バラエティJAPAN

ソーイングビー 第19回(動画)再放送19話/2020年2月13日/1930年代のブラウス対決無料視聴

ソーイングビー 第19回動画nhk/再放送/第19回 見逃し配信2月13日/1930年代のブラウス対決無料視聴
 

2019年2月13日21時からNHK Eテレで『ソーイング・ビー 第19回「1930年代のブラウス対決」』が放送されます

 

ソーイングビーnhk/eテレ/見逃した配信/再放送/見逃した配信//無料視聴/2月13日/第19回1930年代のブラウス対決~

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ソーイングビー 見逃し配信/再放送 第19回 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/2月13日/第19回1930年代のブラウス対決~~
 

ソーイングビー 見逃し配信/再放送 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/2月13日/第19回1930年代のブラウス対決~番組内容

 

イギリス全土から集められたアマチュアの裁縫自慢たちが腕を競い、チャンピオンの座を目指す。今回から2回にわたって、第二次大戦前後の時代へタイムスリップ。最初は「1930年代のブラウス」、二つ目は「男性用スーツを女性服にリメイク」に挑戦する。古いミシンの扱いに、参加者たちは四苦八苦!▽英BBCで放送された「裁縫バトル番組」の日本語版。放送2回ごとに3つの作品を作り、総合評価で退場者が決まる。

ソーイング・ビー キャスト

 


四宮豪,小松由佳,庄司まり,伊沢磨紀,寺依沙織,桜岡あつこ,渡辺ゆかり,片山公輔,上田ゆう子

 

ソーイングビー 見逃し配信/再放送 /2月13日/第19回視聴者評価

 

イギリス全土から集結した手芸の達人たちが、アマチュア第一の裁縫チャンピオンの座を巡って技を競い合うこの番組。

出場者たちは、提示されたいくつものお題に沿って裁縫を行ってゆくわけですが、今回のテーマは一風変わっています。

何と第二次世界大戦前後の時代へタイムスリップするということで、1つ目に「1930年代のブラウス」、2つ目に「男性用スーツを女性服にリメイク」する難題に挑まなければならないとのこと。

これは単に裁縫の技術だけでなく、歴史的な知識も要求されそうですね。

しかも裁縫に用いるのは、古いマシンだそうで、参加者たちもさすがに四苦八苦するようです。
こんなお題を考え出した番組関係者は凄いなと感心させられてしまいます。

果たして出場者たちは、このお題を見事にクリアして見せるのかどうか、なかなかの見物です。

また1930年代のイギリスのファッションについて歴史的な知識も得られそうで、その点においても歴史好きの立場としては楽しみですね。

 

ソーイングビー/見逃し配信/再放送/見逃し配信/2月13日/みんなの感想

 
NHKEテレで放送中のソーイング・ビーはイギリスBBCで放送されている裁縫コンテスト番組で、以前放送されていた料理コンテストのブリティッシュベイクオフのスピンオフ番食です。

昔日本で放送されていて世界中に影響を与えた料理の鉄人のアマチュア版で、テーマを裁縫に変えたものという感じですね。アマチュアならではの失敗もあるのですが、驚きの技術を披露してくれる人もいてエキサイティングな番組だと思います。

BBCでは1時間番組なのをEテレでは30分番組2回で1セットとして放送されています。

今回から裁縫テーマが変わりヴィンテージウィークということで「1930年代のブラウス対決」、そして来週は「コート対決」となっていきます。

ヴィンテージ、1930年代のものを作るといっても途方に暮れる人もいるような気もしますが、今回は当時使われていたミシンを使う必要があるようですね。

ところで、ソーイング・ビーを見ていて毎回思うのは、裁縫が大変奥深いものだ、ということです。
自分では雑巾やボタン付けぐらいで精一杯なので裁縫の世界を語る資格はないのですが、アマチュアといっても熟練の方々がこんなにも苦労するものなのだということに驚かされています。

2月13日の1930年代ブラウス対決は、私なんかには思いも寄らない難しさを秘めていると思うのですが、その難しさに対する驚きを含めて出場者の奮闘を楽しませてもらおうと思います。
 

ソーイングビー/見逃し配信/再放送/第19回まとめ

 
私は今まで、本家のイギリス裁縫バトル番組は存じ上げなかったのですが、タイトルと紹介文だけで興味をそそられました。『ソーイング』という字面通り裁縫対決とのことですが、一番始めタイトルを見ただけの時は正直言いますと、『地味でパッとしない内容なのかなぁ』と漠然と感じてしまいました。

しかし、紹介を見るとこれが何だか面白そうではないですか。

アマチュアナンバーワンの裁縫名人とか、もう響きだけで楽しさが伝わってきます。

挑戦する層もバラバラなところもいいです。

20代~80代の老若男女が裁縫でバトルするこのどことなく漂うお茶の間感が素敵です。

ソーイング歴75年というおばあちゃん、子供服を手作りしてきた3児の母親、ゲイのフィットネスインストラクターなどどうして裁縫に行きついたのか、今まで長いこと続けてこられたのかその人そのものの背景さえも知りたくなる作品です。

年齢も性別も趣味嗜好も様々だけど、裁縫という一つの目標によって表される人間模様も面白そうな点です。

19回にあたる『ソーイング・ビー』ではなんと『1930年代のブラウス対決』です。ただのブラウスでないところが、すごくこだわりと愛を感じます。

どのような展開、結末になるのか題材と共に楽しみにしています。
 

バックナンバー総括

 

これまでのレザーでリメイクに続いた扱いづらい題材としてベルベットパンツが取り上げられるということです。

ベルベットのようなケ毛足の長い布地を裁縫するのは見るからに難しそうですので、イギリス全土から集められた裁縫自慢の出場者がどんな技術・手際の良さを見せてくれるのか楽しみです。

私の場合、雑巾を縫うのがやっと程度の素人なので大きなことは言えないのですが、難しい素材を形にしてしかもしばらく使用した後でもほつれなどの不具合が出にくいしっかりとした仕上げを行う技術を見られるのは、とても新鮮で興味深いです。

しかも、授業のようなものではなく熟練した出場者どうしが競うというスポーツイベントのような楽しさもあるので、いつも見ていて引き込まれてしまいます。

今回のベルベットパンツ対決も、知らず知らずに夢中になって見入ってしまう、そんな展開を期待しています。

ところで、イギリスBBCというのは日本で言えばNHK、つまり公共放送だと思うのですが、イギリスでは民放ではなく公共放送がこの手の娯楽番組をやるんだというのは、番組の内容とちょっと離れていますが驚いた点の一つでした。

まぁ、面白ければ公共放送だろうが民放だろうがどちらでもかまわないので楽しませてもらおうと思います
 
「裁縫」をテーマに取り上げる番組自体、普段あまり目にすることがありませんが、それがイギリス全土から凄腕の裁縫自慢(この言葉自体初めて聞きました笑)達が集い、しかもレザーやベルベットといった普通は扱わないような素材に挑むということですから、大変に変わった内容の番組であることは間違いありません。

おそらく、この放送を逃せば、同じような番組には二度と出会うことは出来ないのではないでしょうか。勿論、レザーやベルベットといった奇を衒った素材を用いた裁縫バトルも楽しみですが、一般的な素材を用いて裁縫自慢達がどんな素晴らしい作品を生み出しているのか、また、それを生み出す過程がどれだけプロじみているのか、そういったことも取り上げられていたら大変嬉しいところです。

今の時代、機械で何でも出来そうですが、逆に機械では絶対に真似できない職人芸が見られるのではないかと思うと楽しみです。

たまにはこんな番組も良いじゃない、と思えるような、高尚な愉快さが興味をそそります!

ソーイングビー/無料視聴/見逃し配信/再放送/ 2月13日/第19回1930年代のブラウス対決~youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないときは

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ソーイングビー/見逃し配信/再放送/見逃し配信無料視聴/2月13日/第19回1930年代のブラウス対決~