アニメ

ハイキュー/4期/,4話/動画/4話5話,/と3話/無料1月24日放送分/アニメ見逃し配信再放送まとめ

ハイキュー/4期/4話/動画と3話/無料1月24日放送分/アニメ見逃し配信再放送まとめ

2020年1月24日25時25分からTBSテレビで放送されます

『ハイキュー!! TO THE TOP/アニメ/5話4話3話』についての記事です

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

ハイキュー/4期/アニメ/動画/4話/無料視聴

*5話など最新話情報追記します!

ハイキュー!! TO THE TOP アニメ 4話動画/番組内容

第4話「視点」▼牛島(声・竹内良太)たちとの練習試合を外から見ていた日向(声・村瀬歩)は、これまでただボールを追うだけでは気づかなかったあることに気づき…。番組内容日向(声・村瀬歩)・影山(声・石川界人)・月島(声・内山昂輝)が不在の中、烏野高校排球部は常波高校との練習試合に臨む。 一方、牛島(声・竹内良太)たちとの練習試合を外から見ていた日向は、これまでただボールを追うだけでは気づかなかったあることに気づき…。

ハイキュー!! TO THE TOP キャスト

(日向翔陽)村瀬歩 (影山飛雄)石川界人 (澤村大地)日野聡 (菅原孝支)入野自由 (田中龍之介)林勇 (東峰旭)細谷佳正 (西谷夕)岡本信彦 (月島蛍)内山昂輝 (山口忠)斉藤壮馬 (縁下力)増田俊樹 (清水潔子)名塚佳織 (谷地仁花)諸星すみれ (武田一鉄)神谷浩史 (烏養繋心)江川央生(黒尾鉄朗)中村悠一 (孤爪研磨)梶裕貴 (木兎光太郎)木村良平 (赤葦京治)逢坂良太 (大将優)興津和幸 (宮侑)宮野真守 (星海光来)花江夏樹 (佐久早聖臣)鳥海浩輔 (古森元也)上村祐翔 ほか

ハイキュー!! TO THE TOP スタッフ

原作古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中) 監督佐藤雅子 キャラクターデザイン岸田隆宏 総作画監督小林祐音楽オープニングテーマBURNOUT SYNDROMES 「PHOENIX」 エンディングテーマCHiCO with HoneyWorks 「決戦スピリット」 音楽林ゆうき、橘麻美

ハイキュー4期 アニメ動画4話視聴者評価ネタバレ

主人公の日向と影山がいない烏野高校排球部の成長と、全日本ユースに呼ばれた日向のさらなる成長が楽しみです。

強化合宿に呼ばれてないのに強引に押し掛けているにもかかわらずなぜか「ポジション・ボール拾い」として合宿に参加することになった日向がボール拾いをやっている中でも何かに気づき成長していくというところまで進んでいます。

普通は押し掛けた強化合宿に参加することはできないものですし、ボール拾いというポジションはないのですが、その設定自体が笑えます。

すごいのはそんな中でも何かを感じて自分の成長につなげてしまう日向の前向きな心とバレーボール、あえて排球と表現しますがその排球への愛を強く感じてしまいます。

一方で、主人公とエースがいない烏野高校排球部は「春高」と呼ばれる全国大会への準備を進めるべく練習します。

それぞれがお互いの存在がない中での発見があり、それぞれがまた一つ成長していく期待感がスポーツアニメの醍醐味であり王道のストーリーになっていると思います。

そして烏野高校排球部と日向と影山が合宿から戻ってきた時に、この排球部はどんな化学反応を見せてくれるのかがさらなる楽しみを生み出してくれると思います。

これまでは影山という力があったために日向の才能を最大まで引き出すことができていましたが、影山がいない場合その才能は失われてしまいます。

そんな時に影山は全日本ユース強化合宿に召集され月島も宮城県1年生選抜強化合宿に呼ばれたために同じ一年である日向も焦りを感じ無理やり強化合宿にボール拾いとして参加しますが、4話以降では基礎をしっかり学ぶのではないかと予想します。

日向は影山抜きではほとんど何もできないので少しでも基礎能力を高めチームのために役に立ってほしいです。あと影山のいない日向に魅力を全く感じないといった鷲上先生も少しづつ認めていき練習に参加させ始めるのではないかと予想します。

全日本ユースに参加している影山の情報も少しほしいと思いました。様々な強豪校から選ばれた人間しか参加できない場所なので少しでも敵チームの情報や選手のくせなどを見つけてきてほしいと思いました。

この4話でも日向、月島、影山はさらに強くなることが予想されます。そして烏野高校の他の選手たちも新たな練習を始めたのでさらに強くなり全国大会で一つでも多く勝ってほしいと考えています。

影山や月島が合宿に呼ばれたのに自分が呼ばれなかった日向が、自分から乗り込んでいったどうやって成長するのかというところで前回終わっていました。最初からレギュラーとして活躍していた日向が、初めて試合に出させてもらえず、ボール拾いやドリンク作りの雑用をする中で、どんなアクションをしていくのか注目しています。

2話では、ボール拾いをしながら練習してる人たちを集中して見つめる日向の様子が映ってました。集中している時に見せるあの瞳で練習を見ているのが意味深で、これからどうやって進化していくのか楽しみです。

合宿に呼ばれた月島たちVS白鳥沢メンバーの練習試合もあり、月島のクレバーなプレイ、冷静な状況判断、進化したブロックなどがどうなっていくかも楽しみです。

今までバレーに対して熱くなかった月島が、3期の熱いプレー(対白鳥沢のブロック)で目覚めてからの練習は初めて描かれるので、どんな技術を手に入れるのかも注目です。

一方烏野バレー部は、スタメンの日向・影山・月島がいない中で練習試合があります。

山口や縁下、あまりクローズアップされてない木下・成田の活躍があるのかというのも楽しみです。3年セッターの菅原がどうやってチームを回していくか見られるはずなので、これが一番の楽しみです。

いよいよ、烏野高校1年から3年までのフルメンバーでの最後の戦いの場となる、春高バレーが始まります。

今迄の県大会でも強豪だった青葉城西、白鳥沢などを倒しまさになりに乗っているチームこそが、この烏野高校になっているのではないでしょうか?そんななか、春高バレー直前に全日本ユースと宮城県の強化合宿に選ばれた、影山と月島に負けじと強化合宿に強行突破した日向…相変わらずの猪突猛進ぶりではあるも、これからどんな合宿になっていくのかが見ものになっていきます。

また、全日本ユースでは、宮城県だけじゃない全国で名の知れた数々の名選手が揃います。アニメ内でも、名前しか明かされていなかったもの、まだ見ぬ人物…いったい大会はどんな幕開けになっていくのでしょうか。

勝っても負けても、このフルメンバーと全員で一丸となって戦うことが出来るのは今しかない。

高校生活の短い3年間がぎゅっと詰まった大会になること間違いないでしょう。部活動を通して日向達、烏野高校は何を得て、どこまで登り詰めることが出来るのか…また、全日本ユースと春高バレーを通して日向はどう活躍していくのかがとても気になります。早くこの目で、チームのメンバーの活躍を見たいです。

ハイキュー4期 アニメ動画5話視聴者予想

影山くんが日本代表のユースに選ばれたり、月島くんが宮城県1年生を集めた強化合宿に参加したりと焦る日向の描写がリアルです。

強化合宿に押しかけた日向でしたが、相手にされずボール拾いとしてなら参加していいことになりボール拾いに勤しむが練習がしたくてたまらない感じも切なくていつもの日向とはちょっと違う感じでした。

そんな中でもコーチから「ボール拾い」舐めるなと言われたりして顔つきが変わった日向。ボール拾いとして何を学ぶのか見どころです。

そして、なんと言っても春高への出場が決まった烏野高校がどう試合をしていくのかどこまで勝ち進めるのかも気になるところです。

何より、今回は私が大好きな月島くんの表情がとても豊かで見ていて飽きないです。クールで、近寄り難い印象だった月島くんが日向たちを怒鳴ったり、追い打ちをかけるように煽ったりと高校1年生らしい感じが現れていてとても嬉しいです。

日本代表ユースに行った影山くんが今後どうなるのかも楽しみです。
どんな練習をして何を学び、そして烏野高校排球部に何を持って帰ってこれるのか、日向と影山の最強コンビは更に強くなれるのかそんな所が見どころなんじゃないでしょうか。
今後の展開に楽しみです

待望のハイキュー4期「ハイキュー!!TO THE TOP」がスタートしました。

今期は全国大会まで描かれるはずなのでとても楽しみにしています。

日向は疑似ユースの強化合宿に選ばれた月野に呼ばれてもいないのについていく無謀ぶりですが、すでに一話から先が気になる展開になってるのはうれしいです。

タケちゃん先生にも「一生懸命と無鉄砲は違う」と先生に怒られていましたが、無鉄砲さとひたむきさが日向のいいところでもあると思います。

ボール拾いならと合宿参加を許してくれた鷲匠監督ですが、身長の高い選手にしか興味がないようで、もちろん日向は論外。“価値がない”とバッサリ切られていましたし合宿でどれほどの頑張りをみせても何も変わらないと話していました。

今のところ日向には何一つ期待していないようですし、今後も何も見込めなさそうなのですが、監督の心の中で何か起こってほしいと願わずにはいられません。

日向のメンタルも相当なものだと思いますが、すでに日向の存在を知っている面々から「なんで烏野の10番が球拾いしてるんだ」と囁かれ、白鳥沢の牛若に「何やってる」とまで言われてしまうという屈辱的なシーンは見ていてつらすぎます。

強豪選手たちの強さの理由が知りたくて、自分も強くなりたいという一途な思いで押しかけた日向ですが、強い選手のプレーを間近で見ることはできても、球拾いしか許されていない日向にとってこの合宿はつらいものになりそうです。

でもこの経験がきっと報われる日が来て、私たちを感動させてくれるはずなので今は全力で日向を見守りたいと思います。

影山も全日本ユースの強化合宿に選ばれ、こちらの様子もこれから見られると思います。
4期分の原作は読んでいないのですが、スポーツものの勝敗がわかっていては面白くないのでこのまま読まずにアニメを楽しみたいと思います。

ハイキュー4期 アニメ視聴者の声

第4話の題名は『視点』ということもあり、主人公の日向の視点から見る、周りを取り囲む強豪校の選手たち、牛島たちをはじめとする常波高校の面々がどういう風に描かれるのかという点に期待しています

。牛島を演じる竹内良太さんも本当にいい声ですし、ハイキュー!!は声優さんが皆、人気の高い方々、豪華な面々が揃っているので彼らがいっぱい喋って動くところを見られるのが毎回とても楽しみです。

主人公が常にコートの中心に立ってボールを追いかけるだけではない、こういうボール拾いだったり、様々な挫折や葛藤、試行錯誤をしているそういう日陰の努力にもきちんと焦点を当てて、丁寧に描写してくれる。そういうある意味リアルで実写的な視点を入れてくれるところがこのアニメの人気の理由なのではないかなと思っています。

他のサポートメンバーたちと早々に打ち解けて仲良くやっている日向の姿を見ていると流石という感じですね。人それぞれ当然好みはあると思いますけれど、やっぱり主人公はこういう明るくて元気で猪突猛進、ちょっとおバカなくらいが視聴者としても応援したくなりますし見ていて気持ちいいです。

武ちゃん、烏養さんたちコーチ陣をはじめ周りの烏野メンバーたちも色々と説教してくれたり支えてくれたりと、どのキャラも魅力的に映ります。古臭過ぎず、でも古き良きスポ根って感じでいいですね。。

まとめ

わたしは毎週ハイキュー‼︎をジャンプで読んでいるため、今回放送されるハイキュー‼︎のアニメの内容は知っていますが、前シリーズのアニメをみていたので、やっと物語が全国に向くということが楽しみです。一度漫画で読んだ内容をアニメで見返すことができるので、カラーでより高度な動き付きでみれるというのも楽しみです。

ハイキュー‼︎は全国に行くととにかく高校数が多く、影山も日向も注目を集めているからこそライバル視する人も多いため、漫画だと一校一校との試合が何話にも渡ってあり、内容をしっかり頭に入れることが難しかったので、そういう復習みたいな視点からハイキュー‼︎を見返すことができるところも楽しみな点です。

また、今回は特に全国クラスで戦うので、強敵ばかりでその敵に勝つために烏野のチームワークがどんどん増していき、青春を謳歌している印象があったのでそれを音声付きで見れるのはより余韻に浸ることができて嬉しいです。

もう始まったばかりなのに春高のラストや今の烏野のメンバーが引退、進級してしまうのが辛くなってしまいますが、今期のアニメが大地さんを主将とする烏野バレー部の最後のバレーだと思うので、大地さんが一番好きな身からしたら、そういう3年生の大事さも噛み締めながらみたいと思います。

下記にてハイキュー!! 4期 アニメ/動画/7話6話5話4話アニポ、anitube、kissanime、b9、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunなどでは見れないです

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

ハイキュー!! 4期 アニメ/動画/4話