未分類

日曜theリアル/再放送/見逃し配信/2月15日野村克也 追悼特別番組/無料視聴まとめ

日曜theリアル/再放送/見逃し配信/2月15日野村克也 追悼特別番組/無料視聴まとめ

 

2020年2月16日20時からフジテレビで『日曜THEリアル!・野村克也さん追悼特別番組 秘蔵映像でつづるノムさんの野球人生と家族愛』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

日曜theリアル/再放送/見逃し配信/2月15日/野村克也 追悼特別番組 無料視聴まとめ
 

日曜theリアル/再放送/見逃し配信/2月15日/野村克也 追悼特別番組 無料視聴まとめ番組内容

 

2月11日(火)に「野村克也氏 死去」の速報が流れた。名捕手にして戦後初の三冠王、歴代2位となる657本塁打、監督として3度の日本一を成し遂げた名将・野村克也さん、通称“ノムさん”。自らを「月見草」と称し、エリート街道を歩んできた王貞治、長嶋茂雄という華やかな“ON”に負けじと、反骨精神で偉業を成し遂げた。 監督としては、選手の意識改革を断行。データや相手の心理を重視する頭を使う“ID野球”でヤクルトスワローズ(現東京ヤクルトスワローズ)を1992年、14年ぶりのリーグ優勝に導いた。この先の未来も「ノムさんの考え」は野球人の心に宿り続け、野球界に継承されていく。 追悼特別番組では、息子である野村克則の独占インタビューをはじめ、秘蔵映像を初公開。また、沙知代夫人との夫婦愛、波乱万丈の人生など人間味あふれるノムさんへの感謝を胸に、ゲストには“教え子たち”が集結。フジテレビのスタジオとキャンプ地・沖縄を結んで、在りし日のノムさんの野球人生と家族愛を生放送で振り返る。

 

日曜theリアル/再放送/見逃し配信/2月15日/野村克也 追悼特別番組 無料視聴まとめ出演者

 

MC
三宅正治(フジテレビアナウンサー)  西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)  宮司愛海(フジテレビアナウンサー) 

フジテレビ・スタジオゲスト
江本孟紀  長嶋一茂  真中満 

沖縄テレビ・スタジオゲスト
高津臣吾(東京ヤクルトスワローズ監督)  古田敦也  石井一久

 

日曜theリアル/再放送/見逃し配信/2月15日/野村克也 追悼特別番組 注目点

 
 
野村克也さんは、偉大な野球人であると同時に、お馴染みのボヤキで野球ファンを楽しませてくれました。

その野村さんの人生を、教え子たちを招いて振り返るという内容ですが、ゲストが高津臣吾さん、古田敦也さん、石井一久さんという、昔よくバラエティに一緒に出演しトークも非常に面白かった仲良しトリオということで、しみじみしつつも笑いも随所にあり、明るく野村さんを送ろうと思えるような番組になるのではないかと思います。

他にも、江本孟紀さん、真中満さん、長嶋一茂さんと、ゲストの誰もがトークが上手く面白い方々ばかりというのも良い人選だと思います。

奥さんとの映像も出るようですし、野村夫妻の漫才のようなやりとりを見て、彼らスタジオゲストがどういう反応をするのかも楽しみです。

ゲストはヤクルト時代の教え子がほとんどということで、おそらく振り返りの中心はヤクルトの監督時代になるのだろうと思いますが、今の野球界で指導者として活躍している方には、ヤクルト時代の教え子が非常に多いです。

彼らゲストたちが野村さんのどんな言葉にどんな影響を受けたのか、野村さんの教えをどのように生かしているのか、野村さんとのエピソードなど、今まで聞いたことのないような話も聞けそうで楽しみです。

日曜theリアル/再放送/見逃し配信/2月15日/野村克也 追悼特別番組みどころ

 
去る、2月11日に亡くなった野村克也さんの追悼番組は古田敦也さんなど特にヤクルト監督時代だった時の選手を集めて思い出を語る番組だと思いますが、楽しみなのはやはり古田さんが語る野村さんのエピソードです。

野村さんは野球評論家やタレントとしても活躍され野球界の方でありながら自らの発信力も素晴らしく自分の考えを世間一般にも広めた第一人者ともいえる人だと思います。

なので著書も多く野球に詳しくない人でも野球鵜に詳しくなったかのように思わせる明確な理論、分かりやすい説明ができる人で考え方もイメージもよく伝わっているとは思いますが、そんな野村さんの知られざる一面を披露できるのは先に亡くなった野村佐知代さんかやはりID野球の申し子である古田さんが一番説得力があるのではないでしょうか?

プロ野球選手になった当時から野村さんに師事し学んで自らもプロ野球選手としての成功をつかんだ古田さんだからこそ語れる野村さんをエピソードはぜひ聞いてみたいと思います。

そして古田さんの野村さんに対しての想いも聞くことにより野村さんの偉大さを視聴者は改めて心に刻むことができると思います。

しかも生放送でリアルに感じることができるこの番組はとても楽しみです。
 

まとめ

 

野村克也氏の偉業はキャッチャーというポジションの良さを現役選手、監督時代を通じて野球ファン、少年ファンに発信したことであるといえるでしょう。

三冠王やID野球云々よりもそちらの面での功績が大きいと言えます。

サッカーでいうところの川口能活の登場で守るだけのつまらないポジションである認識の強かったGKが変わったように、野村克也氏の功績もキャッチャーというポジションに光を与えたという点では大きかったと思います。

セントラルリーグで昭和40年代に阪神タイガースの四番であった田淵幸一氏と並んでパシフィックリーグ、南海ホークスの四番だった野村克也氏がキャッチャーだったのは当時は大きな影響を与えたものです。

またID野球の片鱗も当時から見せており、キャラクターとして定着していたのは言うまでもありません。

それは漫画「巨人の星」で星飛雄馬がオールスター戦で投じた大リーグボール2号をいとも簡単に攻略したことからも頷けるはずです。

どちらかといえばヤクルトスワローズの監督時代にばかり追悼番組は視点がいきがちですし、南海ホークス時代に選手兼監督だった時代の話を語るのは、毎度江本孟紀氏ばかりなのが残念なところではあります。

今回の放送でもフジテレビはヤクルトスワローズと縁が深いですし、巨人や西武との名勝負、激戦、長嶋茂雄との因縁もありますのでそこに焦点が集まるでしょう。

願わくばオールドファンに向けて、南海時代の新規エピソードが聞けることを期待しています。

 

ステマなツイッターをブログネットに埋め込むネタバレなどの違法行為について

無断引用のネタバレサイトの問題点

自身のブログに、他人のツイッターを無断引用して、映画やTV番組のネタバレを掲載しているサイトを興味のある映画などをインターネットで検索していたら見つけてしまったという経験がある人も多いと思います。

メデイアですでに発信されている映画やTV番組の感想がインターネットに掲載されてまだ見ることを楽しみにしている人の目に入ってしまう事は、防ぎきれる事ではありません。
また、個人の感想ということで規制も出来ないと考えられます。
あくまで当人のモラルの問題です。

しかし、他人の感想を掲載してしまうことは、問題点があると考えられます。

まず、文章は他人の創作物である点です。

ツイッター等のSNSで投稿した内容は、自由に見られるとは言え他人が作成したものであり無断で使用することは許されません。

また、ブログ製作者が実際にその作品をみておらず、間違った情報がインターネット上に掲載されてしまう可能性が大いにあります。

加えてブログを見て気分を害した人が引用元を特定し、引用したツイートをした人へ批判をするなど悪意のある行為を受ける場合があります。

ブログに個人のツイッターから無断引用した感想を貼り付けたネタバレサイトは、他人の反感を買うことがあります。その被害がブログの製作者だけでなくツイッターに投稿した人にまで及ぶ可能性があります。

また、インターネット上に間違った情報が掲載されて、ブログを見ている誤解を与えてしまうのです。

日曜theリアル/再放送/見逃し配信/2月15日/野村克也 追悼特別番組/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)
 

 

↓ ↓

 

日曜theリアル/再放送/見逃し配信/2月15日/野村克也 追悼特別番組 無料視聴まとめ