未分類

麒麟が来る 3話(動画)3話配信/再放送2月2日見逃し配信無料視聴/ NHK大河ドラマ2020年

麒麟が来る 3話動画3話配信再放送2月2日見逃し配信無料視聴/ NHK大河ドラマ2020年

 

2020年2月2日20時からNHK総合で『キリンがくる3話の動画(3)「美濃の国」』が放送されます

 

麒麟が来る 3話動画
NHK公式で

下記で

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

麒麟が来る3話動画)川口春奈/無料視聴フル
 

麒麟がくる(動画配信)3話/川口春奈/無料視聴フル大河ドラマ/無料視聴 /番組内容

 

加納口の戦いから半年後、帰蝶(川口春奈)は光秀(長谷川博己)の故郷明智の荘へ向かう。その胸には戦のあと、父道三(本木雅弘)に毒殺された夫頼純への悲しみがあった。

番組内容
加納口の戦いから半年後、帰蝶(川口春奈)は光秀(長谷川博己)の故郷・明智の荘のもとに戻った光秀に会いに、馬を走らせる。その胸には戦のあと、織田方に通じたことを父道三に見破られ、毒殺された夫頼純(矢野聖人)への深い悲しみがあったのだ…

 

麒麟がくる キャスト

 

長谷川博己,本木雅弘,門脇麦,岡村隆史,石川さゆり,尾美としのり,川口春奈,伊藤英明,南果歩,片岡愛之助,高橋克典,

語り
市川海老蔵

 

麒麟がくる(動画配信)3話/ストーリー性

 
今回は斎藤道三と織田信秀との戦いで、激しい戦闘シーンが多く、見応えがありました。
織田軍の方が兵士の数が圧倒的に多く、多勢に無勢で、斎藤道三側が負けるかと思いきや、結果は斎藤軍の勝利でした。

あまり歴史に詳しくはありませんが、斎藤道三は、『まむし』と言われるだけあって、やはり負けないのだなぁ、と思いました。

自分の娘婿をなんら躊躇もなく毒殺するあたりは、戦国時代の厳しさを感じました。
このドラマを観ながら、毎週歴史の勉強もできそうです。

大河ドラマというと真面目で小難しいイメージがありましたが、この麒麟がくるは、いい意味でマンガのようで、若い人にも見やすく、毎回楽しく観れそうです。

長谷川博己さんは相変わらずかっこいいですが、斎藤道三役の本木雅弘さんや、織田信秀役の高橋克典さんもやはりかっこよく、目の保養になります。

これから光秀が人として、武将として、どのように成長していくのか、また、どうやって光秀が今は敵である織田家の家臣になっていくのか、今後の展開も楽しみにしています。

麒麟がくる(動画配信)3話/感想

 

斎藤道山の怖さが、伝わる回でした。

戦の戦い方や毒殺シーンを観て道山は、物静かなフインキですが、冷酷な一面もあるんだなと思いました。

帰蝶の夫を毒殺したシーンは、道山が、静かに毒入りのお茶をたてていてサスペンスドラマみたいでした。

帰蝶の夫でも容赦なく毒殺してしまう道山なので光秀も主君としてどう付き合ってくのか知りたくなりました。

道山の事を嫌っていた光秀が、今後に織田信長を主君とする事になるまでにどんないきさつが、あるのか今後の展開が、楽しみになりました。

戦のシーンでは、織田軍が、圧倒的な戦力で勝てそうだと思ったら道山の策略で負けてしまい道山を敵にすると怖いなと感じました。

この当時の戦が、相手との直接対決のような戦い方で光秀が、戦うたびに観ていてドキドキしました。

籠城作戦にでた道山に翻弄される光秀や家臣達もかわいそうでした。

光秀は、旅の資金を戦で返せと言われて戦わせられたり籠城するから戻ってこいと言われたり道山に翻弄されていますね。

帰蝶は、斎藤家の娘として立派に行動していると思いました。
光秀は、戦で相手を傷つけることに抵抗を感じていて望月は、そんな光秀の感情を嬉しく感じていると思いました。
光秀の道山への反抗心が、面白いです。

 
長谷川博己さんの演技はやはり素晴らしいです。敵との戦いで刀を扱うシーンに関してはキレもあり、立ち回りもとても上手ですごくカッコ良かったです。

この作品のために当時を再現し作り込まれたセットもすごくいいです。

この二つが互いに合っていて大河ドラマの魅力を最大限に活かしてあると思います。戦のシーンも迫力があってすごい魅力的です。
キャストがとても豪華ので見応えのある大河ドラマだと思います。

明智光秀という人は、とても人として魅力的な人なのかなと感じました。長谷川博己さんが演じているからかも知れませんが、人情味のあふれるとても温かい人なのかなと感じました。本当に裏切り者だったのか不思議に思えてなりません。

ますます、明智光秀という人が気になり知りたいなと思いました。戦国の時代は食うか食われるかの世界なので明智光秀がどのように心変わりしていくのかも今後も目が離せないと思いました。

今回の大河ドラマは英雄を大河にしている訳ではなく、主君に対する裏切りや謀反を起こしたものとして嫌われている明智光秀を主人公としています。

この大河ドラマは、歴代の大河よりも反響が大きくなるのではないかと思います。

「いだてん」を見て以来NHKのドラマは久しく見ていなかったですが、この「麒麟がくる」は時間と手間がかけられた素晴らしい作品に仕上がっていて予想外に楽しめた。に色鮮やかな映像や街行く人々や武士の華やかさには魅了されるものがある。

今回のメインディッシュはやはり戦のシーンで尾張と美濃の両軍の気概のある迫力と戦いの連続は素晴らしいの一言。相当な規模の予算と手間暇がかかっていることが素人目にも想像できて、それに比例するように圧倒的な迫力と合戦の醍醐味に目を奪われた。

市街地を舞台にした戦いのリアリティ度の高さを見ると「実際の戦いもこんな感じだったのかな」と納得させてくれるような感慨に浸れます。

多勢に無勢で二万人の織田軍に対して焦ることなく光秀らを説得し、明晰な知性で策略を考える斎藤道三の貫禄は見事。敵を欺くために酒を飲んでいるふりをする戦略も素晴らしいし、娘婿の土岐頼純を問い詰めるシーンは見ごたえたっぷり。

相手との駆け引きを表情と言葉でじっくりと体現し、ゆったりとした緊張感と斎藤道三の冷酷さが表れていて、結末を知っていても新しい驚きに満ち溢れていました。主役の長谷川さんも頑張っていますが、物語に重厚感と格調高さを加える本木雅弘さんの存在感には感服です。

麒麟がくる(動画配信)3話/ネタバレ

 

麒麟がくるの前話の感想を綴ろうと思います。

まず序盤ですが、旅費の見返りに尾張織田との戦いで侍大将の首2つを要求する斉藤道三のやり口に驚かされました。急な要求に戸惑う十兵衛光秀でしたが、苦しい局面に立たされながらも侍大将の首二つをとる十兵衛光秀の才はみごとでした。

首大将と連呼し戦いながらも侍大将を探す十兵衛光秀の姿は戦いの緊張感の中にもコミカルな部分がありシリアスな笑いを生み出す面白いものでした。また、戦いの描写が色々な技術を駆使して撮影されているようで、かつての大河よりもリアリティーがあり臨場感がありました。

今回の斉藤道三の戦いの手法や織田信秀の隙を見せたところによる敗北への流れ、十兵衛光秀自身のの戦いの描写や戦後の首を取ろうとしたときの迷いについての描写も深く描かれていて感慨深く良かった部分ではあったのですが、何といっても前話の見所は斉藤道三が娘婿の土岐頼純を毒殺するシーンに衝撃を受けました。

斉藤道三役の本木雅弘さんは伊右衛門のお茶のCMに出演される方なのでその方が抹茶に毒を盛り毒殺するなんて…と今後のCM起用にも影響が出てしまうのではとあらぬ心配をしてしまいました。

しかもそのシーンは史実を忠実に再現していたとのこと。

史実の少ない明智光秀の周りの話でここまで史実を忠実に再現している所に今作の意気込みを感じました。

3話も楽しみです。

 

まとめ

 

今日は斎藤道三のわなという内容で、とにかく最後に頼純を毒殺するときの道三の表情、オーラに息を飲みました。織田勢をそそのかし戦に勝つという内容でしたが、人間模様の描き方がさすがだと感じました。

その戦の中で、十兵衛は借金返済の為、敵の侍大将を探し追い詰めました。しかし、その侍大将の顔を見ると、おじの光安にそっくりで、一瞬ひるんでしまいます。ですが、相手をやらなければ自分がやされてしまうと思い、それが武士の定めと大将を打ちます。
人数の少ない美濃勢でしたが、酒を飲んでいると見せかけて織田軍を安心させ一気に押し寄せた事で、織田軍は大きな痛手を負いながら引き上げました。その戦模様はなかなかの迫力で目を見張るものがありました。
一方、望月東庵と駒は城内で負傷者たちの手当てに忙しく動き回っており、そんな中で十兵衛は東庵に、敵の侍大将が光安に似ていて躊躇した事、一瞬のひるみが命とりになってしまう事も戦で学んだと話していました。

道三が頼純に織田と繋がっていた証拠を見せ、茶と見せかけ毒をもり殺すところで終わっていましたが、とても緊迫感が溢れる演技力でみいってしまいました。次回はどのような展開になるのか楽しみです。

 
麒麟が来る大河/動画/3話大河ドラマ/無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

麒麟が来る大河/動画/3話大河ドラマ/無料視聴