ドラマ

ケイジとケンジ 5話/動画 5話4話/東出昌大/ドラマ/2月6日アベマU-NEXT/ /無料視聴まとめ

ケイジとケンジ 5話動画 5話4話/東出昌大/ドラマ/2月6日アベマU-NEXT/ /無料視聴まとめ

 

テレビ朝日で『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ケイジとケンジ/ドラマ/動画/5話4話
 

ケイジとケンジ 第5話4話番組内容

 

◇出演者

仲井戸豪太…桐谷健太 真島修平…東出昌大 仲井戸みなみ…比嘉愛未 目黒元気…磯村勇斗 毛利ひかる…今田美桜 森岡奈緒子…奥山かずさ 多胡永吉…矢柴俊博 桂二郎…菅原大吉 宮沢かほり…奥貫薫 樫村武男…柳葉敏郎 大貫誠一郎…風間杜夫
ゲスト
太郎丸直樹…大東駿介 石田貴理子…阿部純子 ほか

桐谷健太×東出昌大”W主演!学歴も身分も収入も資格も捜査方針もまったく違う決して交わらない“二人の男”が挑むコミカルかつニュータイプの事件解決バディ・ドラマ!.

◇番組内容

被害者は豪太(桐谷健太)の妹・みなみ(比嘉愛未)の元同棲相手…!?刑事の豪太と検事の修平(東出昌大)は、みなみの元カレ・太郎丸(大東駿介)の原動機付自転車が燃やされた事件を担当。犯人は、みなみの次に付き合っていた元カノ・貴理子(阿部純子)だと判明する。ところが、器物損壊罪か放火罪かー起訴罪名を見極める聴取が行われる中、太郎丸がもっと重い罪の可能性をはらむ“貴理子の知られざる一面”を語りだし…!

 

ケイジとケンジ キャスト

 

◇出演者

仲井戸豪太…桐谷健太 真島修平…東出昌大 仲井戸みなみ…比嘉愛未 目黒元気…磯村勇斗 毛利ひかる…今田美桜 森岡奈緒子…奥山かずさ 多胡永吉…矢柴俊博 桂二郎…菅原大吉 宮沢かほり…奥貫薫 樫村武男…柳葉敏郎 大貫誠一郎…風間杜夫
ゲスト
太郎丸直樹…大東駿介 石田貴理子…阿部純子 ほか

 

ケイジとケンジ5話4話/動画/感想

 
東出昌大さんの魅力はイケメンなのにあどけなさの残る可愛さというか、ほおってはおけない感じだと思います。

今回の主演ドラマにはその感じがよく出ています。

ドラマの中の東出昌大さんは超エリートなのになぜか好きな女性に相手にされないといった残念さが何ともたまらなくかわいいです。

高身長のエリート検事ならどんな女性も簡単に落とせそうなのに、それが出来ないダメっぷりみたいなのが東出昌大さんにしかできない役だなと思います。

そんなダメ男な一面もいいところなんですが、検事の仕事で論理的にしゃべるシーンなども魅力が感じられます。

知的で正統派な感じも東出昌大さんの魅力の一つだと思うので、エリート検事役はかなりハマり役です。

今回のドラマは主演の検事役が東出昌大さんでなければ、もう少し冷たい印象の検事になったんじゃないかと思います。

彼だからエリートだけどどこか親しみのわくような優しさを感じられる検事に仕上がったのだと思います。

東出昌大さんは優しいおおらかな雰囲気を出せる俳優さんで、それも彼の魅力の一つだと考えています。

笑顔はかわいらしくあどけなさが残るのに、真面目な顔はエリート感が出ていてさすがだなとも思います。

このドラマには東出昌大さんの魅力が詰まっています。

東出昌大と言えば、日本を代表する若手俳優の1人と言っていいのではないでしょうか? 映画『桐島、部活やめるってよ』への出演が俳優としてのデビュー作品となりましたが、原作の小説から話題になっていた作品だけに、恵まれた作品からスタートできたと思います。

その後、2013年にはNHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』『ごちそうさん』と2期連続で出演しており、特に『ごちそうさん』では杏さんが演じたヒロイン卯野め以子の夫である西門悠太郎役を演じたことで、一躍知名度を上げることになりましたね。
このドラマは大阪が舞台ということもあり、東出昌大さんは慣れない大阪弁での演技を熱心に演じており、この部分が関西地域の視聴者からも好感を持って受け止められたと思います。

また共演した杏さんとは後にプライベートでも結婚して話題になりましたね。

そんな東出昌大さんが今回、テレビ朝日系列で放送されるテレビドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』で演じるのはプライドが高い、エリート検事の真島修平という人物です。

ただし、正義感はとても強く、起訴することが一番の社会正義と信じている頑固な面もあるキャラクター。東出昌大さんが演じるのを一番得意とするキャラクター設定ですので、はまり役だと思います。

 

ケイジとケンジ/動画/5話4話ネタバレ

 
東出さんが出ているケイジとケンジですが、東出さんは検事の方の役をやっています。

当初刑事が二人で、ケイジとケンジという名前だと思ったのですが、そういうことではありませんでした。

このテレビドラマは、テレビドラマとして見ていく上で熱い演技力を持っている2人が主演していると言うこともあるのでとても見ていけるドラマですし、空いた時間で少し見ていこうと言うような気持ちで見ておいてもすっきりとしながら見ていけると言うことがあるかもしれません。

検事としてはクールな役柄を演じているという感じでなかなか好印象を持ちながら見ていける役柄なのではないかと思いました。今後このドラマがどうなっていくのかと言う事ですが、全体的に今まで見ていて今後は大きな展開を迎えないのではないかと言うような感じのドラマだと思いました。基本的に1話完結のドラマはそこまで衝撃的な最期を迎えるドラマと言うものはないと思いますし今までのドラマのパターンからして最後大きな結末を迎えてしまうと言う事はないと思います。

そこまで大きな展開を迎えてしまうようなラストを迎えると言う事はないと思いますので、今後はそこまで心配することなく見ておいて良いドラマだと思います。
最近はスキャンダルなど、出てしまっているのでドラマに影響していかないか心配しています。

 
桐谷健太さんと言えば三太郎CMのうらちゃんこと浦島太郎のような面白い三枚目キャラから仁の様に真面目なお医者さんなりちょっと変わったイメージ、変わったキャラばかりやっている印象があります。

なので今回のドラマで熱血刑事をやるとは思いませんでしたね。何て言うんでしょうか、ギャグっぽいイメージがあるので以外でした。

けど役作りには定評があるようで三太郎のCMでは沖縄の楽器三線を弾いていましたが、三線を教えた先生が弟子にしたいと言うほど見事なものだったそうです。

才能がなせる業なのかも知れませんが実際に本人が弾いて歌うのって凄いですよね。歌の才能もある桐谷さんは結構明るい性格のまま面白いイメージそのままだったのがビックリしましたね。

ニュース番組などでコメントや番宣があったりするときに番組企画で何かしらミニゲームをやるときもノリノリでなさるんですよね。他の俳優さんとかはあまり乗り気ではなかったり、嫌そうに
反応するんですよね。

だからでしょうか、番組のスタッフさんにも愛されてるんだなぁと改めて思いました。これからも素敵でエネルギッシュで熱血な桐谷健太さんの演技をドラマや映画などテレビ画面で是非ずっと見ていたいです。

ケイジとケンジ/動画/5話4話視聴者の意見

 

桐谷健太さんの魅力は「柔軟性」です。

柔軟性といっても身体のではありません。表情の柔軟性です。爽やかさからくるイケメンな表情もあれば、野性味あるような力強い表情、大らかな笑顔から出る優しい表情。

この柔から剛にわたる表情こそが役者・桐谷健太の魅力だと思います。この柔軟性ある表情の使い分けができるからこそ、北野武さんが監督する「アウトレイジ」といった極道ものもできれば、「ルーキーズ」での平塚やauのCMでの浦島太郎といった優しさあるコメディチックな役も出きるのだと思います。

そしてその柔軟性ある表情の中でも桐谷健太が特に味を出すのが「暑苦しい」表情です。熱血漢といってもいいでしょう。「

暑苦しさ」を演じることについては日本の役者の中でも飛びぬけています。今回連ドラ初主演となる「ケイジとケンジ」ではその暑苦しさを前面に出しており、いい味をだしています。

このドラマはHEROなどを書いた脚本家の福田靖さんのオリジナルストーリーで、諸般の事情で少しケチがついた部分はあるかもしれませんが、面白いドラマになること間違いありません。

さらに役者という面以外にも、歌唱力も抜群。

「海の声」が大ヒットしたのは言わずもがなです。その特徴ある声で多くの人を魅了します。

以前、歌手に取り組むのを勧めたのは嵐の松本潤さんだというエピソードも披露していました。

役者に歌手、ナレーションなどマルチに活動する桐谷健太はやはり魅力にあふれています。
 

まとめ

 
桐谷健太さんが演じている仲井田豪太は刑事なのに、今よく問題視されているコンプライアンスに緩かったりするので、リアルでは絶対に見ることの出来ない刑事の姿だと思います。
東出昌大演じる真島修平は仲井田とは真逆のエリートで刑事である仲井田の事を駒だと思っているプライドの高いところも2人の対極な性格などが際立っていそうだと思います。
そして、今女優としても、モデルとしても人気の今田美桜さんが出演していることも見どころのひとつだと思います。

今田美桜さんが演じる役は、普段はサバサバした性格だけれども、犯人相手になると強面になるという性格に加え、年配の方に魅力を感じる役のようで若い方には「男の魅力」を感じないという、個性の強めのキャラだと思います。

今までに、刑事と検事が対立、反発などをしながらも時には協力し合うという、普段の日常ではあまり考えられないユニークな世界観のお話だと思います。

サスペンスドラマでありながらも、コメディー要素も含まれているように感じるストーリーです。
そして、ストーリーに加え、それぞれのキャラも個性豊かで、ストーリーだけではなく、一人一人の性格・行動などにも注目して、楽しめると思います。

楽しみがたくさん詰まったドラマだと思います。
 
桐谷健太さんと言えば、端正な顔立ちに凛々しい眉が印象的な俳優さんです。もう40歳近いので決して若くはありませんし、大学生時代の1990年代末から芸能活動をスタートさせていたと言いますから、そのキャリアは20年にも達することになります。ベテラン俳優と言ってもいいでしょう。

映画に初主演したのが2007年の『GROW 愚郎』で、テレビドラマに初主演したのが2013年の『父の花、咲く春〜岐阜・長良川幇間物語〜』ですから、そのキャリアの長さからすると、遅いと言えなくもないかも知れません。

しかし、この間にテレビドラマ『ROOKIES』で重要な役どころを演じるなど、着実に知名度を上げてきたと言えます。また、脇役ながら数多くの映画やテレビドラマの作品に出演し続けてきたことで、役者にとって最も重要な演技力を磨き上げてきたと言えるでしょう。

そんな桐谷健太さんが今回、テレビ朝日系列で放送されるテレビドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』で演じるのは、仲井戸豪太という、元高校の体育教師で警察官に転職したという刑事。熱血漢で一度走り出したら止まらないというキャラクターです。
桐谷健太さんが演じる熱く感情を剥き出しにした演技はとても魅力的ですし、ドラマを大いに盛り上げていますね。
ケイジとケンジ/5話4話動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー)で見ることができない時に

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ケイジとケンジドラマ3話