ドラマ

スカーレット 108話 動画 108話/2月8日/土曜日/(2/8)見逃した方へ無料再放送配信/第18週

スカーレット108話(動画)108話/2月8日/土曜日/(2/8)見逃した方へ無料再放送配信/第18週

スカーレット動画108話/ 2月8日ネタバレや感想と見逃し配信視聴方法につきましては

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ動画108話2月8日
 

スカーレット/動画108話/2月8日youtube/NHK公式あらすじ

 

武志(伊藤健太郎)は喜美子(戸田恵梨香)に内緒で八郎(松下洸平)に会う。しかし武志は八郎と会ったことは伏せて、自ら決めた進路を明かす。一年におよぶ猛勉強の結果…

番組内容
武志(伊藤健太郎)は喜美子(戸田恵梨香)に内緒で八郎(松下洸平)に連絡をとり会う約束をする。当日、武志の言動に違和感を覚えつつ見送る喜美子。大野(マギー)や陽子(財前直見)に相談しても気分は晴れない。喜美子は深夜まで武志を待って問い詰める。だが武志は八郎と会ったことは伏せて、自ら決めた進路を告げる。その日から猛勉強を始める武志。1年後、努力の成果が出て、武志は喜美子に八郎と会った時のことを明かす。


 

スカーレット/108話動画/2月8日 キャスト

 

戸田恵梨香,伊藤健太郎,富田靖子,マギー,財前直見,

 

スカーレット108話動画の2月8日ネタバレ

 

去っていった八郎の気持ち

穴窯が成功してから急に時が進んだと思ったら、その後のことは徐々にそれぞれの立場で語られたり回想があったり、こういう見せ方で、より胸に響く気がしてなるほどなと感心させられてます。

八郎(松下洸平)は穴窯の成功でどうしたのかと思ってたら、作品を見に来て何も言わずいつまでもそこにいた。喜美子(戸田恵梨香)も声をかけることはできなかったんですね。そうでしょうね、こんなときに何が言えるというのか。

夫婦ノートを残していった八郎。「すごいな すごいな すごいな 喜美子」という文字を残して。八郎の涙…。この文字をどんな気持ちで書いたのかを想像すると涙が出てしまいます。

その後は信楽から京都へと。さらに2年が過ぎ、喜美子は八郎が愛媛へ渡ったと知ることに。

個展に八郎が来ていたのを名前をみつけて知った喜美子。

だけどそこにあった名前は川原八郎ではなく、十代田八郎。柴田さんから聞いた1から出直すという八郎の言葉。考えた喜美子は離婚届を送る。

深野先生のように1から出直すんですかね。喜美子が離婚届を送ったと知って、草間さんが奥さんに残した離婚届を思い出しました。相手の新しい生活を始めるきっかけとして、自分との関係を精算できるように…。喜美子は草間さんが離婚届をおいていったことは知らないけど、喜美子も相手を思っての行動なんですよね。

八郎は届いた離婚届をみてどんな気持ちだったのか、考えるとそこでもまた苦しい。好きだけじゃ一緒にいられない2人でしたね。

穴窯の成功をみた八郎は、喜美子から喜美子を信じる力がないと言われていたのも思い出していたんじゃないかなって思いました。

信作も鮫島だって手伝ったけど、八郎は手伝うこともしなかった。

喜美子を信じられなかった自分を悔やんだかもしれないし、これから先一緒にいても、喜美子の才能を信じる自信もないかもしれない自分が邪魔になるとさえ思ったかも。

それに陶芸家としてここまでだと嫉妬もしてしまう可能性だってあるかもしれませんよね。
いくら芸術は喜美子にまかせたと言って違う方向の陶芸をしていくとはいったって。
きっとうちひしがれていたんですよね。

モデルのエピソードのように不倫して出ていってくれたら、ただ八郎を恨んで喜美子を応援していたと思います。こんな形にするとは、深くて辛くて心にこんなにきますね。

武志(伊藤健太郎)も可哀想で涙が出ました。本当にどこまでいいこなのでしょ。

 

108話の動画のみどころ

 
八郎に電話した武志

八郎(松下洸平)に電話して、5年ぶりに聞いた父の声に涙ぐむ武志(伊藤健太郎)。お父さん大好きだったんだもんね。まだまだ親が恋しい盛りの武志が、八郎が帰ってきてくれるのをずっと待っていた話を思うと胸が苦しくなりますよ。

喜美子(戸田恵梨香)に気を使って、あんまり連絡とかしたりもしてこなかったんですよね。お父ちゃんが恋しくても我慢して聞き分けのいいこでいたんだろうな。武志は電話では進路の相談はせずに、八郎と会う約束をとりつけるんですね。

電話だといつお母さんが帰ってくるかも分かりませんもんね。それにそういう話しはやっぱり直接あって話したいでしょ。軽い話じゃないんだし。武志は久しぶりに父親に会えるのを楽しみにしているんだろうな。喜美子には言わないで罪悪感とかばれないようにとヒヤヒヤしたりもあるだろうけど。八郎も成長した息子に会えるのはきっとすごく楽しみで嬉しいに決まってますよね。手紙のやりとりと実際に会って話すのではまるで違うものでしょう。
だけどどんな顔して会えばいいのかとか、喜美子に悪いって複雑な気持ちも八郎なら持ってるかもしれないですね。2人の再会は楽しみです。

迎えた当日、武志は喜美子に何か怪しいと思われてはしまうみたい。武志も嘘をつくのは得意な方ではないみたいですね。

武志は八郎に進路の相談をして、どんなアドバイスをもらうのか。それをうけて武志はどんなこたえをだそうとするのかに注目したい!

 

スカーレット動画108話の2月8日感想

 

お母さんが手紙を出して喜美子に会いに来てやってほしいとお願いしたとかで、お母さんの親心に感動です。喜美子にとっても草間さんとの再会は心強かったはずです。

迷いや葛藤もある中で草間さんのエールは大きく背中を押してもらえたようです。最後に土にヒントがあることも教えてもらいあとは完成を祈るばかり。あのまま忘れて帰られていたら大変なことになったかもしれません。

それにしても長いですね。作陶が成功するストーリーと分かってはいてもこのくだり長いです。最近は穴窯にチャレンジしては失敗を繰り返して、もうこのままでは視聴者にあきられてしまうのではと心配しています。

いよいよ今日こそは毎日期待して見ているのでそろそろ成功してくれないと困りますね。

ハチさんとの別居や借金など多くの犠牲があり、また家族総出で2週間かけての制作ということですから完成したときには喜美子だけでなくみんなも感無量でしょう。

みんなの反対を押し切ってでもあきらめないで本当に良かったと思う場面を早く見たいです。また完成したときハチさんとどう向き合うのかも気になります。

早く伊藤健太郎くんにも登場してほしいので、物語がもう少し進んでくれることを期待しています。

 

八郎が喜美子と別居し始めたことが、なぜか喜美子に対する焼き物の注文の減少につながってしまいました。

どちらかというと噂の内容は「八郎と美津の関係」だったというのにです。

ただ以前、引き出物の小皿の注文をしてくれた橘さんが、注文の仲介をしてくれました。ようやく収入につながります。

それでも内容的には「喜美子が可愛そうだから」という理由。なんともやりきれないですね。

注文が減ったのは噂だけでの判断なのです。喜美子の自転車がパンクしていたのも、あれは「田舎あるある」で、小さな嫌がらせだと思いました。

橘さんから注文を受けるということは「噂を認める」という事につながるかもしれません。

それでも喜美子は穴窯を続けたいのです。穴窯の灰の通り道を研究するためにはお金が必要だからです。

実験には穴窯の火入れが必要で、薪を買うお金がいるのです。

切ない選択肢しか残されていない喜美子。

それでも息子の武志は八郎と会って遊んだり、もう百合子の働く大野家の経営する「喫茶店サニー」では大人に甘えらる様子でしたね。

喜美子にも「八郎の事が大好きだ」と言ってもらって今回は武志の心が救われた気がしました。

ところが、順調に見える生活にまた波乱が。

八郎に京都の窯業研究所へ就職の話が持ち上がっています。

薦めてくれた柴田さんは、八郎の技量を認めてくれて事情も理解してくれている人。

八郎は武志や喜美子と完全に離れてしまうのでしょうか、心配です。

そして喜美子の母が手紙で呼び出してくれたのでしょうか、草間さんが来てくれました。

八郎と喜美子の関係に何か変化を与えるきっかけを作ってくれるのでしょうかね。

助けて、草間さん!ちや子さんに続いての草間さんの投入。

ヒリヒリした雰囲気に良い変化を期待したいです。

 

スカーレット動画108話までの考察

 

スカーレットは喜美子は旦那と別居して自身の作品作りにのめり込みますが、今回の話もなかなか面白かったです。今回の話として何が良かったのかと言うと、息子を今回は喜美子が抱きしめるシーンがあり「開始2分で泣かされる」とネットで反響があったみたいでした。つまり今回は息子を抱きしめるシーンが戸田さんが演技が上手く反響があります。

そしてこれからもこのドラマには注目していけると思いますし、いよいよ来週からは息子も20歳位になりますので息子の役者も別の役者の方が演じるようになります。

今までは子役が演じていましたが息子の薬も来週からは20歳位の役者が演じるようになり大人が演じるようになるわけです。

戸田さんと同い年の三人は老けメイクをして演じなければいけないわけですが、今後どういう展開になるのかと言う事は注目すべき展開になるかどうか見ていけるのではないかと思います。
今回は炎を信じてと言うタイトルでした。
炎を信じてという言葉をその名前の通りだと思いますし、それだけ陶芸に集中していこうと言う決意なのではないかと思います。

これからも見逃せない展開になっていく事は間違いないと思いますし、現在別居中ですが今後旦那とはどうなるのかと言うことにも注目できます。

 

総括

 

ついに7回目の釜焚きが始まって、どうなることだろうかと、とてもハラハラしました。
無事に2週間目を迎えて、何事もなく終わるのかと思いきや、最後の最後で穴釜の煙突から火が噴き出した時はかなり驚きました。

早く火を消さなければと焦るマツを、喜美子が必死に止めた時の表情は、もう何かに取り憑かれたというか、洗脳されているかのような怖さを感じました。

火の中に薪を足していく様子がかなり印象的でした。

だけど、そのおかげで望んでいた色がやっと出たというのはとても嬉しかったです。

ついにこの時が来たのかと、感動しました。

そして、月日が進んで武志が高校二年生になっていてびっくりしました。

武志がものすごく立派な青年になった一方で、マツがもうボケてしまいつつあって、ちょっと笑えました。

いつまでも元気で長生きして喜美子のことを支えてあげてほしいなと思いました。

喜美子は陶芸家として大成功したようで嬉しかったです。

後援会なんかもできているほど、立派な陶芸家になったんだなとびっくりです。

だけど、そばに八郎の姿がなかったことが気がかりです。

もしかしたら、7回目の穴窯をしたことが原因で離婚してしまったんじゃないかなと心配です。

 

下記にて
(無料視聴できます)
↓ ↓

 

スカーレットドラマ108話 動画2月8日