ドラマ

スカーレット 121話/動画 121話/2月24日スペシャルサニーデー/スピンオフ/第20週無料視聴朝ドラ/再放送見逃し配信

スカーレット/121話(動画) 121話/2月24日スペシャルサニーデー/スピンオフ/第20週無料視聴朝ドラ/再放送見逃し配信

スカーレット動画(月曜日)121話/ 2月24日ネタバレや感想と見逃し配信視聴方法につきましては

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ動画121話2月24日
 

スカーレット/動画121話/2月24日youtube/NHK公式あらすじ

 

連続テレビ小説 スカーレット(121)「スペシャル・サニーデイ」

福引きで温泉旅行を当てた信作(林遣都)。百合子(福田麻由子)と子供たちを連れて行こうとしたところ、大野(マギー)から待ったの声。信作と百合子は店番をすることに。

番組内容
商店街の福引きで温泉旅行を当てた信作(林遣都)。百合子(福田麻由子)と子供たちを連れて行こうとしたところ、大野(マギー)から待ったをかけられる。自分にも温泉に行く権利があると言う父に対し、信作はノーを突き付ける。だが百合子が日ごろの感謝から、両親に譲ろうと提案。翌日、子供たちを連れて大野夫妻が温泉に。信作と百合子はカフェの店番をすることに。信作が慣れないながらマスターぶりを発揮していると最初の客が

スカーレット/121話動画/2月24日 キャスト

 

林遣都,福田麻由子,マギー,財前直見,本田大輔,

 

スカーレット121話動画の2月24日ネタバレ

 

 

壊して進む

八郎(松下洸平)は前に進むために新人賞をとった作品を壊すことに。

何度も怖そうとしていたとは。

前に進むというのは壊しながら進んで行くということ、といった喜美子(戸田恵梨香)の言葉が八郎にはずっと残っていたんですね。

喜美子と八郎は違う、だけど喜美子のように壊して進もうとしたんですね。

壊して進みと八郎に喜美子が言ったのを聞いていた武志。

うちとも新しい関係築こうやという言葉に出てきていましたね。

壊すことで、喜美子とも新しい関係を築いて、また陶芸を始めるかも。

そう思ったらいてもたってもいられなかったのかもしれませんね。

そして思いきって実行しようとした時に、野球みたいに投げようとしたのに失敗して手がすべってただ割ってしまった武志(伊藤健太郎)。

しかもそこにおちゃらけてやってきた面白おじさん。この空気に困惑して、呼ばれたよなと確認するところで信作(林遣都)は実際に面白おじさんになってたかも。

でも信作もずっと幼馴染みの喜美子と大好きな友達の八郎の関係が気がかりだったから、嬉しくもなりましたよね。

ここから喜美子と八郎も新たにまたこれまでとは違う形でも関係を作ろうとして進んでいけそうですね。

そう簡単には割りきれることではないかもしれないけど、大きく前進したといえますよね。武志もとても嬉しいでしょうね。

誘われていたパリ旅行

武志(伊藤健太郎)に熱くなる瞬間の話をした喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)。

この家族の様子をみて信作(林遣都)が嬉しそうなのもとても良いですよね。

武志もこんな時間を過ごせる日が来るなんてもうずっと諦めていたことで、浮かれているでしょうね。

釉薬の研究を楽しいと嬉しそうに語る弾んだ声。

負けてられないと喜美子は、そこでパリ旅行に行くことに決めていましたね。

その後に信作が喜美子に飛行機の嘘を教えて、八郎も楽しそう。嘘と分かって皆で笑って、武志は「信じてたんお母ちゃん、かわいいな」とからかったりもして。

皆で笑顔の楽しい夕御飯でした。

しかし次の日アンリさん(烏丸せつこ)に喜美子はパリ旅行にいけないと断っていたんですね。

行ってみて欲しかったです。

喜美子がそこで何を吸収するか、アンリさんとの旅行でアンリさんの価値観に驚いたり刺激を受けたりする姿も観てみたかったです。

喜美子はアンリさんから教わった、人生を豊かにする話をしていました。

今は誰かの人生を豊かにしたい、無性に今作りたい気持ちを伝えて。

それを聞いたアンリさんのこたえもとてもステキだと思いました。

芸術以外で人の人生を豊かにすることは人を思うことという話。

誰かの人生を思うことで自分の人生も豊かになると。

とても納得したし、自分もそうやって人の人生を豊かにしたいと思って自分の人生を豊かにできる人になりたいと思いました。

喜美子はそうして自分の人生を豊かに、アンリさんはこれからパリ旅行で人生を豊かにしに行く。

それぞれがやり方は違うけどそれぞれの方法で人生を豊かにしていくところなんですね。

この2人の出会いはとても良いものでしたね。

喜美子にとっても良いアドバイスをくれて、考え方もプラスになりましたよね。

アンリさん最初は怪しかったけど、こんなにステキな方でした。

 

スカーレット動画121話の2月24日感想

 

もう最高の回でした。

八郎の喜美子の性格を理解している事を息子の武志に語っていた場面も感動しました。

喜美子にしか出来ない自信、誰にも真似出来ないという確信があったからこそ、2人に穴がまを見せることを反対しなかったんだと思いました。

武志もその話を聞けて嬉しかったと思います。お父さんがお母さんの事をよく分かっていたので本当に嬉しかったと思います。最後の八郎さんと喜美子のやりとりは、待ってましたという感じでした。

昔の喜美子の性格が出ていて笑顔もあって、素敵だなと思いました。

無理はしているとは思うけど、武志の為に頑張ってでも元の家族のかたちを取り戻したいと思ったんだと思います。

八郎さんも戸惑っていたけど、本心はかなり嬉しいんじゃないかなと思いました。

喜美子から心を開かないと、八郎さんからは一生喜美子に心を開かないんじゃないか思っていました。

最後、八郎さんと抱きついた時、喜美子はどう思ったんだろう。

と考えました。

きっとドキドキしたのか、懐かしかったのかという感じかなと思います。

このまま昔みたいに仲良く三人で暮らしていって欲しいと思います。

そして、八郎さんはまた陶芸に目覚めて、夫婦二人で再開して欲しいなと思いました。
 

スカーレット動画121話までの考察

 

彼女には色々なことを話せてしまう喜美子。アンリさんはアンリさんで、自分の家族のことを絡めて話をしながら、かたくなな喜美子の気持ちを変化させる人で、自分そろそろ「フランスのパリ」へ行って「心を豊かにする芸術」を堪能するのに喜美子に同行しないか、と誘います。

武志は今お世話になっている掛井先生に「次世代展」に作品を出してみないかと言われます。

喜美子も過去に出しましたが、八郎に気を遣っての「春のお皿」という無難な作品だったため、落選しました。

「次世代展」に向けての話をするうちに、つい武志は自分がいかに「喜美子に八郎の事でどれほど気を遣っていたか」と冗談めかして文句を言われ、真面目に武志に謝りました。

今度は武志はどんな作品を出すのでしょうか。

その作品は八郎、喜美子、武志を結び付けてくれるものになるやもしれません。

そうそう、武志の友達と照子の娘が交際していることが発覚しました、こちらも揉めそうで楽しみですね。

2/20放送分

神戸に小池アンリさんがパリ旅行の準備のため一旦帰宅して、喜美子は家にひとり、アンリさんの依頼の作品の絵付けをしています。

そこに武志に呼び出された八郎が来ます。その時にたまたまいた、美術商の住田さんは「元のさやに!」と言って興奮しながら出て行きましたね、あらぬ噂が立たないと良いですが。

喜美子がチラッと住田さんに今後の予定の事を聞いて、パリに行く打診をしますが、住田さんは良いと思うとは言ってくれてました。

しばらくして武志も合流します。

八郎と喜美子が互いにかなり意識し合って話をしようにも進みません。

特に喜美子がまともに八郎と向き合えません。

しかし武志が間に立って、少しずつ家族の雰囲気が蘇ってきています。

ずっと武志は八郎に話をしたいことがあったのに我慢を続けていたために、八郎が「今日はお父ちゃんは話を聞くよ」と言われて涙ぐみます。

ようやく家族で本音の話が出来そうです。

うまくまとまってまた一つになれると良いのですが。

 

 

まとめ

 

朝ドラ「スカ―レット」も残すところ1か月ちょっとになってきました。

そこで注目しているのが、ハチさんこと八郎です。再注目と言った方が正しいかもしれません。

喜美子と同じ職場で出会い、恋をして結婚したまではこの人が喜美子を幸せにしてくれると信じていました。

真面目で優しいけど芯があってブレない人という印象でした。

また松下洸平さんというこれまで注目されていなかった俳優さんというところも注目ポイントでした。

演技力があり、清潔感があるさわやかな八郎役もぴったりで話題になったのも頷けます。

喜美子と出会いお互いが気になる存在になり少しずつ距離を縮めていく様子は見ていてドキドキしました。

なので結婚が決まったときはとてもうれしかったです。

最愛のお父ちゃんが亡くなった時も優しく支えてくれたハチさんだったのに、仕事の方向性の違いというか、価値観の違いというか2人にずれが生じ始めてしまいました。

ハチさんだけはどんな時でも喜美子に寄り添い、いちばんの理解者で、応援してくれる存在と思っていただけに残念でした。

喜美子の才能に嫉妬したのかなという思いもあってそんな小さな男だったのかとショックでしたね。

それでも時が流れ、息子・武志が成長したことで、なにかと会う機会が増え最近ではいい感じの2人。

ハチさんも変わらない優しさと場を和ます魅力は健在でさらに大人の安定感が増した感じです。

喜美子は陶芸家としては成功しましたが、見ていても孤独や虚しさを感じます。

お互い意識しながらも他人行儀に接していますが、喜美子は素直になれない性格なのでハチさんがくみ取ってあげてほしいです。

もういっそ復縁してほしいと思わずにはいられないほど、魅力的になったハチさんに注目していきたいと思います。
 

スカーレット121話(動画) 121話/2月24日(2/24)202002/24/(121回)youtube/Pandora121話/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunみれない時は

下記にて
(無料視聴できます)
↓ ↓

 

スカーレットドラマ121話 動画2月24日