動画倉庫ドラマ

歴史秘話ヒストリア/法隆寺 動画 2月19日 見逃し配信 /再放送 無料視聴まとめ

歴史秘話ヒストリア法隆寺 動画2月19日見逃し配信 /再放送無料視聴まとめ

 

2020年2月19日22時30分からNHK総合で『歴史秘話ヒストリア「法隆寺 1400年の秘密」』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史ヒストリア法隆寺 動画 2月19日/動画無料視聴・見逃した配信(再放送)
 

歴史秘話ヒストリア「法隆寺 1400年の秘密」2020年2月19日動画 /番組内容

 

大人気の世界遺産・法隆寺。飛鳥時代にタイムスリップしたような光景には、波乱万丈のドラマが秘められていた。創建直後、最大の守護者・聖徳太子の死を機に、存亡の危機に直面。明治時代、散逸寸前の至宝を守ろうと、美術界の風雲児・岡倉天心が大奮闘。昭和になると、不慮の火災に襲われたお堂を復元するため、伝説の宮大工が飛鳥の技に挑んだ。危機を乗り越え、「世界最古の木造建築」を受け継いできた人々の奇跡の物語を描く。

 

歴史秘話ヒストリア「法隆寺 1400年の秘密」 出演者

 

キャスター
渡邊佐和子

 

歴史秘話ヒストリア「法隆寺 1400年の秘密」 再放送ストーリー性

 
世界最古の木造建築として1400年もの歴史をもつ法隆寺にスポットが当てられるということで、楽しみです。

法隆寺というと、かなり以前に「法隆寺は聖徳太子とその一族の霊を鎮めるために建立された寺院である」という説が巷に飛び交ったことがあるし、最近では「厩戸皇子はいたが聖徳太子はいなかった」という学説が語られています。

この番組では、そのような真偽のほどを検証できない「謎」ではなく、1400年間も聖徳太子の建立したこの寺院を守り続けようとした人々の努力の「歴史」が語られるということですから、いろいろ学べるだろうと思います。

URLによると、創建直後に聖徳太子が死んで、はやくも法隆寺は存亡の危機に立たされたこと、明治時代の廃仏毀釈によって宝物が散逸するのを、あの岡倉天心が守ったことなど、一部はドラマが挿入されているというのです。

また、昭和に入って、火災に遭ったお堂を再建するため、当時の宮大工が飛鳥時代の技に挑戦したということで、それは当時の映像で見せてもらえるだろうと思います。

法隆寺はもちろん世界遺産に登録されていますが、それを1400年も守り抜いた伝説の人々の姿を、この番組で見せてもらえるとともに、法隆寺そのものを詳しい解説付きで紹介してもらえると、期待しています。

 

歴史秘話ヒストリア「法隆寺 1400年の秘密」 動画楽しみな点

 
法隆寺が1400年も続いてきた背景には、本当に色々あったのだろうと思いますが、それを映像でしっかり知れるのは嬉しいですね。

今となっては「1400年の歴史があるから守らなきゃ」と国民も政治家も思うので、保存するという計画自体はとてもスムーズに運ぶと思います。

でも、建立当時はそうはいかなかったでしょう。

当時は木材も簡単には手に入らないでしょうし、時の権力者がうつれば、以前の財産は自分の都合の良いように作り変えてしまったでしょうから、その対象に法隆寺がなったとしても不思議ではありません。

聖徳太子の死後に、どうやってその存在が守られたのか。そんなに名前の知られていない人々が奮闘したのでしょうか。

それであれば法隆寺がそれだけの魅力をもっていたということにもなります。法隆寺が建立された詳しいエピソードやその魅力、そして存在が守られた経緯がどんなものであったのか、大変気になります。

また、岡倉天心や伝説の宮大工も法隆寺の保護に尽力したということで、彼らの狂気なまでの芸術的なこだわりや、技法が再現として見られることも大変興味深いです。

いずれ京都に行くときに、単に1400年の歴史がある寺院という目だけでなく、どうやってここまで守られ、そのためにどんな魅力があるのかということを知った上で法隆寺を味わえるように、この番組でそれらをしっかりと教えてもらいたいと思います。
 

歴史秘話ヒストリア「法隆寺 1400年の秘密」 動画/視聴者感想

 
建立されてから現在までに、法隆寺がどのような歴史をたどってきたのかを紹介します。
公式サイトの番組紹介では、飛鳥時代の聖徳太子、明治時代の岡倉天心の名前もでてきます。

予告されている内容の中で気になるのは、昭和時代のエピソードです。
火災による破壊を修理した人物として、宮大工が登場することになっています。
これは法隆寺の「昭和の大修理」に関わった宮大工・西岡常一ではないかと思います。

西岡常一は代々宮大工の家に生まれ、幼いころから仕事の修業をしてきた人物です。
法隆寺の他にも、同じ奈良県の法輪寺、薬師寺など、さまざまな寺の修理に携わっています。
宮大工としての心得や技術などは、さまざまな書籍で取り上げられています。

2011年には『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言』というドキュメンタリー映画も公開されました。

予告映像の最後には、西岡常一と思われる男性が登場しています。

男性は風変わりな道具を手にして、木材の表面を薄く削っていきます。

おそらくこれは、槍鉋(やりがんな)と呼ばれる道具ではないかと思われます。

槍鉋は古代の大工が使っていた道具で、西岡常一が現代に復活させたものです。

再現映像があるということは、番組内で槍鉋についても説明があるのではないかと思います。
寺の歴史を通じて宮大工の仕事についても知ることができる、貴重な機会になると思います。

 

まとめ

奈良県の史跡として有名な法隆寺ですが、建立されてから1000年を超えているというのは、改めてすごいと思います。
公式サイトで内容を読むと、法隆寺がさまざまな危機を乗り越えてきたことがわかります。
古代から現代までずっと続いてきた寺という印象があったので、廃止される可能性があったということに驚きました。
教科書にも書かれていないことだと思うので、実際の放送で当時の事情が明かされるのが楽しみです。

公式サイトでは予告動画も公開されています。
見どころになりそうなのは、番組内容に合わせた再現映像です。
飛鳥時代から明治時代、昭和にかけて、当時の状況をどのように再現して見せてくれるのかが楽しみです。

法隆寺に関しては書籍もたくさん出ていますが、映像ならではの内容や表現に期待したいです。
法隆寺が1400年の歴史を乗り越えることができたのは、寺を守ろうとした人間がいたからだと思います。

どんな人たちが法隆寺の存続に尽力してきたのか、番組を通じて知識を深めることができると思います。

動画の最初にとりあげられているのは、法隆寺の金堂と五重塔です。
有名な建物はいくつかありますが、法隆寺は全体の敷地が広く、大小さまざまな建築物があります。

もちろん、それぞれに置かれた仏像や収蔵物なども見どころです。

1400年を生き延びてきた宝物をどのように紹介してくれるのかも、楽しみです
 

 

歴史秘話ヒストリア法隆寺 動画 2月19日/配信pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で

みれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア法隆寺 動画 2月19日/配信