スポーツ

ボクシング世界戦 動画/大晦日/2019年/井岡一翔/見逃し配信ライブ配信/ネット配信/

ボクシング世界戦 動画/大晦日/2019年/井岡一翔/見逃し配信ライブ配信/ネット配信/
 

2019年12月31日18時からTBSテレビで『WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ「井岡一翔×シントロン」』が放送されます

『WBO世界フライ級タイトルマッチ「田中恒成×トロハツ」』のW世界戦ですね

 

ボクシング世界戦 大晦日 動画2019年井岡一翔見逃し配信ライブ配信/ネット配信/
につきましては

下記にて、見れます

青文字をクリックするとフル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチボクシング世界戦 大晦日 動画2019年/井岡一翔/見逃し配信ライブ配信/ネット配信/
 

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ /番組内容

 

ボクシング日本人初4階級王者井岡一翔初防衛戦。今年第一子が誕生し、父となった井岡。守るべき家族ができ、無敗の最強挑戦者J.シントロンとの大晦日決戦を迎える!

 

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ 出演者

 

解説:内藤大助(元WBC世界フライ級スーパー王者)、内山高志(元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者) 実況:伊藤隆佑(TBSアナウンサー)

 

ボクシング世界戦 大晦日 動画2019年/井岡一翔/見逃し配信ライブ配信/ネット配信/みどころ

 
現役引退後、昨年復帰、復帰後日本人初の4階級制覇とここまで自らのシナリオどおりに来ている井岡選手。今度の一戦がまさに真価を問われる一戦となりそうです。

これまで戦績的には十分ながらそれでも、井岡選手の評価自体はそれほど高くありませんでした。毎年大晦日に試合を組み、ともすれば商業主義的な側面だけがクローズアップされ、肝心のボクシングの力が過小評価されている一面もあると思います。いくら過小評価されたとしてもチャンピオンはチャンピオン。

しかも4階級制覇のチャンピオンですから、実力はあるはずです。特に復帰後の試合はそれ以前の試合とは一味違った印象があります。

今回の相手はシントロン。オリンピックにも2度出場していますし、アマチュアの戦績も申し分なく、プロ入り後も無敗ということで、非常にクレバーな戦いをしてくる相手です。

KO数や無敗という事からもわかる通り、負けないことを心得ているといってもいいでしょう。これまで大晦日の試合で戦ってきた相手とは一段レベルが違う印象があります。復帰後、強敵を相手に試合を組んでいる井岡選手。

その強さへの挑戦という姿勢がボクシングファンの心をつかみかけています。

しっかりと勝利して着々と階段を昇って行ってもらいたいと思います。

違法ネットサイトが危険な件まとめ

 
まずはベタに著作権の侵害が問題であるということで、アップした本人のあくまでも著作物なので、基本的にはダメという道徳てきなものなのですが、気軽にできるので、悪気がないのが大半で罪の意識がないのが問題だとは思います。

せめて、本人の許可をとるという工程を踏めば問題ないと思うのですが、それすらしないのは無知だからだと思っていますが、本人に悪気がなくても、それを簡単に誰でもできちゃうシステムだからしてしまって注意された人はやらなくなるかもしれませんが、また別の人がしたり、ツイッターなどのSNSを新規で始めた人が何もわからず、ほかのそういうことをしている人を見て、真似してやって注意されての繰り返しになっているのが問題だと思います。

こんだけ誰もが触れるのだからこそ、学校で授業に取り入れてこういうのはダメだという教育も必要なんじゃないかと思っていますが、やるとしても誰が教えるかとか、どういうふうに教えるとか問題があってできないんとは思います

真剣にそいうのを考えないと、根本でダメなことをしているということを自覚させるだけの、機会は子どもの時に教育するしかないんではないかと思っていますし、このままだとこういうのはもっと増えるんじゃないかと思っています。

 
他人のコメントを無断に盗用する行為は犯罪です。

言葉や行為には意味があり、行動した人、発した言葉はその行為者の物ですから無断盗用する事は許されない事だと思います。

しかも、それがネットでアップされてしまえば、その言葉や行為は本人の意図する事とは違う意味で、利用されてしまいます。本人の承諾無く無断盗用すれば、本人の知らぬところで、その情報が拡散され、本人にとっては不本意な評価を受けてしまう事があるのです。

例えそれがネットにアップされていた情報で有ろうと、情報を発信している本人は自分のブログやSNSで、発信したい情報と個人のアイデンティティーを構築した上で発信した物ですから、無断盗用する事によって、その人のアイデンティティーを阻害し、又は、その人が全く別のアイデンティティーを持った人で有るかの様に、どこの誰とも言えぬ相手に吹聴して回って居る事になります。

実際にこんな行為、ネットでは無く実生活上で起こったらどうなりますか?

それは社会的な抹殺です。

つまり、個人のアイデンティティーが殺されてしまうのです。

しかも、そんな悪意の固まりを、自分の利益の為に平気で行う行為事態信じられないのですが、ネットというリアリティーの欠如がこういった行為に拍車をかけて居る事実に、恐ろしさを感じます。

なのでツイッター等を勝手に転用はもってのほかです

総括

 

 

技術はオリンピック選手に二度選ばれたシントロン選手の方が高いだろうと感じるのですが、シントロン選手は階級を上げていく途上の段階にある選手だと感じます。

体重のコントロールがシビアだと思うので、母国ではなく、しかもプエルトリコに比べるまでもなく寒い日本では体調回復の面で大きな不利があります。

能力や若さを考えるとシントロン選手は井岡一翔選手よりも有利なのですが、体調管理の面では大きな不利があるため、戦力をトータルで評価すると、かなり良いカードになるんじゃないかと思います。

シントロン選手はパワー不足になりやすく、日本は敵地になるので、それでも手数を出さなくてはならない状況になります。

井岡一翔選手は防御しながらカウンター狙いという形でラウンドが後半になると、戦略的に有利な形で戦えると思います。

序盤は防御を固めながら守る形が井岡一翔選手としてはベターな形だと予想しているので、そういう流れになるかどうかを確かめたい!というのがボクシング好きである私の楽しみのポイントです。

井岡一翔選手は泥臭くても良いからベテランらしく、絡みつくような動きでシントロン選手の動きを封じていくと面白いかなと思います。

シントロン選手のアマチュア戦績はとても優秀なので、ボクシング技術の競り合いでは井岡一翔選手は不利だと思います。

クリンチワークも含めて、相手選手の良さを封じるプロボクシングならではの技術を見せていけば、プロのキャリアの差を活かして勝てるんじゃないかと期待します。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ボクシング世界戦 大晦日 動画2019年/井岡一翔/見逃し配信ライブ配信/ネット配信/