ドラマ

スカーレット 114話(動画)114話/2月15日/土曜日pandora /youtube/114回朝ドラ見逃し配信無料再放送配信/第19週/

スカーレット114話(動画) 114話/2月15日土曜日pandora /youtube/ (114回)朝ドラ見逃し配信無料再放送配信/第19週/

スカーレット動画(土曜日]114話/ 2月15日ネタバレや感想と見逃し配信視聴方法につきましては

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ動画114話2月15日
 

スカーレット/動画114話の展開について

 

スカーレット/動画114話/2月15日youtube/NHK公式あらすじ

 

打ち解ける喜美子(戸田恵梨香)とアンリ(烏丸せつこ)。だが突然アンリが去り意外な過去が次々明らかに。一方、武志(伊藤健太郎)の側になぜか敏春(本田大輔)の姿が…

番組内容
以前女優をやっていたというアンリ(烏丸せつこ)と喜美子(戸田恵梨香)は打ち解ける。だが突然アンリが「すぐ戻る」告げて去り、喜美子は帰りを待つことに。数日経っても戻らないアンリを心配する喜美子。知り合いを介しアンリの行方を捜し始めると、アンリの過去が次々と明らかになってくる。そんな中やってきたのは…一方、武志(伊藤健太郎)の通う窯業試験場にめでたい知らせが届く。そこにはなぜか敏春(本田大輔)の姿が…


 

スカーレット/114話動画/2月15日 キャスト

 

戸田恵梨香,伊藤健太郎,本田大輔,烏丸せつこ,

 

スカーレット114話動画の2月15日ネタバレ

 

アンリの正体

喜美子(戸田恵梨香)にすぐ戻ると告げていなくなってしまうというアンリ(烏丸せつこ)。

ケータイ電話を持ってるわけではないから呼び出しがあったとかではないのでしょうけど。

住田さんは小池アンリの存在を知っていたんですね。

喜美子はテレビも長らく買わなかったし、女優さんなんて分からなそうですもんね。

でも照子(大島優子)もかわはら工房にきたアンリをみて反応はなかったですよね。

住田さん(田中美央)の年代の人には知られてるくらいの活動期間だったのでしょうか。

住田さんがあわてていたのはなぜでしょう。

元女優だから驚いてただけじゃなさそうですよね。

スキャンダル女優と言ってましたが、後援会会長だし川原喜美子に悪い噂とか悪影響があると恐れたのかもしれませんね。

もしかして住田さんの様子を見て、ばれてしまったならとアンリは帰ったのでしょうか。

でもそれなら喜美子に最初に会いに来たときに、小池アンリが会いに来たなんて素性を明かすこともしないかもしれませんよね。

アンリはすぐ戻ると言ったから喜美子は帰りを待つことにするけれど、数日がたってしまうんですね。

心配してアンリの行方を探すことにする喜美子。

確かにすぐ戻るはずが数日は不安にもなりますね。

途中でケガやなにかあったかもしれないとか。

アンリは喜美子の心配をよそにケロッとしてそうな気もします。
 

スカーレット第114話/動画の2月15日感想

 

スカーレット動画114話までの考察

 

武志と竜也

電話で喜美子(戸田恵梨香)から窯業研究所に照子の息子がいることを知らされた武志(伊藤健太郎)。

電話もひいたんですね。

友達もきてて、一人暮らし楽しんでるみたいですね。

電話してる武志に食べさせてくれててなんだか面白い。

それをモグモグ食べながら電話を続ける武志が可愛いという。

そして竜也(福崎那由他)に話しかけてたってなと言われてさっそく話しかける武志。

金髪で不良になってる見た目でも臆せず気さくな武志が良いですね。

竜也も知らねぇよとか無視するのではなく、誰か分かったらタケタケと言っててホッとしました。

タケタケ兄ちゃんと呼ばれてたなんて可愛いですね。

竜也は最初の見た目こそインパクトありましたが素直そうですね。

武志との距離だからこそそうなりやすいのもあるかもしれませんね。

武志に言われて掃除もすぐに始めてましたし。

しかし武志は年下の子に遊んであげてるはずが野球ものすごくヘタクソと言われてましたね。

八郎(松下洸平)の運動神経を受け継いだんですね。

それを謝って、思い出してくれてありがとうと言う武志もステキなお兄ちゃん。

武志が言った先生の言葉を先生がさっそく言ってて、竜也も笑顔になってましたね。

照子は息子を窯業研究所に通わせて正解だったみたいです。

こっそりのぞいてる敏春さん(本田大輔)には笑いました。

廊下でかがんでコソコソかなり怪しかったですよね。

親子のわだかまりが早くとけるといいですが。
 

スカーレット114話(動画) 114話/総括

 
NHK朝ドラマ『スカーレット』のお勧めキャストは、やはり主演の戸田恵梨香です。
放送当初は10代の学生役でした。30代の彼女が学生役は無理があるのでは、と思いながら見ていましたが何ら違和感なく演じていました。

回が進むにつれ年齢があがってきますが、どの年代も自然とその年齢の女性に見えるので不思議です。

恋をしたキラキラ艶々とした表情から一転して、すぐに倦怠期を迎える30代に突入します。
この切り返しが絶妙で、見る者を惹きつけると思いました。

どの年代も自然と役に入り込んでるので、引き込まれます。

今は大学生の息子をもつ母親になっていますが、これもまた上手に演じられています。
息子役の伊藤健太郎さんと実年齢はあまり変わらないのに、違和感なく母親役をされています。

夫役であった松下洸平さんもお勧めです。

戸田さん演じる喜美子をずっと愛していながら、才能に苦しみもがく夫役を見事に演じていると思います。

二人は別離を選びますが、離れても大切に思う姿が伝わります。決して派手なお顔ではありませんが、繊細な演技と表現力で説得力あるお芝居ができる役者さんだと思います。

この二人の演技力で、話しに説得力をもたせ、見る人を飽きさせないドラマになっていると思います。

謎の女性、小池アンリが100万円持参でやってきた。本当に持ってきたことにビックリした喜美子は『諦めてもらうための100万円』、『売れないのです』と伝えた。

後日、800万円を持参しても売らないことに私の中では安心しました。工房にある作品をなぞりながら、『川原さんの作品からは音がする』とのことです。工房内の作品をなぞって、これはカントリー、これは演歌、これはピアノ協奏曲、、、と音を楽しんでいました。

創作者の喜美子には分からない感覚なので、驚いていました。

陶芸が好きな方は、観るだけでなく、触って、会話しているのかな、と私は思いました。

陶芸の修行に信楽窯業研究所で働き始めた武志。アパートに電話を引き、新しい職場で新しいメンバーとスタートしています。高校を中退して、つまらなそうにしている照子の息子、茶髪の竜也と出会う。幼いころ、一緒に遊んだ思い出を語り、『お母ちゃん同士が幼なじみの・・・』と語りかけ、竜也は『タケタケ?』と思い出す。

武志『思い出してくれてありがとう』『まず来たらな、掃除から始めたらええ。』一緒に掃除を始める。なんて、いい奴だ、武志は!その後も竜也を心配して、働く姿を覗く父・敏春をの心配をよそに、武志は土の練り方を教え、竜也が熱心に応じる姿。竜也、根はいい子じゃん!と微笑ましく見えました。

竜也の心を開かせた、武志に八郎のような遺伝子をみせてもらい、嬉しく思えました

まとめ

 

小池アンリに冗談で800万なら作品を売ってもいいと言ってしまった喜美子でしたが、本当はどんな大金をつまれても売る気持ちなんてありませんでした。

喜美子が7回目の穴窯にして、ようやく作り上げた最初の信楽自然釉の作品だったので、思い入れもさぞかしある作品だと思います。

仮に1憶積まれても売れない、と言うほどお金に変えられない価値があるのだと見ていて実感しました。

小池アンリは作品を自分のものに出来なくても、定期的に工房に見に来ては自分なりの楽しみ方で作品を味わってくれて、喜美子には理解しがたくても、自分の作品を見て、触って喜んでくれる人がいることは、とても嬉しいことなのではないかと感じます。

そんな様子が照子や住田さんに小池アンリを紹介する口調からも伝わってきました。

照子に頼まれて、武志に照子の子供を気に掛けるように伝えると、武志のやさしさが全面に出た接し方をします!

明らかに気にかけてる、という態度ではなく昔話から共通点を探って相手の心を開かせてから、窯業研究所にもなじませていくという、自然な導き方に武志のいい人オーラを感じました。

この後、武志が病気になるというネタバレもありますが、こんなにいい子が病に倒れるのは本当に残念で、1日でも長く武志を見ていたいと思いました。

 
武志が部屋に電話をひいて、「そんな贅沢な…」といった喜美子は、やっぱり変わらないと感じました。

前回は、作品が高値で売れることで自分自身が変わってしまうことを懸念していた喜美子ですが、電話を引くことがもったいないと感じるのであれば、それは全く昔の喜美子と変わっておらず、やっぱり喜美子は喜美子のままだと安心しました。

そしてアンリの正体がようやくわかりました。

彼女は女優さんだったんですね。

きれいで派手だし、何とも納得です。

しかし喜美子の作品に相当惚れこんでいる様子の彼女ですが、それでも喜美子の顔を知らなかったり、喜美子が八郎と離婚していることを知らなかったりと、何だか不思議な点も多いです。

作品に興味はあっても、喜美子自身には興味がないと言うことでしょうか。

喜美子はアンリから新たな刺激を受けそうで、芸術家としてはいい出会いになるかもしれず、これからの喜美子の作品にアンリがどう影響してくるかが気になります。

そして、照子の息子である竜也の存在も気になります。

ぐれて高校中退してしまい、照子は心配だと思います。

やっとできた一人息子ですもんね、これから武志と共に窯業研究所で更生してくれればいいのですが、今後が気になります。

スカーレット114話(動画) 114話/2月15日/(114回)youtube/Pandora114話/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunみれない時は

下記にて
(無料視聴できます)
↓ ↓

 

スカーレットドラマ114話 動画2月15日