スポーツ

TVh杯ジャンプ大会/動画/見逃し配信/高梨沙羅/葛西紀明/2020年2月8日再放送/無料視聴テレビ東京/北海道/第31回

TVh杯ジャンプ大会/動画/見逃し配信/高梨沙羅/葛西紀明2020年2月8日再放送/無料視聴テレビ東京/北海道/第31回

 

2020年2月8日16時からテレビ東京で『第31回TVh杯ジャンプ大会 国内トップ決定戦!』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第31回TVh杯ジャンプ大会
 

第31回TVh杯ジャンプ大会 /番組内容

 

小林陵侑・高梨沙羅に追いつけ追い越せという恐れを知らない若者たち、そして国内最年長ジャンパーである男子レジェンド葛西紀明、女子茂野美咲が百戦錬磨の技を繰り出す!

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 出演者

 

解説
原田雅彦(雪印メグミルクスキー部監督) 山田いずみ(全日本女子チームコーチ)

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 動画/見逃し配信における日本選手

 

日本女子スキージャンプは今では世界特クラスの実力を身に着けています。

高梨が引っ張ってきた、女子ジャンプ、しかし、今年の高梨の調子が上がっていませんが、実力は、世界トップクラス、毎年変わるルールと、海外選手の成長が凄く波に乗っているのです、しかし、女子団体では圧倒的な力を発揮しています、4人の力が一つになり、今シーズン2勝しています

いづれも圧倒的な勝利でした、それだけ日本のレベルが高いという表れなのです、今回の平昌オリンピックでは、女子の団体の優勝は確実だと思っています

しかしながら、個人戦での金メダルは厳しそうですね

たしかに、神風が吹く様な事が有れば十分に優勝のチャンスはありますが、近年のオリンピックでは、日本に神風が吹かないようです

しかしィ発勝負の世界、経験の豊富な選手と、若手の伸び盛りの選手にのしかかる、プレッシャーどちらが勝るか、勢いが後押しすることもあります

是非とも、メダルを、取ってもらいたいと思います

また、伊藤有希にも期待ですね、昨年も世界選手権で優勝していますし、シーズンの後半に力を発揮する選手ですので、そろそろ、大きいジャンプが出るのではないかと期待しています。

高梨と、伊藤が切磋琢磨しながら引っ張ってきた女子ジャンプ界、オリンピックでは、どの様なパホーマンスを見せてくれるのでしょう。

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 楽しみな点

 

第30回優勝者の佐藤慧一選手は、今や日本の若手のホープとしてW杯でも着実にポイントを重ねています。
小林陵侑選手や佐藤幸椰選手をはじめ、主力メンバーはW杯遠征で大会には出られませんが、国内にもたくさん強力な選手がいます。

特に最近、好調な渡部弘晃選手は優勝候補の筆頭だと思います。

ソチ五輪で団体銅メダルに貢献した清水礼留飛選手もここ数年不振に喘いでいましたが復調気配があるので、TVh杯が復活の舞台になるのか楽しみです。

この大会で活躍した選手が数年後、W杯で活躍してる姿を見られるかもしれません。

そして競技自体の見どころは、何といっても大迫力のジャンプです。

時速90kmから空中にテイクオフし飛んでいく姿は凄い迫力だし、見るものを圧倒します。

近年は優勝争いがK点と呼ばれる120m近辺からヒルサイズと呼ばれる135m前後での争いになってきています。

130mを越えるジャンプはとても興奮するし、見ごたえがあります。

そして着地でテレマークを決められるかも勝敗を分けるポイントになるため、最後まで目が離れられません。

例え同じ距離を飛んだとしてもこのテレマークを決めることができないと勝つのは難しいです。

豪快なジャンプと最後の着地に注目して見ると、より競技を楽しめると思います。

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 視聴者感想

 

これからの日本ジャンプ陣を育てる国内組の育成が楽しみな大会です、高梨沙羅、小林陵侑の後に続く若手の成長が楽しみな、国内トップの争いが楽しみな大会です、大倉山での大会がヒルサイズを超える戦いが地元テレビ局で放送されます。

会場で見るもよし、寒いのが苦手な人は、温かなテレビの前で見るもよし、真剣勝負がみられるのです。

今年の成長株は誰なのでしょう、ワールドカップ組とは違い、国内で力をつけてきた者たちの戦い、思わぬ伏兵が一発勝負の大空へと飛び立つ姿を待ちきれずにいます。

男子では、あのレジェンド葛西紀明、そして女子では茂野美咲がどのような戦いをするのか、とても楽しみな戦いになることでしょう、冬の札幌の空高く、舞い上がる、彼らの雄姿をこの目に収めるために、ぜひとも見たい、国内トップを決める大会がせまっているのです、おそれ知らずの選手たちのハイレベルの戦いが始まるのです

大倉山から札幌の市街へと飛び出す,バッケンレーコードを目指して、大きなジャンプを楽しみにしているのです。まもなく始まる、冬の札幌の一大イベントとなる

ジャンプ大会、これからの日本ジャンプ界に新星が現れることを期待しながら、楽しみたいと思います。

 

まとめ

 

今年のTVH杯ジャンプ大会は、小林陵侑選手、小林潤志郎選手などワールドカップ転戦組は同じ週末にドイツのビリンゲンの大会に参加するため、国内残留組での戦いになるものと思われます。

大会会場は札幌の大通公園から姿が見える大倉山ジャンプ競技場です。

私は札幌市で暮らしていた時期があるので大倉山ジャンプ競技場、大倉山シャンツエには何度もジャンプ大会の観戦にいったことがありますが、飛び降りてくる選手たちの迫力はすごいものがあります。

ですので、選手がどのぐらいの大ジャンプをしたのかなど正確な情報を知るためにはテレビ観戦もいいのですが、機会があるなら是非会場に足を運んでほしいなと思います。ただ、天気で陽がさす日ならば問題ありませんが、曇りや雪だと強烈に寒い中の観戦となりますので防寒対策は万全にされるのがおすすめです。

さて、今回の大会の見どころですが、誰がワールドカップでドイツに派遣されるのかが正確にはわからないのですが、佐藤 慧一選手、岩佐 勇研岩佐 勇研選手あたりが日本に残留していれば優勝最有力でしょう。

また、渡部 弘晃選手、二階堂 蓮選手、栃本 翔平選手など、先週のワールドカップ札幌大会で2回目には進めなかったものの50位以内にははいる健闘を見せてくれた選手たちが上位争いをするのは間違いないでしょう。

今週末のTVH杯ジャンプ大会、楽しみですね。130mを越えるジャンプはとても興奮するし、見ごたえがあります。

そして着地でテレマークを決められるかも勝敗を分けるポイントになるため、最後まで目が離れられません。

例え同じ距離を飛んだとしてもこのテレマークを決めることができないと勝つのは難しいです。

豪快なジャンプと最後の着地に注目して見ると、より競技を楽しめると思います。

総評

 
スキージャンプってどうしても冬季オリンピックのイメージが強い。そして、高所恐怖症の私にとっては選手凄いとしか良いようがないのだ。

あんなに高い所から滑り出し、飛び、着地するまでが怖くて仕方がない

私のスキーの経験は高校の修学旅行で行った北海道で滑った位だが上手く滑れなくて挫折し、リフトに乗った瞬間泣いてしまった懐かしくも恥ずかしい思い出がある。言われて見れば確かにスキーなどのウィンタースポーツなどが
盛んな時期なのを思い出した。

スケートなど時々中継してるし、カーリングなども人気が出てきた上にスノボも
男子中心で人気がある。今の時期のスキー場は若者で一杯なのだろう。

若い子にも人気のあるウィンタースポーツも今年がオリンピックイヤーと言うことで何時にも増して気合いが入っている気がする。

それは選手達も同じなのかも知れない。

自国開催ほど嬉しい事はないからだ。次の冬季オリンピックでは何人の選手達がメダルを獲ってきてくれるのだろうかとふと思った。

そして大会に向けて選手には更なる努力と本番でのパフォーマンスに
ついて期待したいと思っている。

今は多分最後の調整に入っているのだろうか。何にしろ日本は数多くのメダルを獲ってきて貰いたいのでスキーの選手達にも期待したいです。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第31回TVh杯ジャンプ大会/動画/見逃し配信