スポーツ

バレー女子Vリーグ/2020/見逃し配信/女子セミファイナル/再放送1月25日

バレー女子Vリーグ/2020/見逃し配信/女子セミファイナル/再放送1月25日

 

2020年1月25日12時からBSプレミアムで『Vリーグ 女子セミファイナル』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

Vリーグ 女子セミファイナル
 

Vリーグ 女子セミファイナル /番組内容

 

東京オリンピックイヤーのバレーボールチャンピオンが決まる!勝ち上がったチームがファイナルへ。カギを握るのは、オリンピックで活躍が期待される日本代表たち!

番組内容
第1試合「デンソーエアリービーズ」対「岡山シーガルズ」第2試合「JTマーヴェラス」対「埼玉上尾ディックス」

解説
第1試合…杉山明美,第2試合…大林素子,

アナウンサー
第1試合…西川順一,第2試合…松野靖彦 ~代々木第1体育館から中継~ 

 

Vリーグ 女子セミファイナル 出演者

 

解説
第1試合…杉山明美,第2試合…大林素子,

アナウンサー
第1試合…西川順一,第2試合…松野靖彦

 

バレー女子Vリーグ 2020見逃し配信/女子セミファイナル/再放送1月25日みどころ

 

今のバレーボール、火の鳥ジャパンだったか。

このオリンピックイヤーの中で日本は何処まで高みに行けるのだろうか。

日本のバレーボールは技術としても高いものがあるし、前の東京オリンピックではバレーボール女子代表は東洋の魔女と呼ばれて金メダルを取り、世界でその名前を知らぬ者はいなかった。

それから後も日本は強かったが、それと同じく周りの国も強くなっていった。それからというもの平成に入ってから、他のレベルの高い国に押されて、中々メダルを取れず表彰台にも上がれないのが続いていた。

私としては是非とも日本に優勝して欲しい。

前の東京オリンピックみたいに伝説の序章を見てみたいのだ。

今回のメンバーは充分世界が狙える強豪だ。中田監督には頑張って戴きたいし、なによりも会場やテレビ前の皆に優勝をプレゼントして欲しい。

熾烈さを極めた戦いになるかも知れないが、私は日本代表チームが爪痕を残してくれる事を期待している。周りの強豪国さえも目ではない。

そしてオリンピックで一番綺麗な色のメダルを表彰台で見せてくれるのを楽しみにしながら、今回の試合を全力で応援したいと思います。

高みへ向かって羽ばたいて下さい。これからもチームを応援していきたいと思います。

 

バレー女子Vリーグ 2020見逃し配信/ファンの声

 

最近またバレーボール人気が加熱していますね。
日本はバレーボールが強くて、世界の強豪と対等に戦えるので試合中継を見ていてとても楽しいものです。
しかも「圧倒的に強い」というわけではなく、強豪国と比べて「ちょっとだけ弱い」ポジションなので、毎試合手に汗握る感覚を味わうことができます。
特に最後のセットで「あと一点」というときのラリーはハラハラドキドキ、もうたまりません。
分単位(時には秒単位)でこんなにドキドキするスポーツ、他にはなかなかないのではないでしょうか?

そんな日本代表を含む選手たちがリーグ優勝をかけて死闘を繰り広げるVリーグはたまりませんね。
トーナメントではなくリーグ戦なので、何度も試合を楽しむことができます。

その日の調子や運ではなくじっくりかけて戦うわけですから、シーズン後半になるとその年に一番強いチームがしっかりとわかりますね。

そして今年はいよいよ東京オリンピックが開催される年です。

ずっと「まだまだ先だ」なんて思っていましたが、あっという間でした。

どの選手がオリンピック代表に選ばれるのだろう?なんて勝手に想像しながら試合を楽しむのもオツなものです。

オリンピック開催までじっくりと楽しみたいと思います。

今週の土日に行われる女子バレーボールのVリーグが、とても楽しみです。

バレーボールファンにとって、見逃せない試合ですよね。

なんと言っても、これでバレーボールのチャンピオンがきまるわけですから。

優勝のカギを握っているのは、もちろん、今年の東京オリンピックで活躍が期待されている日本代表のメンバーたちです。

でも、ほかにも頑張っている選手たちがたくさんいます。

どんな戦いが繰り広げられるのか、ワクワクしています。わたしが応援しているチームは「埼玉上尾メディックス」です。

このチームのエースであるクロアチア出身の「シュシュ二ャル・カタリナ」選手は、在籍2シーズン目の実力派です。

ポジションはオポジットです。

ぜひ194センチの長身を活かして、頑張って欲しいです。

活躍を期待しています。

もう1人、わたしが注目しているのは、フィリピン出身のミドルブロッカー「サンティアゴ・アライ・ジャダフニ」選手です。

彼女も身長が195センチあり存在感抜群ですが、笑顔がかわいらしくてファンになってしまいました。

対する「JTマーヴェラス」のエース「ドルーズ・アンドレア」選手も侮れません。アメリカ合衆国出身で、今季新加入のオポジットです。どの選手も頑張って下さい。

 

まとめ

 

注目しているチームはデンソーで、日本代表に選ばれたことがある選手が、大竹里歩選手、田代佳奈美選手、井上琴絵選手、奥村麻衣選手、鍋谷友理枝選手と5人もいるチームなのでよっぽどのことがない限りは負けるのが想像できない感じだなと思っています。

セッターの田代選手は安定したトスを上げるイメージで、上手く選手を打ち分けさせていってくれそうだし、守備の面でもよく拾うイメージがあります。

ミドルブロッカーの大竹選手と奥村選手はブロックもうまく速攻ができるイメージでとにかく速い攻撃が見れそうだと思っているので楽しみです。

そして一番楽しみな選手は鍋谷選手で、サーブが良く代表ではリリーフサーバーとして使われるぐらいのサーブを持っていて、サーブの出来不出来でゲームの内容が左右されることがあると思うし、守備の面でも積極的に守備が出来る選手だと思うし、攻撃面でも普通に前線で打つのもうまいですが、跳躍力を生かしてのバックアタックも出来るので、たくさんの攻撃のバリエーションを見れるのも楽しみです。

そしてなにより鍋谷選手得点を取ると盛り上がるイメージなのが良いと思っています。

守備の面ではリベロの井上選手が代表に出ていた時張りにボールを上げて行くと思うのでかなり鉄壁で、かなりの粘りが見れるのが楽しみです。

 
。今年はオリンピックイヤーの年であり、オリンピックに参加する日本代表のメンバーも出場されます。

当然にこのVリーグでは日本代表のメンバーもお互いに敵同士で戦うことになりますが、オリンピックに向けた調整の側面もあるのではないかと思います。もっともVリーグで強いチームには久光製薬スプリングスであり、2連覇中であり、今回も優勝に近い存在のチームです。

今回も頂点に立てるかについては解らないのが本当のところで、強いチームだとマークも厳しくなるのは当然かもしれません。ただ日本代表を率いるキャプテンの岩坂名奈選手、新鍋理沙選手・石井優希選手の活躍も期待されます。

他にもイタリアリーグより長岡望結選手が復活するとのことなので、最後まで目を離すことができないのも事実です。またトヨタ車体クインシーズも日本代表のミドルブロッカー荒木絵里香選手がおり、優勝候補の一角として名前があります。

さらにはアウトサイドヒッターの内瀬戸真美選手も見逃すことができず、上背もそれほどないながらもスパイクを決める強さがあるので、活躍が光りそうな気もします。

視聴者の注目すべきは、オリンピックに尽きますので、オリンピックで戦えるかを厳しく見る方も多いのではないでしょうか。

東洋の魔女という実績もありますので、プレッシャーを感じずに自分の力を発揮できるように頑張って欲しいと思います。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

Vリーグ 女子セミファイナル