ドラマ

ペンション恋は桃色ドラマ(動画)3話4話9tsu/youtube無料視聴まとめ

ペンション恋は桃色ドラマ/動画3話4話9tsu/youtube無料視聴まとめ

 

2020年25時25分からフジテレビで『ペンション・恋は桃色<フジテレビからの!> #01』が放送されます

 

ペンション恋は桃色/見逃した配信/再放送/につきましてや放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ペンション・恋は桃色/3話4話動画/見逃し配信/再放送/
 

ペンション・恋は桃色 /動画3話4話番組内容

 
リリー・フランキーさんと斎藤工さんのW主演であり、寂れたペンションが「恋は桃色」が舞台のドタバタ人情ドラマということで、一体どんな内容になっているのか楽しみです。

一話が30分の5週連続ドラマであるので、気軽に見ることが出来る感じがいいなと思います。

普段の生活で疲れている人や、ちょっと元気を出したい時にこの「ペンション・恋は桃色」を見て、少しでも元気が出るといいなと思います。

また今回このドラマでは、なんとリリー・フランキーさんの恋愛模様もあるらしいのです!

リリー・フランキーさんが演じるのは、「恋は桃色」という名前であるペンションを営む、テキトー中年男です。

ここまでは、いつものイメージにピッタリの役だと思うのですが、今回はなんと、リリー・フランキーさんに恋愛要素があるらしいのです!

若い女性から付き合いたいと言われるらしく、いったいどんな展開が待ち受けているのか今からワクワクしています。

一方で斎藤工さんが演じる役は、人付き合いが苦手で周りから煙たがれている青年です。

ワケありの青年とも書かれていたので、一体この青年にはどんな過去があって、このペンションで働くことになったのかにも興味を持ちました。
 

ペンション・恋は桃色 キャスト

 

リリー・フランキー  斎藤工  伊藤沙莉  細野晴臣  ほか

 

ペンション恋は桃色/動画3話4話/無料視聴みどころ

 
映画によって様々な役を演じられる方だと思います。

「そして父になる」では少し頼りないけど家族に対してとても愛情がある、暖かいお父さんという役がとても似合ってました。

ですが「探偵はBARにいる3」では、反社会的で非情な役を演じられており、演技の振り幅が本当に素晴らしい俳優さんだと思いました。

また、普段の番組に出られているリリーさんの目や雰囲気がとても哀愁漂う感じで、どこか寂しそうで人生や周りの人に対しても達観されているような雰囲気がとても魅力的だと思います。

話し方も落ち着いてるイメージがあり、大人の男性って感じで、インテリジェンスのようなものを感じます。

なのに下ネタも普通に話されるところがまた面白いところだと思います。

何を考えているのかわからない、心の中がなかなか想像つかないところが演技の幅に出ているのかな、と個人的には思ってます。

役者としても先程出た2つの映画に加え、「万引き家族」等話題になった作品に出演されているのに、イラストも描いて本まで執筆されて、しかもどちらも人気になっているのが凄いです。

幅広い世代の人に刺さるものを作れるところがリリーさんが本当に才能溢れる方だという証だと思いました。
 

ペンション恋は桃色/3話4話/ネタバレ

 
リリーフランキーさんと言えば様々な才能を持ち合わせていらっしゃるのが何より魅力ではないでしょうか。

小説や作詞・作曲、ラジオパーソナリティーと様々なお仕事をなさっておられるのですが、そのどれもが中途半端ではなく素晴らしいものです。

中でもイラストやエッセイではその類まれなる能力を生かして独創的な作品をいくつも発表なさっておられますし、その才能は誰もが認めるものだと思います。

特に有名な「おでんくん」は誰もが一度は目にしたことがあると思うのですが、とてもかわいらしく色合いも鮮やかで子どもたちにも大人気ですし、私の子どももとても気に入っています。

保育園でもおでんくんの絵本はとても人気のようです。

また、俳優としての才能も申し分ないと思います。

作品によって演じる顔が違ったり、声色が変わったり、とても素晴らしい俳優さんです。

温かみのある人物も、言い方は悪いですが「クズ」な人物も、しっかりと演じ分けが出来る方で、見る作品によって印象がガラリと変わるのです。

本当の「リリー・フランキー」とはどのような人物かはっきり掴むことが出来ないのですが、それこそが俳優力を持っておられる証拠だと思います。

まさに「芸術家」という言葉がぴったりな方で、それが彼の魅力だと思います。

まとめ

 

斎藤工さんはクールなイケメン俳優のイメージです。

セクシーな雰囲気があり、『昼顔』は、斎藤工さんの魅力が存分に発揮されていた作品だと思います。

しかし、斎藤工さんの俳優としての魅力は、ただセクシーなイケメン俳優と言う訳ではなく、色々な役を演じられるところだと思います。

ある映画では怪奇的な殺人犯役、時にはユニークな役、又ある時には手の付けられない不良役など、とにかく多くの役を熟す事が出来ます。

外見が美しい俳優さんなので、ユニークな役は一見合わない感じもしますが、斎藤工さんが演じると役そのものが斎藤工さんのものになっており、とても演技が上手く惹き込まれます。

又、ユニークな役は斎藤工さんの美しさは活かされませんが、ご本人は楽しそうに生き生きと役を演じているそうです。

役を選ばず、どんな役でも引き受け、楽しく演じるところが斎藤工さんの魅力なのではないかと思います。

斎藤工さんはバラエティー番組にも出演し、全力でコントをやっていた事があります。

『こんなにイケメン俳優なのに凄いな。』と、思う程のインパクトでした。

バラエティー番組でも全力投球出来る方なので、それが俳優としてユニークな役にも活かされているのだと思います。

斎藤工さんと言えば、今の日本を代表する俳優と言っても過言ではないでしょう。

斉藤工さんは、2000年代から俳優としての活動を始めており、テレビドラマ『海猿』シリーズなどにも脇役として出演していましたが、急速にその存在感を高めたのは2010年代に入ってからのことだと思います。

テレビドラマよりも映画への出演に力を注いでいるようで、2017年には『blank13』で第20回上海国際映画祭 アジア新人賞部門最優秀監督賞を受賞しましたね。

斎藤工さんは俳優としては、単にルックスが良いだけでなく、どこか影を帯びたような独特の雰囲気に魅力があり、かつ精力的な演技への取り組みによって、幅広いキャラクターを演じ分けられるようになっていると思います。

時代劇映画『虎影』で演じた主人公の虎影は、クールなイケメン俳優に似つかわしくない単純頭の熱血漢でしたが、斉藤工さんはその演技を楽しんでいるように見えました。

特定のイメージに拘泥することなく積極的なチャレンジを続ける姿勢は、斉藤工さんの最大の強みであり、今後国際的な舞台でも活躍して欲しい役者さんですね。

斉藤工さんが、日本発の国際的大スターへと成長してゆくことを期待しています。

整った綺麗な顔立ち、柔らかな表情、無邪気な笑顔、色っぽい低めの声、どれを取ってもかっこいいです。

ドラマのひるがおを見てより一層ファンになりました。

先生役のめがね姿もまたたまらなくかっこよくうっとりしました。

ガタイもがっちり系で背が高いので、柔らかい雰囲気なのに頼りになりそうなギャップがあって、女性心がくすぐられます。

バラエティ番組に出ていたときも、ドラマ同様の低いセクシーボイスでゆったりとした話し方でしたが、話しの中身にはユーモアもちょこちょこ含まれており、意外と親しみやすさもあるように感じました。

また数年前に年末のお笑い番組に出演された際に、体を張ったユーモア溢れる姿も見た覚えがありますが、びっくりしましたが一生懸命お仕事をされる方なんだなぁと感心しました。

雑誌のインタビュー記事でも、あんなに完璧なイケメンなのにチャラチャラしておらず真面目な方なんだと思う内容やお答えで、こんな方が目の前に現れたらどうしようといらない妄想まで掻き立てられてしまいました。

年相応の落ち着きがあるので、私のような年代からすると若手俳優を見ているよりもリアルな夢をみてしまうような素敵な存在です。

ペンション恋は桃色/ドラマ動画3話4話見逃し配信/再放送//無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)では見れない時は

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ペンション恋は桃色/ドラマ動画3話4話見逃し配信/再放送//無料視聴