ドラマ

贋作 寅さん 動画 2話1話再放送見逃し配信無料視聴NHK /まとめ

贋作 寅さん/動画/2話1話再放送見逃し配信無料視聴NHK /まとめ

 

2020年1月12日22時からBSプレミアムで『ドラマ 贋作 寅さん』が放送されます

 

見逃した方や見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

贋作 寅さん/第2話/見逃し配信2話1話NHK無料視聴/まとめ
 

贋作 寅さんの番組内容

 
今は亡き天才落語家・桂枝雀さんの愛弟子・桂雀々さんがあの「寅さん」を熱演。オリジナルはあくまで別物というわけで、タイトルに「贋作」と付けちゃうあたり、御大・山田洋次監督もなかなか粋ですね。

例によって寅次郎が旅先の箱根で出会った美女は、何と松下奈緒さん。

妹のさくらが常盤貴子さんなんですから、つくづく寅さん美女に囲まれてますね。

松下さん演じる歌子がくるまやを訪れ、さくらともども和気あいあい。

でもそれで大団円…のはずもなく、どうやら彼女何か悩みを抱えてるようなんですね。

人情だけは人一倍の寅さんですから、放ってはおけないはず。

余計なおせっかいにならなきゃいいんですが、それが縁で奈緒さん演じる歌子とどうかなる…なんてことはないですね。

歌子が2度目にくるまやを訪問した時、彼女の心にはある決意があったと言います。あいにく寅次郎は不在、いつだって肝心な時にいないんですよね。

悲恋がデフォルトの「寅さん」シリーズ。

贋作だからって、めくるめく恋のハッピーエンドはなさそうですが、絶世の美女に頼られその気になって奮闘する健気な寅次郎はやっぱり見もの。

歌子の悩みって一体何でしょうか?男関係だと、寅次郎の落胆は察するに余りあります。
 

贋作 寅さん キャスト

 

桂雀々,常盤貴子,松下奈緒,綾田俊樹,松寺千恵美,北山雅康,曾我廼家寛太郎,福丸怜乎,わかぎゑふ,野村たかし,平泉成

 

贋作 寅さん/見逃し配信2話1話NHK感想

予告を見た段階からとても楽しみにしていたので始まるまで待ち遠しかったです。何せ本編の寅さんの大ファンでしたのでどんな形でもいいので寅さんシリーズを再び見られた事自体が非常に嬉しかったですし、自分には関西人の血が半分流れているので関西を舞台にしたらどのようになるのか興味津々でしたし、どこかで待ち望んでいた作品だとも思います。

1話を見終えて真っ先に思ったのは期待を裏切らない内容だったことです。

本編同様随所で笑わせて貰いましたし1話きりではなく連ドラとしてこれからも何話も続く事で楽しみも更に広がりました。

ロケ地の石切は電車で何度も通過した事はあるのですがどういう場所か全く知らなかったのでまさか柴又のような下町情緒溢れる素晴らしい場所だとは思いませんでしたし、これほど素晴らしい場所だと知っていれば1度は降りてぶらぶらしておくべきだったと後悔したほどです。

本編とは出演者もロケ地もがらりと変わりましたがキャラクターはほぼ同じで本編の良さをしっかりと受け継ぎながらも、関西弁がふんだんに飛び交うというこれまでなかった設定が新鮮味を生み生まれた時から聞いていきた方言ですので親近感もとても湧きました。

1番気掛かりだったのは俳優が本職ではない主役の桂雀々さんの演技についてでしたが、違和感なく寅さんを演じていたので監督の山田さんも素晴らしい人選をしたと思います。
 

そもそも、山田監督が落語家の桂雀々さんの風貌が、故渥美清さんの風貌に似ているからといって本作を作ろうと決心したのが始まりです。

タイトルに「贋作」とありますが、正真正銘の本物といってよいです。

「寅さん」と異なるのは舞台が大阪になっていることです。

発想的には「寅さん」のパラレルワールドといったところでしょう。

その舞台が大阪に変更したことによって、役者陣も「寅さん」とは様相を一変しています。寅さん役には、上方落語界の重鎮である桂雀々さんを配します。

そういえば、渥美清さんもコメディアンでした。

東西の大物コメディアンによる「寅さん」の競演といえ、それを見るのは非常にワクワクします。

また、女優陣も関西人を揃えました。

まずは常盤貴子さんをさくら役にすえ、マドンナを奈良出身の松下奈緒さんが演じます。

この関西勢でそろえている点も、山田洋次監督の拘りが感じられます。

「寅さん」という昭和の名作を、現代の令和世界にどうマッチングさせていくのか、過去の名作のリメイクという難しい課題をどうクリアしたのかが本作の見どころと言えます。
 

贋作 寅さん/見逃した配信2話1話NHKネタバレ

 

「寅さん」というタイトルは、今まで何度も耳にしたことがありますし、一度見てみたいとも思っていたのですが、なかなか機会がありませんでした。

私自身は若者なのですが、どうにも若者的なノリのチャラチャラとしたドラマは苦手で、このような温かみのある、「昭和的な」ヒューマンドラマにこそ落ち着きを見出します。

特に今回は寅さんがコテコテの大阪弁ということで、大阪生まれ大阪育ちの自分としては、より一層感情移入しながら、自分もドラマの世界の一員であるかのような気持ちで楽しめそうです。

出演陣についても、派手派手しさこそないかもしれませんが、視聴者がその場に入り込むことを許してくれる、アットホームな雰囲気を作り出せる面々であると思います。

個人的には、特に注目は松下奈緒さんです。見た目の美しさや品の良さもさることながら、ゲゲゲの女房に代表されるように、彼女はなぜか昭和的雰囲気のドラマとの食い合わせがたいへん良いように思います。

それでいて、「1人で悩みを抱えている」「決心して戻ってくる」というような、気持ちの揺れ動きや繊細さ、その中に秘めたる強さを表現でき、またそれがよく似合う女優さんだとも思います。

それらも踏まえて、今回のドラマに期待することは、ベストマッチな役者陣が作り出す温かな雰囲気への没入感、といったところですね。

 

動画や見逃し配信での注意点まとめ

 
違法動画を視聴したりダウンロードすることは著作権法違反になり得ますが、違法動画のリーチサイトについては、違法動画を掲載するサイトなどにリンクを貼っているだけであるため、直接的には著作権法にはなりません。

このため、リーチサイト自体を著作権法違反で直接的に取り締まることはできません。

リーチサイトを著作権違反を手助けする手段(幇助手段)として取り締まることも考えられなくもありませんが、成立要件が厳しめであるため、実効性は低いと思われます。

よって、現実的にはリーチサイトを著作権法違反として取り締まることが難しい状況です。

したがって、今後は、国が動いて、リーチサイトに対する法整備が急務であると考えられますが、それまでには少し時間がかかりそうです。

また、法律を作るにしても、単にリンクを貼るだけの行為を取り締まるのは直感的には難しいように思われます。よって、ネット社会に生きる我々が、違法動画を見たりダウンロードする行為を控えるようにしなければならないと思います。

我々がこのような行為を控えるようにすれば、リーチサイトが存在していたとしても、違法動画を見たりダウンロードする行為に至らないと思うからです。

 

贋作 寅さん/動画2話1話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)では

みれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

贋作 寅さん再放送/動画/見逃し配信2話1話