スポーツ

全国女子駅伝/2020年/ライブ配信/中継/見逃し配信再放送1月12日第38回みどころなど

全国女子駅伝2020年/ライブ配信/中継/見逃し配信再放送1月12日第38回みどころなど

 

2020年1月12日12時15分からNHK総合で『第38回全国女子駅伝2020年/』が放送されます

 

見れない方は(青文字をクリックすると~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国女子駅伝2020年2020年/ライブ配信/中継/
 

第38回全国女子駅伝2020年 /番組内容

 

今年も豪華メンバーがエントリー。東京五輪マラソン代表の前田穂南は大阪チーム。1万mで五輪代表に最も近い新谷仁美は東京の初優勝を目指す。この2人のアンカー対決が見られるか。1区の区間賞争いも今年は超ハイレベル。ともに五輪参加標準記録を突破している田中希実(兵庫)と廣中璃梨佳(長崎)の対決に注目。 [延伸のとき以降の番組に変更あり]

 

全国女子駅伝2020年2020年/ライブ配信/中継/ みどころなど

 
この大会は、右京区の西京極陸上競技場からスタートして、左京区の国立京都国際会館前で折り返して、スタート地点まで戻る42.195kmのコースを9人で繋ぐものです。
出場資格は、日本陸上競技連盟に登録している者で、中学生、高校生から大学生、社会人まで幅広い年代に渡ります。

ジュニアA・B枠があって、各チームには必ず中学生と高校生が参加しているのが特徴的ですね。

まさにそれぞれの都道府県の総力を結集したようなチームが、熱い競走を繰り広げることになるのですが、その中にはオリンピックでの活躍が期待されるようなプロ選手が何人も参加しています。

今回の大会では、大阪府チームから東京オリンピックマラソン代表に決まった前田穂南選手、東京都チームからは1万m走でオリンピック代表に最も近いと言われている新谷仁美選手が出場するとのこと。

この2人は共にアンカーを務めるそうで、大きな見どころとなりそうですね。

また五輪参加標準記録を突破している兵庫県チームの田中希実選手と長崎県チームの廣中璃梨佳選手も、1区の区間賞争いで注目されるところで、楽しみです。
 

全国女子駅伝2020年ファンの声

 
京都、大阪の関西勢に長崎あたりが絡んで、優勝争いを面白くしそうな
予感がしています。

 京都は、実業団のワコールにMGCランナーが2人いて、高校生は立命館宇治に
力のある選手が複数いるし、中学生も3000mを10分切る選手がいるので
社会人~中学生まで強力です。

 大阪には、東京オリンピックの代表に内定している天満屋の前田穂南選手が
アンカーで走りそうなので、有力です。高校生は常連の大阪薫英女子だから
これも強そうです。

 長崎は、昨年1区で高校生ながら区間賞の廣中選手がいるので、これも有力です。
高校生は諫早高校勢が活躍するかもしれません。

 それぞれ考えると、力の差がありそうになくどこが勝ってもおかしくない、
おもしろい「全国女子駅伝」になりそうです。
 強そうな京都、大阪、長崎に岡山が絡んでくれば、おもしろさが倍増します。

 期待する選手は、ズバリ岡山代表の天満屋・三宅紗蘭選手です。
全日本実業団女子駅伝5区・区間賞の実績があります。
この勢いのある20歳が、絶好調の走りをすれば、優勝も夢ではないと
期待しています。

 応援する県は、もちろん岡山です。
実業団の天満屋勢と高校生の興譲館勢の頑張りで、8年ぶりに監督に復帰した
シドニーオリンピックのマラソン女子代表・山口衛里さんへ優勝をプレゼント
してもらいたいと応援しています。
 

都道府県対抗2020年1月12日ライブ中継/ライブ配信で注目したい点

 
この大会は、1983年に創設された歴史ある大会です。

ここからオリンピック金メダリストの高橋尚子選手をはじめ、野口みずき選手など数多くの女子マラソンランナーが輩出されました。駅伝ファン、マラソンファンには見逃せない大会ですよね。

この大会のみどころは、何と言っても中学生から社会人まで年齢の幅のある9人の女子ランナーがタスキをつなぐ、都道府県対抗戦というところですね。

今年の一番の注目は、東京オリンピックのマラソン代表である前田穂南選手が大阪チームにエントリーしていることと、一万メートルでオリンピック代表に最も近いとされている新谷仁美選手が東京チームにエントリーしていることでしょう。

この二人のアンカー対決が見たいです。

京都で熱い戦いが繰り広げられそうです。

わたしは、自分の出身地である兵庫チームにエントリーしている田中希実選手を応援しています。田中選手は、オリンピック参加標準記録を突破している強者ランナーです。

今大会での活躍にも注目していますが、是非、東京オリンピックでも活躍して欲しいと期待しています。

どのチームもベストを尽くして、頑張って下さい。
 

中学生から社会人までさまざまな選手が都道府県を背負って戦うというところがとてもワクワクするなと思いました。

オリンピック出場選手など、いろんな名だたるメンバーも出場しているので楽しみです。
わたしが応援したいなと思っているのは、兵庫県代表です。

なんといっても、2019年の世界陸上の5000mで決勝まで進んだ田中希実選手が参加しているというのが目玉だなと思いました。

おそらく区間賞をとってくれるんじゃないかなと思っていますが、長崎県代表の廣中璃梨佳選手との対決も注目ポイントだなと楽しみです。

兵庫県代表には、他にもクイーンズ駅伝など過去の駅伝大会で優勝した時のメンバーがいるので、実力は十分だと思いました。

また、兵庫県代表といい戦いを繰り広げそうだなと思ったのが、京都府代表です。

中学生から大人まで、突出した人物がいるというよりは、レベルの高い選手がずらりと揃っているので、安定してトップ争いを繰り広げてくれそうだなと思いました。

どの区間においても抜け目がない走りをすると思うので、他のチームのペースを乱したりプレッシャーをかかることになるかもしれないなと思いました。

私が1番驚いたのが選手の年齢です。

一番年上の選手だと32歳、そして逆に一番年下だと13歳というところに私はとても驚きました。

私は東京都出身なのでやはり東京都を応援したいです。

中でも石上選手、勝選手、そして池田選手の中学生3人組の走りを見てみたいです。

東京都は今までの大会で優勝をしたことがなく、昨年も9位という結果で終わっているみたいなので今年こそは表彰台に上がれるような順位、欲を言えば優勝してほしいです。もう1つ私が注目しているのは沖縄県の安里選手です。

今大会の最年長の32歳ということで是非安里選手の走りにも注目して見ていきたいです。

開催地が京都ということで金閣寺や銀閣寺の横を通るコースとなっていていい景色とともに選手全員に気持ち良く走りきってもらいたいで

私が応援したいチームとしましては、全チームを応援したいと思っております。リレー競技は私も陸上をやっていた経験と、そして、その時のチームワークや思い出で胸が満たされる形となっております。やはりタスキリレーで感動するシーンとしましては、多くの選手が汗を流して、一つのタスキに思いを込めると言う内容が非常に胸が熱くなる内容であります。これまでも、様々なドラマが駅伝ではありました。

途中で熱中症になってしまい、逆走してしまいながらも、ゴールを目指して積極的に走る方のために敵であるチームが寄り添いながら、積極的に介抱して一緒にゴールするシーン等を見させて頂いておりましたので、それだけでも胸が非常に熱くなる瞬間でありました。

また、その一瞬一瞬の走っている姿に情熱と輝きがあり、チームとしての高校生としての看板を背負って走っている内容に胸が熱くなり込み上げてくる瞬間が何度もあります。

マラソン及びリレーは自分との完全なる戦いでありまして、リレーを制するものについては、自分自身に打ち勝つことのできる強靭な精神力を習得できるものであります

まとめ

 

面白そうな所は、参加選手の年齢が、中学生から社会人までいる所です。

年齢も違う選手同士が、駅伝を通して一緒に戦う所が、魅力だと思いました。

注目は、東京オリンピックに出場するマラソン選手もエントリーしている所です。
オリンピック選手に選ばれている走りなので注目して観たいです。

選手同士の対決も見どころになっているので駅伝の中でおきるドラマも期待しています。
前田穂南選手と新谷仁美選手のアンカー対決になるのかも楽しみです。

期待している選手は、前田穂南選手です。

オリンピックに出場する選手なので楽しみです。

この大会の面白い所は、マラソンのスタート地点であるスタジアム京都でいろんなイベントを催している所です。

駅伝を楽しみながら子供たちのミニ駅伝をみたり屋台をしたりできるのが、楽しそうです。
郷土料理や駅弁を売っていたりするところも面白いです。

駅伝を通して都道府県の絆も強まりますね。

注目は、選手が、ゴールした後で号外が、配られると所です。

大会を観戦していた記念にもなるし嬉しいですね。

京都の町を走るので町並みなども楽しみにしています。

この大会には、過去に高橋尚子選手や野口みずき選手も参加しているのも注目ポイントですね。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国女子駅伝2020年