未分類

(アライブ 動画) 3話/ドラマ1月23日/FOD/pandora/Dailymotion/9tsuまとめ/無料視聴放送日分

(アライブ ドラマ 動画) 3話/1月23日FOD/pandora/Dailymotion/9tsuまとめ/無料視聴放送日分

 

2020年1月23日22時からフジテレビで『<木曜劇場>アライブ がん専門医のカルテ【愛する家族との最期の時間】』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

上記サイトは、正直、個人アップロードのためお勧めしません

日本国内に住んでいれば、普通に公式でアカウント登録で無料で見れるので、下記リンクをお勧めしております
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

アライブドラマ/動画3話
 

アライブ /番組内容

 

恩田心(松下奈緒)に、夫の匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学付属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが…。 『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。緩和治療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。 休憩中、心は薫に、匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが…。 一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。その後も、偶然再会し言葉を交わすが…。

 

アライブ キャスト

 

松下奈緒、木村佳乃  清原翔、岡崎紗絵、小川紗良 ・ 中村俊介 / 三浦翔平 ・ 田辺誠一 ・ 藤井隆、木下ほうか、高畑淳子 ・ 北大路欣也

 

アライブ/ドラマ/動画3話みどころ

 
このドラマがあるということが私事ですが、もうすぐ義母ががんで亡くなって5年目になる時期なんです。だからひと事ではなくて。
末期。色んな患者さんや家族さんがいらっしゃる中でしかも、死と向き合わせの患者さんと付き合っていくのはすごく大変だと思います。

余命を家族に伝えてどうして行くのか、抗癌剤治療も相当苦しいでしょう。その中でどう専門医の方々は接していくのか気になります。

笑ってばかりでもダメですし悲しんでたらもっとダメですよね。

時には暴れる患者さんも居るでしょう。

なので本当にどう専門医として治療をしていくのか知りたいのもあります。

義母の専門医さんはとても親切な方でした。

もうがん病棟なんで、それでも義母には治るという選択をしたのが正しかったのか間違ってたのかわかりません。でもそれを選ぶのは私達家族なんですよね。

その家族さんに言われた通りに患者さんに接していかなければならないのもありますよね。

見送る。おくりびととはまた違いますが、私の義母の時は最後まで見送って下さいました。
看護士さんまで。

本当に感謝しています。

これから私も家族もがんになるかは分かりませんがどのような専門医をリアルに演じているのか気になります。

 

腫瘍内科は、がんなどの悪性腫瘍を専門に扱う部門であると、ひとくくりに言っても現れる患者は様々です。

民代のように再発を何度も繰り返し、長期間がんと共に生きていく患者がいれば、末期で入院して緩和ケアに移すしかない患者もいます。

腫瘍内科は、治療の最初と最後の境界線で戦っていることがこの物語を見てよくわかります。そして、初回に研修医が言っていたように、治療といっても最後は手術をする外科に任せ祈るしかない苦しさも描かれています。

患者に長期間にわたって寄り添わなければならないので、医師であれば誰でも良いという科ではないような気がします。

しかも最後が必ずしも良い結果ばかりでないだけに、心のプライベートの状況を考えると、いつまで耐えられるか心配になります。

やはり薫は、心の夫の手術に関係していました。しかも、夫が寝たきりになった原因を作った本人のようです。

須藤は医療ミスではないと言っていましたが、薫自身はどう思っているのでしょうか。

そして、薫が心の病院に来た理由はいったい何なのでしょうか。

すべてを打ち明けるためなのか、それとも彼女に気づかれないように監視するためなのかどちらでしょう。

松下奈緒さん演じる腫瘍内科医の恩田心と、木村佳乃さん演じる消化器外科医の梶山薫。

それぞれ専門分野の異なる女性医師がバディを組んで、がん治療に取り組む医療ドラマですね。

医療現場を舞台としたドラマ、しかもがん治療を取り上げたドラマというものはこれまでも少なからず制作されてきたと思います。

がんは毎年日本でおよそ100万人が発症し、国民の2人に1人が生涯のうちに発症すると言われている国民病ですからね。私の職場でも、がんを患った人を何人も知っていますし、多くの人々にとってがん治療は非常に身近な話題なのではないでしょうか?

そんな国民病とも言えるがん治療が、ドラマの題材として取り上げられるのはごく自然なことだと思います。
今回のドラマが変わっているのは、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がん専門医が活躍する現場を描くという点で、非常にリアリティに溢れる描写になるのではないかと期待しています。

そのがん専門医が個人的に抱えている悩みにも焦点が当てられるところも新鮮ですね。

主演を務める松下奈緒さんと木村佳乃さんもベテランの女優さんですから、安心して演技を見ていられますし、期待のドラマと言えるでしょう。

 

アライブ/ドラマ/動画3話みんなの感想

 
私はこのクラウドワークスのタスクを通じて、「アライブ がん専門医のカルテ」というドラマが始まることを知り、ドラマを第2話から観ています。

私自身は医療系のドラマを見ても手術のシーンが苦手で楽しめなかったり、実際の病院とは異なったきれいごとを並べたようなあらすじが好きでなく見ていませんでした。

しかし、今回の「アライブ」というドラマは腫瘍内科医が主役ということもあり、手術シーンというよりもがんと宣告され治療に励む患者さんに寄り添っていく姿がほとんどです。

もちろんわたし自身もがんを患ったことがないので、分からないことが多いですがこのように自分の身になって話をしてくれる医師たちがいるのは心強いだろうなと思いながら観ています。

また、サイドストーリーとして主人公であるココロ先生のご主人は意識不明の状態です。

医師としての視点だけでなく難しい状況にある患者の家族としての立場からも物語が進んでいくのがおもしろいと思います。

前回はこのご主人の様態が急変したところで終わりました。

小さな子供を残している状態でご主人が今後どのようになっていくのか、また家族がどのような判断を迫られ、決断していくのか楽しみにしています。
 

アライブ3話動画ドラマネタバレ

 

乳がんの恐ろしさを改めて感じました。

男性でも乳がんになるなんてことは初めて知りました。

また、若い女性でも乳がんで乳棒全摘なんてこともあるんだなと、すごく怖くなりました。

だけど、命を守るためには、早めの治療の決断や日頃の検診が大切なことを知れたので、すごく勉強になりました。

また、日ノ原に優しくしてくれていた女性患者が、まさか末期だったなんて悲しすぎました。

残された時間を同じ病気の人のために役立てたいと行動していたなんて感動でした。

その意思を引き継いで、日ノ原が新入りの患者さんにお節介しているのを見て心が温かくなりました。

さらに、莉子が乳房全摘することによって、人の幸せが喜ばなくなる事が怖いと言っていた気持ちはとても理解できました。

だけど、そんな莉子に対して薫が自らの乳房全摘した話をし、傷を見せてあげたことはとても意味があったなと思いました。

自分の傷を見せられるということはすごいことだと思います。

手術があなたの恋の邪魔になるなら、その相手はあなたの運命の人ではないという言葉も、かなり泣けました。

医者は手術を成功させる事が第1だけど、本物の医者はこんなふうに人の心までも救える人なんだろうなと、薫のことをとてもカッコよく思いました。

 

まとめ

 

医療ドラマにありがちなではありますが多少の細かい部分で気になる医療的な違いとか実際のところとは違う部分というのがあったりしますが全体としてはドラマとしてかなり面白そうという感じではありました。

ちょっとしたミステリー仕立てと言うか謎を秘めさせているという部分もあったりしてそれなりに考えさせられる部分と言うか考察させられる部分があるという点はドラマとして面白いのではないでしょう。

メディカルヒューマンドラマというような形で作られているらしいのでミステリーというよりは人にあるそれぞれの抱えている問題とか謎というような部分でドラマの深みを出しているのではないかと思わせる部分がいくつかありました。

医療ドラマというよりは死と向き合うヒューマンドラマというような感じになりますのでタイトルから見ても分かるとは思いますがあまりコミカルなものではないので考えさせられるというところはありますが、あまり面白いとか楽しいとか笑えるというようなドラマではないという点は仕方ない部分ではあります。

しかしこれまでと若干違ったアプローチをするという感じの医療ドラマであるというのは感じ取れるのでこれは楽しみにできることでしょう。

 

総括

 

女優の木村佳乃さんは、イギリス生まれということもあり、英語が大変上手で、いつもその英語の達者ぶりには感心させられます。

演技においても、どことなく、そうした海外生まれの影響があるのは気のせいでしょうか。
彼女は、幅広いキャラクターをそつなくこなすだけでなく、視聴者を魅了し、ストーリーの中にいれてくれる、そんな女優さんです。

また、体を張ったチャレンジを行う事もあり、ドラマや芝居の世界の中には終わらないスケール面でも、他の女優さんやモデルさんにはない、魅力を放っている方だと思います。

現在、40歳を超えていらっしゃるにもかかわらず、若手芸人をしのぐようなリアクションや、コメント、そして体を張ったチャレンジを行ったときは、正直良い意味でイメージを裏切られた感じになりました。

旦那さんの東山紀之さんは、昭和のアイドルのトップでしたが、そんな彼にふさわしい女性であり、妻であり、良き母でもある点が週刊誌等でも報じられており、ここ最近不倫や浮気のニュースが世間を騒がせていますが、そうしたものとは無縁な生活を営んでいらっしゃる点も好感が持てるポイントです。

これからも、ますます活躍されることと思われますので、応援していきたいです。
昔のイメージは髪が長く、儚い役のイメージが多くありましたが、最近になりカッコ良い役をすることにより新たな魅力が出たと思います。

バラエティでは女優さんではなかなかNGが出そうなことにも禍根にとりくみ、綺麗で汚れることを嫌がらず取り組まれているところに親近感を覚えました。

また旦那様が木村さんを選んだ理由が「なかなか自分に意見を言う人がいない中彼女だけはっきり指摘をしてきた」と仰っていました。

相手が誰であれしっかり発言できるところにもかっこよさを覚えました。

また、最近の役ではショートカットでしっかりとしたキャリアウーマンを演じられることにより憧れの女性、憧れの働き方をみせてくれている気がします。あ

れだけ細く、綺麗にもかかわらず、お子さんもいて母である強さも感じます。

家庭の色はそこまで出さず、でもしっかりと母、妻をされているところにも女性として憧れます。

最新作のドラマでは癌にまつわる医師を演じられていますが、乳がんに対する体当たりの演技(同じ乳がんの方に自分の肌を見せる)をしていて、中途半端な綺麗事の演技をせず、みている人に癌患者のリアルな姿を想像させてくれました。今後の演技や、活動にも注目したいです。

 

 

アライブ無料視聴ドラマ動画第3話 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)bilibili/で見れない時は下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

アライブ無料視聴ドラマ動画3話