対に無理です。這いつくばることすら難しいかもしれません。失神してもおかしくないレベルですね。そんなところでどんな匠の凄技が観られるのだろうと、気になります。

ゴープロなどを使用して撮影した映像が観られるのならば、ドキドキソワソワしてしまうと思うのですが、実際に自分では体験できない、見ることもできない景色を観ることができると思うのではないかなと思います。

危険な場所での作業をしてくれる方がいるから、今の生活が成り立っているということもたくさんあると思います。そんな感謝の気持ちも持ちながら、観たいと思います。

最近、スタッフの方が海外に行って撮影してくる番組をよく見かける気がします。
番組ではカットされてしまっている部分もあると思うのですが、そんな大変なところも番組を通して感じられたらいいなと思います。が高まります。
 

まとめ

 
世界中でスケール感ハンパない状況で仕事する達人が登場するとのことですが、世の中には人知れず“凄ワザ”を駆使して働き、社会を支えている人がいるものです。

身近なところでは、高い電柱の上に登って作業をしている電気工事士の方も、社会のインフラ維持には欠かせない仕事ですが、普通の人には簡単に真似できない凄い仕事ですよね。

今回の番組では、アメリカの五大湖に架かる全長8キロメートルの巨大吊橋『マキナック橋』で、目もくらむような高さの場所で強風に揺すられながら補修と塗装を行う職人親子を取材するとのこと。命綱一本で作業する様子は、映像としても迫力がありそうです。

普段日常的に使っている橋ですが、当然放置しておけば錆びたり朽ちてしまうわけで、それを防ぐために日夜裏方で頑張っている人がいるということを、この番組を通じて再認識することになりそうですね。

またカナダの北極圏では、氷河が海へ流れ込む場所で、巨大な氷山に対峙する元漁師が登場するとのこと。

巨大で崩れやすい氷山を相手にしたとても危険な仕事ですが、そこにはどんな感動的な背景があるのか、解説文を読んだだけでも期待が高まります。

 

超密着!世界の“凄(すご)ワザ”キング/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

超密着!世界の“凄(すご)ワザ”キング