ドラマ

贋作 男はつらいよ/再放送2話1話NHK無料視聴/まとめ/1月12日

贋作 男はつらいよ/再放送2話1話NHK無料視聴/まとめ/1月12日

 

2020年1月12日22時からBSプレミアムで『ドラマ 贋作 男はつらいよ(2)「石切慕情」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

贋作 男はつらいよ/再放送2話1話NHK無料視聴/まとめ
 

贋作 男はつらいよ /番組内容

 

寅次郎(桂雀々)が石切神社でお参りをして家に帰ると、箱根で出会った女性の一人・高見歌子(松下奈緒)が、寅次郎を訪ねて「くるまや」にやってきた。

番組内容
寅次郎(桂雀々)が石切神社でお参りをして家に帰ると、箱根で出会った女性の一人・歌子(松下奈緒)がくるまやを訪ねてくる。寅次郎やさくら(常盤貴子)がもてなし、楽しいひと時を過ごす。「また来ます」と笑顔で帰って行った歌子だが、実は一人悩みを抱えていた。数日後、ある決心をし再び歌子は「くるまや」を訪れるのだが、タイミング悪く寅次郎は不在。

 

贋作 男はつらいよ キャスト

 

桂雀々,常盤貴子,松下奈緒,綾田俊樹,松寺千恵美,北山雅康,曾我廼家寛太郎,福丸怜乎,わかぎゑふ,野村たかし,平泉成

 

贋作 男はつらいよ/再放送2話1話NHK感想

 
出演は桂雀々さん、常盤貴子さん、松下奈緒さんに平泉成さんなど豪華な顔ぶれです。

原作と脚本は山田洋次さんで、誰もが知る男はつらいよを関西を舞台に描かれています。
何だか関西弁のはちょっと面白くて、見ものです。

役を桂雀々さんが演じているのですが、これがまたと瓜二つで何とも言えない味を出していらっしゃいます。

妹のサクラは常盤貴子さんが演じ、兄と妹の何だかほっこりさせてくれます。

ストーリーは、寅次郎が石切神社でお参りをして家に帰ると、松下奈緒さん演じる箱根で出会った女性訪ねてきます。

寅次郎と楽しいひと時を過ごしていたかのように見えたのですが、実は悩みを抱えていましたた。

そして数日後、もう一度女性は寅次郎を訪ねてくるのですが、そこには寅次郎はおらず…とあります。

女性の悩みとはいったい何でしょうか?

出演者が豪華なのも見逃せませんが、舞台が関西というのが特に関西出身の私にはうれしいです。

関西の有名な場所が出るかもしれず、そこにも注目してみたいと思います。

「男がつらいよ」が帰ってくるだけでもワクワクするのに、渥美清さん亡き後桂雀々さんが役をつとめるなんて期待がますます高まります。

渥美清さんでなければではないというファンも多いことを先読みし、敢えてタイトルに「贋作」と入れているのがもはや笑えます。

渥美清さんではないけれど完璧にを再現するし、監督は山田洋次さんだからある意味本物による贋作で、その割り切りっぷりが気持ち良いです。

定番の人情話ですが、今回は一体どんな騒動になるのかとても楽しみです。

人が良いうえに困っている人は放っておけないし誰とでも仲良くなってしまいます。

そこが最も愛されるところなのですが、家族にこういう人がいるとめちゃくちゃに振り回されてしまい、特に妹のさくらが一番頭を悩まるに違いありません。

常盤貴子さんがさくらの疲れや苛立ち、呆れ、優しさを繊細に演じてくれるところに注目しています。

マドンナの歌子が父親に結婚相手を紹介しようにも拒否されていると予告で知り驚きました。私と全く境遇が同じだったからです。

私も結婚を機に勘当されているので、まさに自分に重ねて共感しまくりながら観たいと思います。

 

贋作 男はつらいよ/再放送2話1話NHKネタバレ

 
車寅次郎といえば渥美清さん、渥美清さんといえばというイメージが、ずっと定着していました。

その渥美清さんが亡くなって、『男はつらいよ』はもう伝説のドラマになっていました。

それがなんと、同じ山田洋次監督によって、「贋作」として蘇るというのですから、なんと言っていいのか、言葉に窮してしまいます。

主役
を演じるのは、桂雀々さんという落語家です。落語会でに扮して「桂はつらいよ」をやったということで、その風貌も話し方も、渥美清さんそっくりということでした。

違いがあるとすれば、桂雀々さんは関西の落語家だから、大阪弁だということです。

そもそもお笑いといえば、関東より関西が上、と考えるのが関西の芸人の特徴で、東京の下町の葛飾柴又の帝釈天から一気に飛んで、東大阪の石切神社の参道が登場します。

をめぐるさまざまな人達も、原作とソックリで、かつて倍賞千恵子さんが演じたの妹さくらを、あの常盤貴子さんが演じるということです。

もちろん、大阪が舞台ですから、大阪弁。これまでの常盤貴子さんからは想像ができないことです。

フーテンですから、故郷の大阪を捨てて、旅から旅の生活。ふと故郷に戻り、旅先で知り合った女性をめぐる恋の話と、故郷の人達を巻き込んで大騒ぎがたまりません。

贋作というタイトルは、意味深長です。
面白そうな所は、大阪弁になっている所です。

と言えば柴又が、舞台ですが、今回は、大阪になるという事で従来のとは、違う大阪バージョンとして楽しめそうです。

キャストも違うのでそこも注目ポイントです。

さくら役が、常盤貴子さんになっていますが、さくらは、きれいで優しい女性という印象なので常盤貴子さんのさくら役も合っていると思います。

面白い所は、大阪が、舞台なのが、串カツ屋で食べているシーンもある所です。
大阪の名物を食べているというのも面白いです。

このドラマのの服装も柴又と同じようになっているので懐かしいですね。

の実家も団子屋から甘味処になっているのでメニューなども興味深いです。

登場人物達も個性的で温かくみていますね。

大阪の人情を感じるドラマですね。

で印象的なタコ社長も登場していいるのが、面白いです。

さくらの息子の満男も楽しみです。

柴又編では、吉岡秀隆さんが、満男を演じていてとのやりとりも面白かったので満男は、注目のキャラクターです。

にとって甥っ子になる満男との交流が、楽しみです。

 

まとめ

 

女優の常盤貴子さんは、いつでも凛とした印象で素敵な女性です。

若い頃からドラマや映画に出演されて、いつでも明るく前向きな役がとても似合っている方だと思います。

これまでたくさんの話題作に出演されて、放送中のドラマ「贋作 男はつらいよ」の主人公・寅次郎の妹役のサクラ役で出演中です。

こちらは関西を舞台とした「男はつらいよ」で、これまでとはまた違ったの物語を楽しめます。

きりっとした目元が印象的で、きれいな常盤貴子さんも、もうアラフィフとあって全く信じられずに驚きました。

いつまでも若々しい印象で、スタイルもよくてうらやましいです。

常盤貴子さんは声にも特徴があって、とても素敵な声をされていると思います。

車いすに乗った障害のある女性を演じ、木村拓哉さんと共に出演されて美しくて素敵な作品でした。
気の強い女性の役が多い気がしますが、実際はどうなのかと気になります。

しっかりと自分の意見を持っていそうな方なので、きっと一度決めたことは最後まで貫く方だと思います。

これからも映画やドラマ、CMなど大活躍を期待しています。

 

最近ではTAROの塔で秘書役もされていて、やっぱりあの方は秘書とかそう言った感じの役が似合っていて、着物姿が似合うかただなと思います。

最近はなかなか表に出ることが少ないような気もしていますが、昔から女優さんとして活躍されてきている方で廃れないというか、いつまでもおきれいな方だなとは思います。

特にドレスアップしたときは個人的な意見では私は常盤貴子さんは黒色などシックな色を品のある感じでお召しになられた方がよりお顔が引き立つようなイメージがあります。

なので、正直白い淡い色よりもシックな色をお召しになられて今後のご活躍を期待したいなと思います。私はもっと時代劇とかに出てもらいたいなと思っています。

その理由はお着物が似合う女優さんだと思うので和装をして活躍してもらいたいのです。
その方が絶対にいいなと思います。

その理由はとても上品に見えるからです。今後の活躍を期待していますし、これからもも健康に気を付けて活躍していただきたいと思う女優さんなので私は好きな女優さんです。

贋作 男はつらいよ/再放送2話1話NHK無料視聴/まとめ は下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

贋作 男はつらいよ