動画倉庫ドラマ

ソーイングビー 第20回/20話/動画 再放送/ 2020年2月20日/コート対決全話無料視聴/eテレ/

ソーイングビー 第20回動画nhk/再放送/第20回 / 2月20日/コート対決全話無料視聴/eテレ/

 

2019年2月20日21時からNHK Eテレで『ソーイング・ビー 第20回「コート対決」』が放送されます

 

ソーイングビーnhk/eテレ/見逃した配信/再放送/見逃した配信//無料視聴/2月20日/第20回コート対決~

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ソーイングビー 見逃し配信/再放送 第20回 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/2月20日/第20回コート対決~~
 

ソーイングビー 見逃し配信/再放送 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/2月20日/第20回コート対決~番組内容

 

イギリス全土から集められたアマチュアの裁縫自慢たちが腕を競い、チャンピオンを目指す。前回に続き、今回も昔のスタイルに挑戦。「男性用スーツ1着でリメイク」の審査が終わったら、「好みのデザインのコート」を作る。参加者に課せられたのは、昔の縫製技術を使うこと、そして適切な生地を調達してくること!▽英BBCで放送された「裁縫バトル番組」の日本語版。放送2回ごとに3つの作品を作り、総合評価で退場者が決まる。

ソーイング・ビー キャスト

 


四宮豪,小松由佳,庄司まり,寺依沙織,桜岡あつこ,渡辺ゆかり,片山公輔,上田ゆう子

 

ソーイングビー 見逃し配信/再放送 /2月20日/第20回視聴者評価

 

昔から裁縫技術が優れていたイギリスらしい番組でとても面白そうです。

裁縫には興味がないので、普段は裁縫の番組はあまり見る機会はありません。

しかし、対戦方式でアマチュアの方が争っていくという裁縫番組は、見てみたいとたいへん興味を引かれます。まず、スーツを一着作るというだけでもすごいですが、さらに、昔の裁縫の方法でコートを作るということはとても素晴らしい企画だと思います。

なぜならば、昔の裁縫方法というのはなかなか知ることが出来ないからです。どのような方法があったのか気になっています。

また、伝統を伝える意味でも素晴らしいと思います。この番組を見て国籍にに関わらず、伝統的な裁縫について学びたいと思う人も出てくると思います。

さらに、イギリスならドレス、日本なら着物の様にその国固有の服装に合わせた裁縫の仕方だと思うので、裁縫の歴史から服飾を学び、融合させて新しい裁縫による服装を作ることもできるのではないでしょうか。

イギリスの番組を日本語版で見ることができることは、まるで海外ドラマを見ているような感覚で楽しく見ることができると思います。

まずは、スーツとコートの作り方を楽しみながら知ることができる良い機会なので、とても楽しみです。

 

ソーイングビー/見逃し配信/再放送/第20回まとめ

 

イギリスの裁縫番組ですが、イギリス全土から裁縫が得意な人が与えられるテーマに沿った洋服などの出来栄えを競い合う内容になっていますが、日本にはない形の番組で新鮮な気分で見る事が出来ます。

各週の脱落者は1名、決勝は3名で行われる形式になっており、この番組を見ているとお気に入りの人が出来てその人を応援したい気分になって来ます。

各挑戦者には一人一台ずつの裁縫台やスチームアイロン、電動式ミシンなどが割り当てられトックされている各種の布やリボン、ファスナーなどの資材を用いて一斉に裁縫を開始しますが、迫力を感じる事が出来ます。

テーマも、スカート、ドレス、パッチワークなど様々なテーマが与えられますので見ている人はいつの間にかその裁縫をする姿に夢中になってしまいます。

日本では、裁縫をする人が減っていますがこの番組を見ると裁縫に興味のなかった人も裁縫の面白さに気付くかもしれません。

また裁縫に対するイメージを変えてくれる番組です。

裁縫でここまで熱く戦えるのかと驚きながら見る事が出来る番組になっており、期待出来ます。

予選を勝ち抜いた出場者たちの年齢層も広く、その出場者が熱く戦う姿を見るだけで楽しむことが出来る番組になっています。

 

総括

 
前回、今回と昔の縫製技術を使う対決となっているわけですが、いくら腕自慢といっても昔の技術を使うのは大変なことのようですね。

私なんかは現在の縫製技術も何もわからないので、ひたすら感心するばかりなのですが、とんでもなく上手だなあと感じる出場者が苦戦する姿を見させてもらい、いかに大変な課題が与えられているのか実感させていただいています。

そして、裁縫のすごさと職人、名人レベルの技術ってものすごいものなのだと思い知らされてばかりです。

番組はイギリスBBC制作でBBCでも人気だった番組の日本語吹き替え版なわけですが、このような競い合う番組というのは世界万国共通でエキサイティングなものなんでしょうね。

結局のところ、昔日本でも人気のあった料理技術を競い合う番組やクイズ番組、さらには大食い対決番組、そしてスポーツ競技の番組など、題材はなんであろうと人間どうしが競いあい格闘する映像というのは、視聴者にとって興奮し感動すらするものなのだということを、このソーイング・ビーを見て改めて実感させてもらっています。

そして、今後日本で新たな題材などをテーマにあらたな競技番組が開発されていいなとも思います。今回のソーイング・ビーも楽しみですね。

 

違法サイトに注意

その番組を楽しみにしている人にとっては迷惑な場合が多いと思います。しかし、そのネタバレ記事が、記事を掲載する人の自分の言葉で書かれたものであれば、著作権法違反などの罪に問われることはないのが現状です。

もちろん、ネタバレ記事の中に、オリジナルの画像やセリフそのものが含まれている場合には、著作権法違反になる可能性はあります。

例えば、発売前のマンガの作品情報をネタバレさせる行為が摘発された例があります。しかし、このような例はかなり例外的なものであり、摘発に至るためには作品制作者側の訴えが必要になってきます。

このため、ネタバレ行為を迷惑と思っている人がネタバレ記事をなくすよう訴えることは基本的には難しいです。

ネット検索などでネタバレ記事を発見しても、それを見ることを自制する対策しかとりようがないと思います。

また、みんながネタバレ記事を見ないようにすれば、ネタバレ記事の需要がなくなり、ネタバレ行為も減ってくると思いますが、一方で、ネタバレ記事を楽しみにしている人もたくさんいるため、ネタバレ記事の需要がなくなることもないと思います。

そうしますと、ネタバレ記事を迷惑と思っている人の気持ちは十分に理解できますが、法律的に解決することは難しいと言わざるを得ない状況と思います。
 
自分が作ったブログに、自分自身のツイートを貼りつけるのなら問題はないと思います。しかし知らない誰かのツイートを貼るときには注意が必要です。

ツイートをブログに簡単に貼りつけることができるので、つい気軽にやってしまうのかもしれません。貼っているブログの主の人は悪気はないのだと思いますが、こうして貼られた記事をたまたま読んだ人が、たとえば記事のネタになっているドラマや映画の内容を知ってしまう、ということもあるかもしれません。

私がもし自分のブログに見たドラマのことを書いて、同じドラマを見た他の人達のツイを貼って記事を作るとします。作っているときはとても楽しい作業になると思いますが、その記事を見る人にとってはネタばれになってしまう可能性が高いです。

私が貼ったツイートの主の人達にとっても、こういうふうに使われることは迷惑かもしれません。上にも書いたとおりブログにツイートは簡単に貼れますし、記事の内容をふくらませるためにも便利なのですが、ツイートの主に断りもなく使うということは避けたほうがいいと思います。
ツイートをした人達自身はドラマや映画の内容をばらすつもりでつぶやいているわけではないと思いますから。

ソーイングビー/無料視聴/見逃し配信/再放送/ 2月20日/第20回コート対決~youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないときは

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ソーイングビー/見逃し配信/再放送/見逃し配信無料視聴/2月20日/第20回コート対決~