アニメ

ドロヘドロ/アニメ/動画1話/配信/無料視聴/再放送まとめ

ドロヘドロ/アニメ/動画1話/配信/無料視聴/再放送まとめ

 

2020年1月12日24時からTOKYO MXで『ドロヘドロ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ドロヘドロ
 

ドロヘドロ /番組内容

 

魔法によって顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男、カイマン。本当の顔と記憶を取り戻すため、相棒のニカイドウと一緒に自分に魔法をかけた魔法使いを探し続ける。いったい自分は何者なのか……。

 

ドロヘドロ 出演者

 

カイマン(高木渉)

ニカイドウ(近藤玲奈)

煙(堀内賢雄)

心(細谷佳正)

能井(小林ゆう)

藤田(高梨謙吾)

恵比寿(富田由憂)

バウクス(江川央生)

カスカベ(市来光弘)

キクラゲ(鵜殿麻由)

栗鼠(ソンド)

丹波(稲田徹)

ターキー(三木眞一郎)

アス(郷田ほづみ)

鳥太(勝杏里)

 

ドロヘドロ/アニメ/動画1話/配信/ストーリー性

 

 ここ数年間アニメの視聴にハマっており、シーズンごとの主要な作品は必ずチェックするようにしています。

この「ドロヘドロ」という作品のことは私は今まで知りませんでしたが、軽く検索してみた限り、20年近くもの長期に渡って連載され続けている漫画作品の初のアニメ化ということらしいです。

 説明文を読む限り、かなり興味をそそられる作品であることは間違いがないです。

基本的には異世界ファンタジー作品なのですが、そのあまりの奇想の数々から数多くの熱狂的なファンがいるということです。アキラからの影響も強いように思えますが、やはり他の作品にはない圧倒的な個性を感じます。

 日本のアニメは非常に細分化されており、多種多様な分野の作品であるのですが、その中でもこのようなダークファンタジーという分野は、個人的に質が高い作品が多いような気がしています。

「魔法少女まどかマギカ」や「鋼の錬金術師」など、アニメ界の歴史に残るような作品も数多くあります。

この作品もまた原作の評価の高さからすれば、そのような伝説的な作品に並ぶだけの完成度に到達できるだけのポテンシャルは十分に秘めているように思えます。

 この作品のように、日本のアニメ・マンガ界には、まだまだあまり有名ではないながらも素晴らしい作品が数多くあります。

むしろ私はこのような作品に今まで接していなかったことを幸福だと思っています。

今回のアニメ化を何も知らない状態で視聴し、また新たな衝撃を受けられることを今から楽しみにしています。

 
アニメ「ドロヘドロ」は、2000年より連載された林田球の描く全23巻の漫画です。

魔法によって顔をトカゲに変えられてしまい、しかも記憶喪失までしてしまう男・カイマンが主人公になっています。

ある意味、見た目がトカゲなんで気持ちが悪くなってしまいますが、その世界観も混とんとし過ぎていてアニメ化が難しいのではと言われていましたが、それを見事にアニメ化に成功し、それを放送するところが見どころになります。

顔をトカゲに変えられてしまい、失われた記憶を取り戻すために相棒のニカイドウと魔法使いを探す旅に出ます。

カイマンの大好物はトカゲらしくニカイドウの作る大葉入りの餃子であり、アニメのの中でもそれを平らげるシーンを見ることができるに違いありません。

もっとも今までのアニメには存在しない混沌イコールカオスを扱っていることもあり、しかもカイマンがそれに変に溶け込んでしまうのは、別にもとの男に戻らなくてもいいのではないかと思えてしまいます。

また登場するキャラクターも個性的な雰囲気を持つ人ばかりで、まさにカオスにいる住人ともいうべき存在です。アニメは映像が命とされますが、『ドロヘドロ』の映像を見るとよく描かれている点があり、しかも他のアニメにはない動きを表現しています。

これは少し視聴しただけでも、アニメ『ドロヘドロ』の世界に引き込まれる印象を与えますので、映像をよく堪能してみると良いと思われます。

ドロヘドロ/アニメ/動画1話/配信/みんなの感想やネタバレ

田球先生原作の「ドロヘドロ」がテレビアニメ化されるんですね。この作品は、2000年から2018年まで「ゲッサン」「月刊IKKI」で連載されていたかなりダークなファンタジーです。原作漫画はすでに完結されていますが、熱狂的な多くのファンを獲得し、いまでも根強い人気を維持しています。内容がまさにカオスでショッキングなものになっているため、小さなお子さんにはあまり向かないかもしれません。

「ドロヘドロ」がアニメ化されると聞き、ちょっとビックリでした。

あの独特過ぎる世界観をテレビで放送しゃうなんてスゴいでしょう。映像化不可能とまで言われていた作品をアニメ化させたのが、「どろろ」「ゾンビランドサガ」を手掛けたMAPPAだと知り、「あぁ、なるほど」と納得しました。

ストーリーは、魔法で顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男カイマンが本当の自分の顔と記憶を取り戻すため、自分に魔法をかけた魔法使いをさがし続けるというものです。

相棒には食堂「空腹虫」の店主ニカイドウがいます。

この人、見た目はソフトな感じですが、実は強いんですよ。

カイマンはいったい自分が何者なのか、探しあてることができるのでしょうか。

放送がとても楽しみです。

 
何て言ったら良いのだろう。タイトルがドロヘドロって
ゴミの様な街で暮らす人達の物語かと思ってた。

番組内容を見てみたら、主人公のカイマンは魔法で顔をトカゲに変えられ、記憶喪失になってしまう。

相棒と一緒に記憶と本当の顔を取り戻す為に自分に魔法をかけた魔法使いを探す旅に出る。舞台はファンタジーな様で町などは現代っぽい。

カイマンには気の毒過ぎる話である。いつのまにか酒を飲み過ぎて、ぐっすりと眠りこんじゃったて朝起きたら顔がトカゲになりました。

だったら気が狂いそうである。むしろ外に行けない。だがこちらの世界では顔が他の生物みたいな人がチラホラ居るみたいなのだ。

よかったじゃんと思うが、元に戻るに越した事はないだろう。

画像を見たら、中々カイマンデカイのだ。これじゃ怖がられるな、と思う。

だがそれと同じく記憶がない、パニックになっても仕方ないのだ。どうして顔と記憶を奪われる事になるのかの理由さえ忘れた。

もしかしたら自分のした行いのせいかも知れない。

カイマンには是非記憶も取り戻して欲しいし、顔も元に戻して欲しい。今のままじゃ怖すぎる。だけどアニメの展開としては面白そうですね。

のちのち最終回の伏線かも知れませんが見てみたいです。

 

まとめ

 
楽しみな所は、魔法使いにトカゲにされてしまったカイマンが、どうなってしまうのかです。

カイマンは、記憶喪失なので魔法使いが、誰なのかわからない所が、面白いです。
魔法が、とけた時のカイマンの素顔も楽しみです。

カイマンの友人のニカイドウが、強くて食事を作るのも上手なので頼りになりますね。
ニカイドウの調理シーンは、エキセントリックなフインキが、しました。
カイマンとニカイドウに恋愛は、あるのかも注目ポイントです。

ニカイドウは、きれいで色っぽいので魔法のとけたカイマンと恋人同士になったらお似合いのカップルになりそうです。

面白そうな所は、いろんなチカラを持つ魔法使いが、登場する所です。

カイマンをトカゲにできる能力を持った魔法使いは、誰なのか考えるのも楽しそうです。

カイマンと魔法使い達の因縁の戦いもありそうなので人間関係にも注目しています。
注目は、キクラゲです。

動物のような生き物でもあるけれどみたこともないような姿をしているのが、印象的です。
ニカイドウの調理中に走り回っているのが、ペットのようでした。

フシギな世界観のあるアニメで面白そうです。
コミックも人気という事でこの世界観にハマればどんどん楽しくなりそうな作品です。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ドロヘドロ