スポーツ

第31回 TVh杯ジャンプ大会/2020年 放送地域にない時 無料視聴で見る方法!高梨沙羅/葛西紀明/2月8日

第31回TVh杯ジャンプ大会/2020年放送地域にない時無料視聴方法高梨沙羅/葛西紀明/2月8日

2020年2月8日16時からテレビ東京で『第31回TVh杯ジャンプ大会 国内トップ決定戦!』が放送されます

 
放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

2020年第31回TVh杯ジャンプ大会/無料視聴
 

第31回TVh杯ジャンプ大会 /番組内容

 

小林陵侑・高梨沙羅に追いつけ追い越せという恐れを知らない若者たち、そして国内最年長ジャンパーである男子レジェンド葛西紀明、女子茂野美咲が百戦錬磨の技を繰り出す!

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 出演者

 

解説
原田雅彦(雪印メグミルクスキー部監督) 山田いずみ(全日本女子チームコーチ)

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 ライブ中継/配信における日本選手

 
ここで「バッケン」とは何かというと、ノルウェー語でジャンプ競技場を意味するのです。

つまり、ジャンプ競技場=シャンツェ=バッケンなのですね。

こうやって、ちょっとだけ理解を深めるとなんとなく楽しくなってくるのではと思います。

さて、今回のTvh杯ジャンプ大会ですが、過去の結果を見ると4年前の優勝者はレジェンド・葛西紀明選手、3年前は伊東大貴選手、2年前は佐藤幸椰選手、そして昨年は佐藤慧一選手となっています。

ただ、今年はこの4人ともワールドカップ遠征のため今回は出場しないのではと思いますので残留組のなかから遠征メンバーをおびやかす選手の登場を期待したいところです。

また、伊東大貴選手、佐藤幸椰選手、佐藤慧一選手はいずれも雪印メグミルク所属の選手で、今回は雪印メグミルク所属選手の4連覇がかかっている大会ですのでこういった視点で競技を見るのも面白いと思います。

2/1、2のワールドカップ札幌大会につづき、2/8に同じ大倉山ジャンプ台でTvh杯ジャンプ大会が行われます。ちょうどさっぽろ雪まつりの最中ですが、大倉山シャンツェは雪まつりのメイン会場である大通公園を望むようにそびえるジャンプ台ですので見たことある人も多いのではないでしょうか?

ところで迫力あるスキーのジャンプ競技ですが、テレビ観戦する際に知っておいた方が良い基本ポイントがいくつかあります。

まずは、ジャンプでは大きくわけで3つに別れていて、その3つとはノーマルヒル、ラージヒル、フライングです。

この3つのうちノーマルヒルとラージヒルがオリンピック種目となっていて、大倉山はラージヒル用のジャンプ台となります。次に解説者の方々がよく使う用語の中で「サッツ」というものがあります。

サッツというのはジャンプ台から踏み切るときの動作を意味していて、そのタイミング、方向、動作のむだのなさなどがジャンプの結果を大きく左右します。

また、着地の際に「テレマーク」という用語もよく使われますね。

テレマーク、テレマーク姿勢というのは着地の時に両手を開いて、しゃがんで、足を前後させる姿勢・ポーズのこと。

このテレマーク姿勢を取れるかどうかも競技の得点に関係してきますのでとっても重要になってきます。

こういった基本的な言葉を理解したうえでテレビ観戦すると面白さが増してくると思います。

楽しみながら観戦しましょう。
 
第31回TVh杯ジャンプ大会の楽しみな点について、伊藤有希選手や高梨沙羅さんが出るので凄く楽しみです。最近はもっと上に強いお二人の海外の方が居ますので、この二人に日本人の宝がメダル獲得へ向けて一生懸命に頑張っていますので、この二人が全力で頑張ってくれるのをいつも見守っています。

男子は小林りょうゆう選手が葛西選手の後釜を継いでだんだん世界の小林となりつつあります。

葛西選手の頑張りがあるからこそ彼も頑張れると思いますので、葛西選手が日本の選手に何を伝えたいか、背中を通して後々の日本人選手に何が伝わるか、そうゆう熱い意志がとても感じられて好きです。彼が日本を成長させたといっても過言ではありません。

葛西選手のお蔭で小林選手のような最強の選手が育つのと、小林選手も恩師の為に頑張ると仰っているほど素晴らしい師弟関係をお持ちでとても素晴らしいと思います。

女子も男子もこういった成長期の素晴らしいベテラン選手やこれからの若手もいっぱい居ますのでこの人たちの活躍を成長の糧と共に見ていけたら我々はとても幸せだと感じます。

スキージャンプもシーズン通して大会の数が半端なく多いので、成長するチャンスがいくらでもある競技だと思いました!

今週末にTvh杯ジャンプ大会が開催されますが、ジャンプ競技を楽しむためにちょっとだけ理解を深めてみるのはいかがでしょうか?

今回の会場は大倉山ジャンプ競技場ですが、この会場の名前を大倉山シャンツェともいいます。シャンツェとはドイツ語でジャンプ競技場の意味です。

つまり同じことを言い換えてるだけなのですね。

 

まとめ

 
ジャンプという競技は奥深いですね。

あの高さから滑走し、踏み切り、飛び、着地。言葉にすればたったこれだけのことですが、その一瞬、数十秒の中での判断や風向き、滑走順、運なども左右される競技です。

また滑走する時の姿勢や角度、踏み切りのタイミング、飛行中の姿勢などで飛距離は変わります。滑走姿勢は深いか、浅いか。

踏み切りのタイミングは数センチタイミングが早いか遅いか。

しかもトップクラスになると時速90キロにもなるとか。

時速90キロの中でベストな姿勢で助走し、数センチの踏み切りの判断をして、尚且つ飛行の空中姿勢をバランスを崩さずいかに飛距離を出すか。

それがひとつ崩れるだけで飛距離は10メートル、20メートルもちろん変わることもあります。その中で、第31回TVh杯ジャンプ大会での注目選手は第30回大会を優勝した佐藤慧一選手です。ジャンプに関わらず全ての競技で言えることですが、大会を優勝することも難しいことですが、大会の連覇となると殊更難しさがあります。佐藤選手が30回大会に続いて優勝出来るか注目したいです。また大会開催当日の天候も注目したいです。ジャンプは技術がある人でも風の向かい風、追い風又は悪天候で思った結果を出せなかったこともあります。大会当日、楽しみです。
 

第31回TVh杯ジャンプ大会youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)で見れません

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第31回TVh杯ジャンプ大会/