映画無料ホームシアター

グエムル漢江の怪物/動画/フル/配信/無料視聴/日本語字幕!吹き替え//韓国映画

グエムル漢江の怪物/動画/フル/配信/無料視聴!吹き替え/日本語字幕/韓国映画

 

『グエムル漢江の怪物』はU-NEXTで動画配信されています

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ハンガンの怪物/グエムル漢江の怪物/動画/フル/無料視聴!
 

グエムル漢江の怪物 /映画内容

 

ソウルの中心を南北に分けて流れる雄大な河・漢江。休日を河岸で過ごす人々が集まっていたある日、突然正体不明の巨大怪物が現れた。次々と人々が襲われるなか、河川敷の売店で店番をしていたカンドゥの愛娘・ヒョンソが怪物にさらわれてしまう。

 

グエムル漢江の怪物 キャスト

 

(パク・カンドゥ)ソン・ガンホ

(パク・ヒボン)ピョン・ヒボン

(パク・ナミル)パク・ヘイル

(パク・ナムジュ)ペ・ドゥナ

(パク・ヒョンソ)コ・アソン

(セジン)イ・ジェウン

(セジュ)イ・ドンホ

(ホームレスの男)ユン・ジェムン

(黄色い服の男)キム・レハ

(影(私立探偵))パク・ノシク

 

グエムル漢江の怪物/動画/フル/無料視聴!ストーリー性

 
韓国映画『グエムル-漢江の怪物-』。

韓国映画界を代表する巨匠ポン・ジュノ監督の手による、2006年公開の怪獣映画です。

怪獣映画と言えば、アメリカなら『キングコング』シリーズ、日本なら『ゴジラ』シリーズの娯楽色の強い作品が思い浮かぶことだと思います。

それに対して、目立った怪獣映画と呼べるものがなかった韓国において、衝撃を伴って制作・公開されたのがこの『グエムル-漢江の怪物-』です。

ストーリーそのものは、人を捕食する正体不明の怪物と、それに対峙する人々を描いた作品で、パニック映画の一種とも言えるでしょう。

ただし、その怪獣が生まれた原因を、在韓米軍が実際に引き起こした化学物質の流出事故とするなど、アメリカ軍に対する反発が高まっていた当時の韓国社会の機運を反映させたような設定となっています。

当時の韓国人の情緒に合致した作品であったことが、記録的な大ヒットに繋がったとも考えられますね。

肝心の怪獣のデザインも、ゴジラやキングコングなどに比べると、愛嬌などは感じさせないグロテスクな容貌となっていて、ひとすら人の敵として描かれています。

その辺りについても、同じ怪獣映画とは言っても、完全にタイプが異なる作品なんだなと感じさせられますね。

 

グエムル漢江の怪物/動画/フル/無料視聴! 楽しみな点

 
正体が分からない化け物と人間の出会いという話は結構好きです。

また怪物を作るスタッフに世界で活躍する方が選ばれたということで、その点でもどんな怪物の仕上がりになっているのか気になりますね!

人をさらって襲うくらいなので、強力で邪悪そうなイメージで想像しています。

怪物はなぜソウルに現れたのか、理由が気になるところですね。

よくある展開としては人を襲って食べることや地球を乗っ取るためにやってきた宇宙人という設定でしょうか。

もしくは突然変異してしまった動物や細菌かもしれませんね。

一家は無事家族を化け物から取り返すことができるのでしょうか。

また全員命を落とすことなく平和な日常を取り戻せるのでしょうか?

今、注目の映画監督の作品ということで、驚きのラスト展開が待っていそうです。

伝染病などのテーマも好きなので、迫力があって面白そうだなと思っています。

人間の今までの仕打ちがひっくるめて返ってきている内容だと感じています。

きっとCGのクオリティとは思えないリアルさなんでしょうね。

どんな映像で編集されているのか気になります!

この映画でも韓国の格差社会や政府の傲慢さを描いているということで、化け物が出てくることとどう絡められているのか気になりますね。
 

グエムル漢江の怪物/動画/フル/無料視聴! 視聴者感想

 

韓国映画やドラマというのはどうしても恋愛メインや歴史物のイメージが強く、近年になってパラサイトや新・感染が出るまでは恋愛物と歴史物以外の映画は色物映画という雰囲気がありました。

グエムルは10年以上前の映画でCGの出来もそれなりでしたが、韓国映画がまだ開拓していない領域に踏み込んだという点においては画期的な映画だったかもしれません。

映画単品の出来としては個人的にはB級映画であるように感じられます。それかモンスターをメインにしたパニック映画としてではなく、ドラマをメインに評価するのであればBプラスくらいのランクは上げても良い映画のようには思います。というのも、モンスター要素というのはかなり薄めというか、薄めではないけれどモンスターはあくまで何かしらのモチーフでしかないということが映画のポイントになってくるからです。

恐らく日本人の私ではなく、韓国に住んでいる韓国人であればこの映画が意味しているものをより深く理解できるのかもしれません。

もしかすると韓国人にとってはAランク相当の映画として見える可能性もありますが、B級映画を見慣れた日本人にとってはやはり物足りなさは否めないところでもあります。

映画としての出来自体は悪くないですし、韓国映画の歴史にとっては外すことが出来ない作品です。ただA級レベルを期待していると肩透かしを食らいます。

かといって気軽に見るには濃厚なドラマ要素が邪魔をしますし、神経を使って見なければいけない割には面白さは薄めです。

あくまで10年前に韓国で大ヒットした映画、くらいの感覚で見るのが良いように思います。
 

まとめ

グエムル漢江の怪物は、ソウルの中心を流れる漢江(ハンガン)の河川敷。

ある日、民衆が憩うその河川敷に突如出現した正体不明の巨大生物。多数の見物人を襲って姿をくらましたこの怪物<グエムル>に、河川敷で売店を営むパク一家の孫娘ヒョンソがさらわれてしまうと言うもので、これは確か2006年の映画だったのではないかと思います。

怪物が現れると言うのは恐ろしいことだと思います。

また怪物が現れてパニックになると言うパニック映画は昔からいろいろな国でやってきたものなので新しく作るとなるともう色々と見てきて飽きてしまっているものになってしまっている場合がありますから、二番煎じにならないように気をつけて取っておく必要があります。

気をつけて映画制作などはしておいた方が良いものだと思います。

怪物が現れてパニックになる映画は日本ではゴジラがあります。

作っていく上でも昔からある映画と同じようになってしまってはいけないと思います。

なので作っていく上でも相当工夫があって怪物なども今まで見たことがないような怪物などを意識して作られたのではないかと思っています。

グエムルというと不気味な名前ですし、何が出て来るのかと画面に釘付けになりそうな名前です。
怪物が実際に出てくるまでの緊張感というか一体どんな化け物が出てくるのかと言うような感じの緊張感はうまく出せている映画だと思います。

グエムルという名前も恐ろしい怪物という感じがあります。

ホラー映画にも上手くなっていると思いますしパニック映画にもなっていると思いますしいろいろなジャンルが漬けられる映画になっているのではないかと思います。

決して子供向けの映画と言うわけでもなく恐ろしい感じの怪物がうまく引き出せている映画になっていると私は思いました。

ネット上の口コミなどを見てみても、そこまで悪いと言うコメントも少ない方の映画なのではないでしょうか。

ある日突然、漢江から飛び出してきた謎の巨大な怪物に娘ヒョンソを奪われてしまうと言うものであり大事な娘を奪われてしまうと言う悲しみがここであるわけでどうしたら助け出すことができるのかとここの時点で興味が湧いてくる映画になってくるのではないでしょうか。

最後まで目が離せない映画になっていると思います。

怪物を上手く登場させておかないと、こういった映画は台無しになってしまうわけで1階に怪物をうまく登場させていくかと言うことが大事になってくるのではないでしょうか。

上手く説明できませんが得体の知れない力により生み出されてしまった生物だと思いますし、これは人間が行き過ぎた科学力から生み出してしまった生物なのかもしれません。

なので人間が反省すべきところもある内容になっているのではないでしょうか。

グエムル漢江の怪物/動画/フル/無料視聴!pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、bilibili、acfunでは見れないです

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グエムル漢江の怪物/動画/フル/無料視聴!