アニメ

ドロヘドロ/アニメ/放送局/関西/大阪でテレビ放送より早く見るには?

ドロヘドロ/アニメ/放送局/関西/大阪でテレビ放送より早く見るには?

 

2020年1月12日24時からTOKYO MXで『ドロヘドロ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ドロヘドロ/アニメ無料視聴
 

ドロヘドロ /番組内容

 

魔法によって顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男、カイマン。本当の顔と記憶を取り戻すため、相棒のニカイドウと一緒に自分に魔法をかけた魔法使いを探し続ける。いったい自分は何者なのか……。

 

ドロヘドロ 出演者

 

カイマン(高木渉)

ニカイドウ(近藤玲奈)

煙(堀内賢雄)

心(細谷佳正)

能井(小林ゆう)

藤田(高梨謙吾)

恵比寿(富田由憂)

バウクス(江川央生)

カスカベ(市来光弘)

キクラゲ(鵜殿麻由)

栗鼠(ソンド)

丹波(稲田徹)

ターキー(三木眞一郎)

アス(郷田ほづみ)

鳥太(勝杏里)

 

ドロヘドロ/アニメ/ 1話/視聴者の評価

 
パッとタイトルが目に入った瞬間に「なんじゃこれゃ?」と好奇心を刺激されました。
一見、ドロヘドロというネーミングがいかにもグロテスクな世界観をイメージしましたが、実際にネットで調べてみたら、なるほど、ストーリーがあまりにも過激で、ショッキングな内容な為に、映像不可能とされていた衝撃作がアニメ化されるということで、今までに見たこともない斬新な世界観を期待してしまいます。

アニメ初心者の私。一体どんなストーリーとハイクオリティの描写が披露されるかワクワクします。

記憶喪失の主人公が、魔法で顔をトカゲにされて、仲間と一緒に自分に魔法をかけた魔法使いを探しに行くというストーリーということで、そこに立ちはだかるグロテスクな見た目を持つ魔物達との激しいバトルは見所満載に感じます。

ただ、魔物をやっつけていくだけのアクション物の作品と思いつつ、主人公が「自分は一体何者なのか?」というテーマも混雑していて、ハートフルな人間味も感じられます。

作品は見たことはありませが、この作品は奥が深かそう。

スルメみたいに、初めてみるより、2回・3回と見れば見る程、深い味わいを堪能できそうで、何か新しい発見もありそうなの予感がして期待せずにはいられません。

 

アニメドロヘドロ面白そうです!
記憶喪失の男カイマンが、魔法によって顔をトカゲにされてしまった設定も面白くてこの先の展開もすごく気になります。
本当の顔を取り戻す為に自分に魔法をかけた魔法使いを探し、一体自分が何者なのかも知っていくのも内容が面白そうな物語です。
内容を見ると、ドアの向こうから魔法使いの練習していて、黒い煙と美味しいキノコ、大葉ギョーザと時々ゾンビ?底なし沼もあるしフォークが飛んでくる場面がある?口の中にもう一人男がいる?謎がいっぱいの混沌だらけのよくわからない事だらけで、一体物語が進むことで何が起きるのか、何があるのか面白さたっぷりそうです。

無事に魔法使いに会えるのか、主人公のカイマンは一体何者でなぜ魔法使いに顔をトカゲにされてしまったのか、ドロヘドロはこの先が想像できないアニメになりそうです。

きっととにかくいろいろ出てくる物や事は全て混沌ってのが、このアニメの面白いとこで見どころなんでしょう。

このショッキングでカオスな内容の衝撃作が、ハイクオリティーで挑戦的な作品を数多く手がけてきたMAPPAさんがこのアニメも手がけるので、どんな作品に仕上がっていくのかも楽しみです。今から見るのが楽しみな作品です。
 

ドロヘドロ/アニメ/見逃し配信1話/感想やネタバレ

 

ドロヘドロは、独特かつバイオレンスな世界描写などをアニメ化するのは困難だろうとこれまで言われていましたが、完結後ついにアニメ企画が始動し驚きました。

寄生獣もアニメ化できたのでやりよう次第でいけるんですね。

公式で公開していたPVやop映像のクオリティが高くハイセンスで、曲も原作の雰囲気にマッチしているだけでなく熱烈ファンをニヤリとさせる小ネタ…というかネタバレ…!?も盛り込んであって今から非常にワクワクです!

原作テイストをしっかり抑えた愛のある出来なので、1クールといわず最後まで映像化して欲しいですね。

元々コアなファンが多く再現度も高いので、これならば円盤の売り上げも期待できそうです。

混沌とした世界でタフに生きるキャラクター達の、ハードだけどどこかカラッとしていて時にほのぼのしたやりとりで和ませる緩急のバランスが絶妙なので、バイオレンスで刺激的な作品を求めている方にも、そんなにグロは好きではない方にも是非視聴をおすすめしたいです!流血氷原耐性は多少必要ですが。

主人公の顔がトカゲなので爬虫類があまり好きではない私には最初こそとっ付きにくかったですが、ユーモラスで味のあるキャラにすぐ愛着が湧いたものです。

放送前のPVの出来が素晴らしかったので、カイマン達がどう活き活きと動き回るか楽しみです。

まとめ

 

2000年から18年にわたって連載されている、林田球さんの「ドロヘドロ」。
こちらがついにテレビでアニメ化されることが決定しました。
これまでになかった物語に、日本だけでなく海外からもあついファンがいるこの漫画は、映像不可と言われていたのですが今回アニメ化されてファンにとってはこんなにうれしいことはありません。
物語は、魔法によって顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男・カイマン。
彼は、本当の顔と記憶を取り戻すために相棒のニカイドウと一緒に自分に魔法をかけた魔法使いを探し続けます。
何とも言えない斬新なストーリーと映像に、見た人はすぐに引き込まれると思います。
カイマンの見た目が何とも言えなず、トカゲなんですがちょっと可愛らしさもあって好きです。
カイマンの相棒であるニカイドウは、強くて素敵な人物です。
この他にも、煙や心、ターキーなど癖のある人物で目白押しとなっています。
特にターキーの見た目には誰しもがついつい笑ってしまい、ツボにはまってしまうと思います。
ぜひ自分のお気に入りの一人を見つけてほしいです。
アニメを見て、どんどんこの物語にのめりこみまるでドロヘドロにはまっていく感じがたまらないです。
ぜひ見てほしいアニメです。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ドロヘドロ/アニメ/無料視聴