動画倉庫ドラマ

ザ ヒューマン 動画/川崎宗則/2月19日配信が無料視聴youtube/Dailymotion/pandoraなどまとめ

ザ ヒューマン 川崎宗則/動画2月19日配信が無料視聴youtube/Dailymotion/pandoraなどまとめ

 

2020年2月19日25時45分からNHK総合で『ザ・ヒューマン「“一流は挫折の上に成る” 川崎宗則」』が放送されます

 

ザ ヒューマン 川崎宗則/動画2月19日配信が無料視聴可能サイトは

下記にて

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ザ ヒューマン 川崎宗則/動画2月19日配信が無料視聴可能
 

ザ ヒューマン 川崎宗則/動画配信2020年2月19日/番組内容

 

あの“ムネリン”が帰ってきた!華麗なプレーと類まれなるキャラクターで世界の野球ファンを魅了した元SBホークス川崎宗則選手。去年、心身の不調で表舞台から突如姿を消した。しかしいま、川崎は再び立ち上がろうとしている。再起をかけた闘いの舞台は台湾。この夏、プロリーグへの再加盟を目指す新生チームに単身飛び込んだのだ!「日本一の元気印」は、異国の地で自身とチームをどのように蘇らせるのか?その日々を追う。

 

ザ・ヒューマン 出演者

 

川崎宗則,

語り
阿部サダヲ

 

ザ ヒューマン 川崎宗則/動画2月19日配信が無料視聴可能ストーリー性

 

台湾で野球をしている川崎を見ていたら本当に野球が好きなんだなと感じました。

ソフトバンクホークスで大活躍してメジャーリーグまで行った男が病気から野球をいったん断念したらもう野球は続けないんじゃないかと思います。

また新たに台湾で野球を続けようと苦しいことに立ち向かう川崎を見ていると凄いなと感じました。

家族を日本に置いてきてひとりで挑戦するというのも年齢的なことを考えたり、今までの功績を考えると普通はしない決断だなと感じました。

道を選ぶということは楽な方を選ぶということではないという言葉を思い出しました川崎の行動は。

台湾の野球チームに入った時は人がプレーをしているのを見るのが嫌いだからコーチはやりたくないと語っていた川崎が、台湾の選手のバッティング練習をずっと見ているのは印象的でした。

チームに愛着が出てきて若い選手の頑張りを見ていて教えてあげたくなったんだろうなと感じました。

練習中もコミュニケーションを自分から取ったり楽しくしようと動くし、とにかく人間として尊敬出来るのが川崎だなと感じました。

色んな質問に対して本音を語ってくれる川崎のインタビューを見ていて、さらに上乗せして評価が上がりました。

 
川崎宗則さんが出演したNHKのザ・ヒューマン。ソフトバンクホークスを自由契約になり、病気と戦い台湾で復活を目指し奮闘する川崎宗則さんの今が紹介されています。

番組の中でもありましたが、川崎宗則さんは他の選手のプレーには興味を持っていませんでした。

ですが、台湾で名のあるベテラン選手としての経験やリーダーシップを期待されるなか、自然と他の若手選手のプレーに興味を持ち、指導するようになる姿が紹介されています。

この心の変化がなぜ起きたのかはわかりませんが、他の選手に自分の経験から得た知見をアドバイスすることにより、自分を再度見つめ直すことにもなり、結局は自分にも良い影響を与えるのだということを実感したからなのではないでしょうか?

台湾のチームの中では最も知名度が高く圧倒的な実績を誇る川崎宗則さんは、チームの親会社イベントなどにも広告塔として駆り出されたりもしているようですが、日本のチームから離れたことにより、属するコミュニティ内の自分の地位が相対的にあがり立場が変わったからということも大きいのかも知れませんね。

川崎宗則さんがどのように、どのくらい復活できるのかは今後のことでしょうが、まだまだ野球に対する情熱は失われてないようですので、奇跡の復活をとげることを期待して待ちたいと思います。

ザ ヒューマン 川崎宗則/動画2月19日配信みんなの感想

 

川崎宗則さんについては溌剌なプレーで人間的にも元気で明るく振る舞っていたホークス時代のイメージが強くて好印象でしたし、大リーグに渡ってからもニュースや活躍する姿を見る機会が減ったとは言え気にはしていました。

しかし大リーグを辞め再び日本に戻った後には病気をして暫くニュースですら名前を見る事がなくずっと気掛かりでしたのでこのようなドキュメント番組に出られるまで復活した事がまず良かったと思いました。

しかも久しぶりに聞いたニュースが引退というものではなくまた再び現役選手として台湾で復帰した、というものでしたので本当にそこまで元気になれてホッとしました。

ただ日本でもアメリカでもないので野球に関するニュースは川崎選手がいるからと言ってもなかなか伝わってきません。

それだけにこの番組での台湾での生活や空白の期間の経緯や心境を聞ける絶好の機会だと思います。

人生がうまくいかなかった時の話を人前で話す事は難しいかもしれませんが野球ができずに1番しんどかった時に何を思っていたかとか、なぜ台湾という国を選んだかも知りたいです。日本も今は独立リーグとか社会人野球と言うように選択肢はありますので。

動画を見る限りは以前の溌剌とプレーしていた川崎さんそのもののような気がしますし、台湾でのプレーのVTRを見るのがとても楽しみですし、川崎さんの事は勿論、台湾野球というものが現在はどんな状況かも知る事ができそうです。

 

ザ ヒューマン 川崎宗則/動画2月19日配信が視聴者感想

 
ザヒューマンでは毎回、常人にはない体験や能力を持つ人物に焦点を当て、その活躍の裏舞台を知ることができる番組で、面白い番組になります。
今回は川崎さんを取り上げますが、日本のプロ野球界でも華麗なプレーを展開してメジャーに渡り、打撃と守備に定評のあったプレイヤーです。しかも人柄が良いので、チームではムードメーカーとなるなどの元気な印象が残る選手になります。

ただ近年は体調不良などの面でなかなか活躍する機会も減ってしまったのもありますが、もともと根っからの野球が好きで、野球をやるためなら異国でも挑戦する姿勢を持っています。

現在は台湾プロ野球に属し、2019年には味全が台湾プロ野球に復帰しましたが、その立役者としても知られる存在です。

もちろん現在38歳で全盛期を過ぎたかに思われますが、まだまだ現役選手で活躍したいという気持ちを持っており、今後も台湾プロ野球での活躍が注目されると思います。

その活躍の裏での川崎さんの日常を迫った番組になりますが、華やかなプレーの陰には挫折を味わうことも多かったとされます。

こうしたあのプレーの美しさが評価される川崎さんでも挫折を味わうこともあるほどなので、一流と言われるためには越えなくてはいけないものがあるのだと意識させてくれます。

今回は川崎さんでプロ野球の世界ですが、ビジネスなどの世界でも原理は一緒なのでビジネスマンや経営者にとっても一流に関して考えさせてくれる番組だと思います。

 

まとめ

 
川崎宗則さんといえば若いころはダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)や大リーグのシアトルマリナーズなどで活躍されたプロ野球選手です。

プロになりたての頃は鹿児島県出身で右投げ左打ちの確実な打撃が売りということから薩摩のイチロー、「サツロー」というニックネームがついていました。

今ではあまり知られませんが。ソフトバンクの時にレギュラーとしてパリーグや日本シリーズで活躍して優勝した経験もある超一流の内野手で盗塁王に輝いたこともあります。サツローというニックネームの通り、あこがれの選手はイチローさんでWBCで同じ日本代表となりそこから自主トレを一緒にしたりイチローさんのいるシアトルマリナーズに入団したりイチローさんを師匠と仰ぎ野球選手として成長した人です。

いろんな経験をし順風満帆にも見える野球人生でしたが、体調がすぐれず引退危機を迎えます。

しかしまだまだ満足せず、台湾のチームへ渡り歩いて戦っている様子をリポートした番組のようです。

年齢との戦いもある中でそして今まで行ったことのない国や文化の中で川崎選手が前向きに挑戦していく姿がきっと見れそうでそして野球ファンは今の川崎選手を知ることでまた野球の魅力に気づかせてくれそうな気がします。

 
ザ ヒューマン 川崎宗則/動画2月19日配信が無料視聴可能pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ザ ヒューマン 川崎宗則/動画2月19日配信が無料視聴可能