スポーツ

都道府県対抗全国女子駅伝 2020年 動画/見逃し配信/再放送1月12日第38回の無料視聴まとめ

都道府県対抗女子駅伝/2020年/動画/見逃し配信/再放送1月12日第38回の無料視聴まとめ

 

2020年1月12日12時15分からNHK総合で『第38回都道府県対抗全国女子駅伝2020年度』が放送されます

 

見れない方は(青文字をクリックすると~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

都道府県対抗2020年/動画/見逃した配信/無料視聴
 

第38回都道府県対抗 /番組内容

 

今年も豪華メンバーがエントリー。東京五輪マラソン代表の前田穂南は大阪チーム。1万mで五輪代表に最も近い新谷仁美は東京の初優勝を目指す。この2人のアンカー対決が見られるか。1区の区間賞争いも今年は超ハイレベル。ともに五輪参加標準記録を突破している田中希実(兵庫)と廣中璃梨佳(長崎)の対決に注目。 [延伸のとき以降の番組に変更あり]

 

第38回都道府県対抗 選手など

 
令和最初の大会

1983年から続くこの歴史ある駅伝。毎回楽しみにしてる人はもうウズウズしてくることでしょう。

日本の女子陸上、その中距離・長距離選手の育成や普及の強化のためのこの駅伝。この38回大会は令和初の大会になるんですね。令和の歴史の最初の優勝、どのチームも名を刻みたいですよね。

しかも2020年といったらなんと言っても、東京オリンピックイヤー!この大会で優秀な成績を残して自信をつけて挑みたいと思っている選手も多いことでしょう。

実業団駅伝や高校駅伝で活躍をみせてくれた実力者達、やはりその活躍ぶりにきたいしてしまうものですよね。

若い勢いにも注目したいですよね。前回1位だった愛知。京都も王座奪還に向け気合い充分とみえますよね。兵庫も2年ぶりの優勝を狙っていますし、大阪も今回も好成績の予感。

今選手達それぞれどんな気持ちでいるのか、考えるだけでもドキドキしてしまいます。

47都道府県の火花ちる戦い、見逃せませんね。応援する方も力が入ってしまいますよね。

たけびしスタジアムからスタートしてゴールするまでの42.195キロの間に、今回はどんなドラマをみることになるのでしょうか。

寒さに負けない、熱い姿に元気をもらいたいです。

 

都道府県対抗2020年/動画/見逃し配信/みどころ

 
去年のクリスマスには全国高校駅伝 正月には社会人駅伝 次の日には全国箱根駅伝など冬に入り駅伝シーズンになってきましたそんな駅伝シーズン最後を締め目くくるのは第38回都道府県対抗です!

出場する選手は高校生や大学生に社会人最後には最年少の中学生といった年齢がバラバラで選手が出てくるものなのです。

中学生が全国の舞台で社会人 大学生相手に食らいついて走っていくのか中学生の底力を見てみたいと思います。

そこで区間に年齢制限はなくどこの区間に誰をぶつけるのかといった楽しみもあると思います。

そんな試合前から試合運びやどこをめざして行くのかといった試合の面白さがあると思います。

今回のコースは京都を舞台ということなので京都の土地はそこまで坂はないと思います。

そんな平坦な走りやすい道は沢山走っている大人の方が場数など試合数などが多いのでそこが有利になってくるのではないかなと思います。

そんなことを予想しながら都道府県対抗を楽しみにしながら待っているのも楽しみですよね。
駅伝シーズン最後を締め目くくるのはこの都道府県対抗です!

これを見て駅伝の楽しさを感じてみるのもいいかもしれませんね!

都道府県対抗は知らなかったんですが中学生から社会人までが42.195キロを9人て繋いでゴールを目指すということで、珍しい仕組みだなと感じました。中学生から社会人までがチームを組むというのは他の大会ではなかなかあり得ないだろうし面白そうだなと感じました。大阪に住んでいるんでやはり大阪を応援したいなとは思います。大阪代表には東京オリンピックマラソン代表の前田穂南が出場するようで楽しみです。

マラソン・グランドチャンピオンシップでは2位の鈴木亜由子に4分近い差をつけて優勝しており圧倒的な強さを見せつけました。

勝負強さをアピールしたし東京オリンピックでも楽しみですが、今回でも存在感ある走りを期待したいなと思っています。

中学生、高校生も走るということで未来のスターが存在しているかも知れないし楽しみです。47チームが出場しているということでなかなかレース的にも迫力ある雰囲気でレースが進んで行くんだろうなと思います。

9人でのリレーになると好不調や能力差も絡んできて最後まで勝負がわからない流れになる可能性あるし面白くなると思います。

色々波乱が起こりやすい展開もあるだろうし楽しみです。

 

都道府県対抗2020年1月12日動画配信について

 
今はやりであるポイント還元、親御さんも安心のファミリーアカウント、テレビにパソコンにタブレットやスマートフォン、ゲーム機から見たい時に見たい場所で見れるとはお得意外の何物でもない。

しかも映画、ドラマ、アニメのバリエーションも豊富に揃っています。しかも登録が簡単でお試し出来ちゃうんです。これはいい。

1ヶ月お試し出来て、どのテレビ局も見れるし、600円分のポイントもプレゼントしてくれるのは家計にも優しいですね。しかも月額1990円って安くないですか?私は安いと思います。

うちはスカパーでもっとお金がかかったからこれだけでもお得だと思います。

皆さんもそう思いませんか?

他のサービスたとえばアマゾンプライムにも負けてないと思いますよ。

私も親を説得してこれにしちゃおっかなと今悩んでいます。本当に内容を見ていいなと思いましたもん。

レンタル料とかかからないし、いちいち返しに行かなくてもいいし、私としてはそれだけでもありがたいんです。むしろ悪い所があるのかなと不思議に思うくらいです。

これがあったら一日中テレビにかじりついて離れなくなってしまいますね。

色んな番組見られるし、好きな番組選べるからいいですよね。

私も契約考えようかなと思います。

 

まとめ

 
見ていても特に面白みを感じることもなく終わってしまった為、今度こそは山梨チームに頑張ってほしいと願うばかりです。

実際のところ山梨の出場メンバーは特に注目を集めているわけではないのですが、それでも全く山梨が出なかった箱根駅伝を見るよりはいくらかマシではあると思います。流石に飯野摩耶選手くらいは聞いたことがありますがその他の方々は一切聞いたことがありませんし、どこまで順位を伸ばせるのか、楽しみです。

山梨県勢以外の全体的な見どころとしては愛知・京都・大阪・兵庫辺りの上位陣でしょうか。何故かは関西付近が強いですよね。

優勝する県は毎回結構違いますが、おおよその上位陣はその辺りだったはずです。

毎回メンバーが大きく変動しがちということもあって安定はしないのでしょうが、今回もそれらの県の接戦が予想されます。

やはり関西方面が強いのか、走る場所自体が京都であるからなのでしょうか。

他の地域の駅伝は風景が地味なことも珍しくありませんが、京都で駅伝をすると背景も華やかになりますよね。

山梨勢が出なかった箱根駅伝と同じではなく、今度こそはわくわくしながら駅伝が見れると良いなと思っています。
都道府県対抗が京都で開催されます。

この大会の大きな特徴は、中学生から社会人までが同じチームとなって走って戦うことです。さらに、中学生区間以外は誰が走ってもよいので、高校生と実業団の選手が同じ区間を走り争うこともあります。

高校生たちにとっては、レースの中で実業団選手の実力を体感し差を知ることができる機会なのです。

今回の注目チームは、大阪です。地元の京都と同様に優勝回数も多く候補にも挙げられることが多いです。しかし、2015年を最後に優勝できていません。

今回は、オリンピック内定の前田選手が、大阪チームの一員として出場します。

彼女の所属チームは岡山県にありますが、大阪薫英女学院を卒業しているのでふるさと選手として出場します。

そして、大学日本一に輝いた名城大学の高松智美ムセンビ選手もエントリーされているので、今回の大阪チームはかなり強力な布陣となっています。

同じチームとなる高校生達も、2人の後輩となる薫英女学院の選手ばかりなので、チームワークに問題はなさそうです。

高校生たちにとっては、短い時間でもオリンピック選手からアドバイスをもらえる機会なので、逃すことなく積極的にコミュニケーションをとって欲しいです。

それによって、女子長距離界の底上げをすることが、この大会を開催する最大の意義ですから。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

都道府県対抗2020年/動画/見逃し配信/