スポーツ

全国女子駅伝2020年/動画/ネット配信/中継/スマホ(iphonなど)無料視聴/1月12日について

全国女子駅伝2020年/動画/ネット配信/中継/スマホ(iphonなど)無料視聴/1月12日について

 

2020年1月12日12時15分からNHK総合で『第38回全国女子駅伝2020年/』が放送されます

 

見れない方は(青文字をクリックすると~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国女子駅伝2020年ネット配信/中継の無料動画
 

第38回全国女子駅伝2020年 /番組概要

中学生から社会人までの9区間を繋いでいくエキデンで毎年すごくおもしろいですが、とくに今年はTOKYOオリンピックがあるためそれに出場する可能性のある選手がかずおおく出るので楽しみです。

マラソン代表に内定しています大阪の前田穂南選手,オリンピックの派遣標準記録を突破している長崎の広中瑠璃香や兵庫の田中希美選手は有力候補なのですごくたのしみにしています。

あとはこれからの未来をになう中学生や高校生の走りも注目で過去にこの全国女子駅伝を走りオリンピックや世界陸上を走る日本代表が出ているので,ぜひ今回の大会からもそう言うランナーが出て欲しいとおもっています。

今回だけ大会は京都,兵庫,大阪の近い県が優勝候補だと思っているのでこの3チームが上位あらそいをする展開になるとすごくおもしろくなるとおもっていてアンカー勝負までもつれるとさらにいいなと思っています。

個人的に兵庫県を応援しているのですが,理由は若くて有望な選手が多くて田中選手はもちろん後藤選手や大西選手など期待の選手達がほんとうに多いです。

高校生や中学生にも有力な選手が多くてこれからの未来が明るいと感じています。

トラックやマラソンで世界に勝負出来る選手になって欲しいです。
 
今年も豪華メンバーがエントリーするこの大会の楽しみな点についてですが、東京オリンピック資格のある方が多数出場するこの大会で区間賞や新記録樹立者が毎年のように出ている素晴らしい駅伝でとても楽しみです。

東京五輪マラソン代表の前田穂南さんは大阪チームで走るご予定で彼女の力強い走りが見られると思うと今からとても楽しみであります。

1万mで五輪代表に最も近い新谷仁美は東京の初優勝を狙っていて、この2人のアンカー対決が見られるのが凄く楽しみであります。
どういった結末になるのか、誰も予想できない事態が発生するのもまたマラソンの魅力でもあります。トラブルや経験を乗り越えながら強くなっていく彼女たちの姿を観ていると、とても勇気が湧いてきます。

素晴らしい走りとタスキを繋ぐことのチームワークの大切さ、仲間達のエール、観客の声援、この全てが彼女達の力になっていると思います。

1区の区間賞争いも今年は超ハイレベルです。五輪参加標準記録を突破している田中希実(兵庫)と廣中璃梨佳(長崎)の対決にはとても注目しています。

特に田中希実さんを応援してるので、どういった走りを見せてくれるのかとても楽しみであります。

素晴らしい彼女達の走りを見逃すことなくキャッチして勇気を頂けるのがとても嬉しいです。

 

全国女子駅伝2020年2020年/ネット配信/中継/ みどころなど

 

私は出身が北海道ということもあり、道民女子たちを応援をしております。

中でも個人的に注目をしているのは私の地元の高校でもある、「旭川龍谷高校」の選手陣ですね。

旭川龍谷は強豪でもあり、毎年何名かの選手が出場されております。選手層もあつく他競技でも活躍されております。

また、少し本州に上陸して青森にも実は期待しております。

青森は駅伝強豪チームで、最年長が大学生選手と平均して若いチームであり、パワーのあるチームでもあります。中でもやはり青森山田高校の選手陣に期待大ですね!

青森山田高校は様々なスポーツで非常に活躍をされており、陸上競技もそのひとつです。

雪国という土地柄、シーズンによって練習も限られているにもかかわらず、しっかりした「足」を持っていると個人的に思っております。

なにより、その若いチームをまとめあげる22歳の矢部選手には頑張ってほしいですね!

という感じで、毎年北海道・青森チームを応援している私ではありますが、今は神奈川在住なので、神奈川にも親近感を覚え始めております

 ということで、みんな頑張ってください!
 

全国女子駅伝2020年ファンの声

 

都道府県対抗2020年1月12日ネット中継/ネット配信で注目したい点

 
。開催される場所は歴史の息吹を感じることができる京都での開催で、歴史的な建造物をテレビでも堪能できながら駅伝を楽しむことが出来る点が優れています。

この駅伝をベースにして高橋尚子・野口みずきなどのオリンピック選手が巣立つなど密かに注目される駅伝で、夏の高校野球の甲子園を思わせるような都道府県による争いになります。

このマラソンの優れた点は女子中学生から社会人まで参加することができ、タスキをつなぐ形で競争されるので、社会人や大学生だけでなく、年齢層の幅が見られることが優れております。

注目は東京オリンピックイヤーに開催されますが、東京オリンピックに出場される方も参加される駅伝でまずは大阪チームに所属する前田穂南さんがおります。

駅伝は一人の力だけでは勝利が難しく、チームが一丸となって初めて勝利を獲得できるマラソンです。

それだけに開催前の優勝に近いと取りざたされたチームが必ずしも優勝するものではなく、意外なチームが優勝する可能性を秘めています。1区から目を離すことができないデットヒートが繰り広げられる予感がし、しかもハイレベルな争いになることは必須です。

応援している高校は都大路でも優勝した仙台育英のメンバーで、ここでも圧巻の走りを見せて宮城県の順位を上げてくれるのではと期待しています。

まとめ

今年は東京オリンピックもあるので、代表選手の選考にも影響のあるこの一戦には嫌でも胸が高鳴ります。

見どころは間違いなくアンカーの、前田穂南と新谷仁美の対決でしょう。

そういった点では前田穂南の所属する大阪チームや新谷仁美の東京チームに期待したいです。

特に東京チームは初優勝がかかっていますので、応援にも気持ちが入ります。

また、私は福井県出身なので、地元の選手への応援にはついつい力が入ってしまいます。

特に地元の高校出身の選手には注目もひとしおですし、辛そうな表情を見るだけで「がんばれ!」と実際に声を上げてしまうほどです。

また、毎回のようにこれまで特に全国的な注目を浴びていなかった選手がこうした大舞台で大きく飛躍する姿が見られるのが非常に楽しみです。

そうした選手の輝きはまさにシンデレラガールと呼ぶのにふさわしく、爛々としたエネルギーに満ち溢れていて、私も元気をもらえるような気がします。

令和となって最初の皇后盃であり、歴史に残ること間違いない一戦ですので、選手たちの気持ちもより高いものと思いますので、必ずドラマが生まれる予感がしていますし、そうした彼女たちの姿勢を見て、私たちも何か得るものが必ずあると思って、今から非常に楽しみにしています。
 
全国女子駅伝の凄い所は全国の学校や企業から有能な選手たちが集まって競い合う点ではないでしょうか。

中には箱根駅伝よりもこっちの方が楽しみにしているという人もいるかも知れません。

私は駅伝には全く無知なのですが、同じ県内の若い女の子たちが活躍するということで応援したいです。

私は福島県に住んでいるので、もちろん福島の選手たちを応援したいですね。

出場者リストを見てみると、学法石川高の出場者が多いことがわかります。

学法石川だけでも5人も出場しています。

この高校は野球が強いことでも知られているのですが、陸上にも強いのですね。

きっとスポーツ全般に力を入れている高校なんだろうなということが伺えます。

私の住んでいる市からは勿来一中から15歳の小野選手が出場します。

勿来という漢字は他の地域の人はもしかすると読めないかも知れないですが、まさかいわきにこんな凄い人がいたのかと思いました。

彼女は県の陸上大会でも高い成績を残しているようです。

なんでも24年ぶりに記録を塗り替えることが出来たみたいですよ。

凄い人が現れてしまったのですね。

今はまだ無名かも知れませんが、なんだか将来的に凄く有名になるような胸騒ぎを感じます。
本当に陸上がすきなのが伝わって来ますし、福島県を支える為にも頑張って欲しいですね。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国女子駅伝2020年