スポーツ

第31回TVh杯ジャンプ大会/2020年/ネット配信/中継/ライブ配信/中継/高梨沙羅/葛西紀明/2月8日

第31回TVh杯ジャンプ大会/2020年ネット配信/中継/ライブ配信/中継/高梨沙羅/葛西紀明/2月8日

2020年2月8日16時からテレビ東京で『第31回TVh杯ジャンプ大会 国内トップ決定戦!』が放送されます

 

リアルタイムで配信中継見れない方や見逃しや方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

2020年第31回TVh杯ジャンプ大会/動画/見逃し配信
 

第31回TVh杯ジャンプ大会 /番組内容

 

小林陵侑・高梨沙羅に追いつけ追い越せという恐れを知らない若者たち、そして国内最年長ジャンパーである男子レジェンド葛西紀明、女子茂野美咲が百戦錬磨の技を繰り出す!

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 出演者

 

解説
原田雅彦(雪印メグミルクスキー部監督) 山田いずみ(全日本女子チームコーチ)

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 ライブ中継/配信における日本選手

 
スキージャンプは世界的に選手が多くいる競技の1つでもあります。

この直に見ていくスポーツとしてかなりやっていると思います。

特に冬に見ていくスポーツとしては夏に見ていくよりもいいと思います。

夏に見ていけば少しでも涼しい気持ちになれるのではないかと思うかもしれませんが冬にこそやはり見るべきスポーツと言うものはあると思いますし今まで見たことがない競技だと言う人も見たところで改めて思うこともあるかもしれませんし改めて感慨深く発見することなどがあるかもしれません。

自分が今後この競技をやっていくとしたらどのような形でやっていくかと言うことなど自分に置き換えて考えてみたりするといいかもしれません。

スキー競技のひとつで坂を加速しながら降りてきて、踏み切り台から飛び出し、飛んでいる間のフォームの美しさや距離を争う競技なのでなかなか奥深いスポーツであると言う事は間違いありません。

美しさなども競うと言うことなのですから自分の中で意識を高めながら飛んでいくと思いますし自分の中でしっかりと良いフォームがどのような形であるかと言う事は多分前から決まっているものだと思います。

なかなか奥深い競技だと思うので競技を見ていく上で色々と調べてから見ておいたほうがいいと思います。

第31回TVh杯ジャンプ大会 楽しみな点

 
スキージャンプという競技について、そこまで詳しい方ではないのですが、時々ニースのスポーツコーナーで見ていて、とてもかっこよく見えました。

純粋にあの高さから速度をつけてジャンプするというのは、とても勇気がいる事だと感じました。

それを、あの若さで皆さんしている事に尊敬を覚えるのと同時にかっこよく思えました。

私は、個人競技があまり好きではありませんでしたがスキージャンプという競技は好きに慣れました。

自分自身と環境に大きく左右される競技の中で自己ベスを出す事に選手たちは、とてつもない努力を重ねてきたんだと思うと競技中は息を飲んでしまう程の緊張感になっている事だと思います。

夏は競技ができないため、冬のこの時期に全てを出し切る選手たちを見るのがとても楽しみです。

前回優勝した佐藤選手は、もちろん前回入賞した選手たちにも頑張ってもらいたと思います。

私と同じ20代の人たちがこういう環境の中で、活躍している事に感動と勇気を貰えています。

今大会では、特に若手の子などが大会をにぎわせてくれる事を期待したいです。

そして、一番驚いた事はこのサイトに招待券が付いている事でした。

この招待券を持っていくと無料で入れる事にとても驚きました。

この日、時間がある方は、ぜひ見にいって頂きたいです。
 

第31回TVh杯ジャンプ大会 視聴者感想

 
ジャンプの楽しみ方はどこを主に見ればいいかですけども、遠くに飛ぶだけでなくしっかりとしたフォームで着地しないと減点されるんで、美しさも求められる競技だし、そこが奥の深さを感じさせるんで面白いわけです。

あとは新しい選手の台頭を確かめられるのも楽しいもんですよ。

不調だった選手が復活していくストーリーもまた面白い点ですし。

2月8日のTVH杯ジャンプ大会、TVHはテレビ東京系列の北海道の民放局の名前ですので、テレビ東京系列で放送されることと思います。

大会会場は大倉山ジャンプ競技場ですので、いわゆるラージヒルの大会ということですね。

古くは90m級と呼ばれていた長い助走で長い飛距離が出る方のジャンプ台ということです。

大倉山では先週2月1日、2日と2日連続でワールドカップの大会が行われて、小林陵侑選手、佐藤幸椰選手などが凱旋帰国して参加し第1戦では佐藤幸椰選手が優勝、第2戦では小林陵侑選手が3位に入りました。

ただ、先週の大会を見ておわかりの方も多いかも知れませんが、大倉山シャンツエは風が変わりやすくて、スタートのタイミングによる運不運が強烈に出てしまうジャンプ台と言われています。

ですので、先週の第1戦で1回目トップだった小林陵侑選手が2回目に大失速という事態が起こってしまったのだと思います。

ただ、これは見方を変えれば誰にでもチャンスがあるということですので、完全な観戦者の勝手な目線でいえば最後までどんなどんでん返しがあるかわからないハラハラ、ドキドキの展開が楽しめる会場だということなんでしょう。

さて、今回のTVH杯はワールドカップ転戦組は日本を去り同日程のドイツでの大会に参加しますので国内残留組での争いになると思います。

ですが、ジャンプの迫力はすごいですし、今季好調な選手も多いので激しい優勝争いが繰り広げられると思います。

今から今週末が楽しみです。
 

まとめ

 
オリンピックばかりが注目されがちですが、今はまだ冬。

このイベントも忘れていはいけません。

そしてウインタースポーツと言うと最近はフィギアスケートばかりがテレビニュースで取り上げられますが、それだけではないのですよ。

日の丸飛行隊という愛称もあったように、日本のジャンプスキーは一流の選手ばかりです。
今度の舞台は大倉山ジャンプ場。

北海道札幌市からほど近くにあるこのジャンプ台は北海道・札幌観光のスポットの一つです。

一度ジャンプ場のスタート地点に行ったことがありますが、その高さに足がすくみました。

上から覗き込むとまるで真っ逆さまに落ちていくような感覚になります。

そしてここから助走をつけて100メートル以上も飛ぶわけですから、すごいことですよね。

のびのびと空を飛ぶ選手を見るとさぞかし気持ち良さそうだなぁ、なんて思うわけです。

全日本スキー連盟が開催する大会なので選手は日本人ばかりですが、みんな頑張って欲しいものです。

ところで今年は暖冬と言われていますが、北海道は大丈夫なのでしょうか?

ジャンプ場は人工雪を準備しているのでしょうか?

きっと飛んでいる時に向こう見える街の景色を見るとわかるかもしれませんね。
そんな視点で見ても楽しいかもしれません。

TVH杯ジャンプ大会は毎年凄く楽しみにしてる大会ですし、この大会から良い若手がでてくることも多いので注目してる大会でもあります。

中でも栃本選手のファンなんで彼が今年彼が優勝してくれたら大変うれしく思います。

栃本選手のフォームから顔まで全部好きなんです。

イケメンなので女性ファンがきっと多いのではないでしょうか。

前回優勝した佐藤選手もかなり期待してまして2連覇の可能性は結構あるかなって印象です。

当日は悪天候にならずにすっきりとした晴れの日で行われてほしいです。

やっぱり悪天候で風が強すぎると選手の力がイマイチ発揮できなくなるからです。

まあそのような時は意外な選手が上位に食い込んでくる楽しみもありますけどね。

私は29回大会と16回大会は会場まで見にいきましたが今回はテレビ観戦を楽しむ予定です。

 

第31回TVh杯ジャンプ大会動画youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)で見れません

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第31回TVh杯ジャンプ大会/