バラエティJAPAN

日本アカデミー賞/2020/見逃し配信/授賞式/ネット/ライブ,リアルタイム中継/配信3月6日放送日まとめ

日本アカデミー賞2020授賞式見逃し配信/ネット/ライブ,リアルタイム中継/配信3月6日放送日まとめ
 

 

見逃した時や見逃したら見れない時は放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

日本アカデミー賞2020授賞式フル無料視聴3月6日放送日まとめ
 

日本アカデミー賞2020/番組内容

 

日本映画の頂点が決定!第43回日本アカデミー賞授賞式のレッドカーペットの様子をどこよりも早くお届け!最優秀賞作品&最優秀俳優&女優の結果は!?「キングダム」「新聞記者」「飛んで埼玉」「閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー」「蜜蜂と遠雷」2019年度No.1の作品は?豪華俳優陣も集結!

 

日本アカデミー賞2020出演者 キャスト

 

番組ナビゲーター
坂上忍
進行
水卜麻美
授賞式司会
羽鳥慎一、安藤サクラ
受賞者
笑福亭鶴瓶、菅田将暉、中井貴一、松坂桃李、GACKT、シム・ウンギョン、二階堂ふみ、松岡茉優、宮沢りえ、吉永小百合、綾野剛、伊勢谷友介、柄本佑、岡村隆史、佐々木蔵之介、吉沢亮、天海祐希、小松菜奈、高畑充希、長澤まさみ、星野源

 

日本アカデミー賞2020年3月6日みどころ

 
第43回となる、日本アカデミー賞授賞式、2019年度に上映された日本映画の頂点がここで決まります。

優秀作品賞には、キングダム、新聞記者、翔んで埼玉など5作品が選出されており、この中から最優秀作品賞が発表されます。

この他にも主演男優賞や女優賞、脚本賞、アニメーション作品賞などなど様々な賞があります。

知っている作品や俳優さんが最優秀賞に選ばれると嬉しいですよね。私が注目しているのは、翔んで埼玉です。

公開された時は日本中で物議を醸しましたが、日本アカデミー賞にノミネートされてますもんね、面白いってことです。私も映画館で見ましたが、久しぶりに笑いました。

いい意味で、いい意味で!くだらないことに全力なのが面白くて、もちろんいい意味で、キャストの無駄遣い、本当にキャスト陣が豪華なんです。

壇ノ浦役の二階堂ふみさんの普段とのギャップが凄すぎて逆に感動した覚えがあります。実は、ノミネート作品で翔んで埼玉しか見ておらず…これを機にノミネート作品をレンタルして週末の楽しみにするのもありかもしれません。

絶対ハズレはないはずですから。

こんなに豪華俳優陣が集結する機会って年に1度しかないんじゃないでしょうか。

どの作品が最優秀賞に輝くのか、楽しみに見たいと思います。

日本アカデミー賞2020 3月6日放送日視聴者感想

 

今回のアカデミー賞の授与式があります。毎回楽しみにしております。

東宝や東映はいつも張り合いを見せておりどっちかなと頭を悩ませております。しかしそこが楽しくていつも映画会社は気にしておりません。独立した映画会社は不利な状況と言われております。

しかし掘り出し物や注目はされてないけどもきっとキャリアを積み重ねると実力俳優に繋がると私は思います。

昨年は社会現象にもなりました天気の子の上映も見に行きましたが映像がかなりレベルが高くなっており好きな作品の一つでもあり万人向けの作品です。

前回は君の名はで世界中に広めることができましたので実力があると思った。

キャスティングも、映画の作品にしても情景も私が実際に足を運んだ場所もありましたので身近に感じた。

もしかするとここれが狙いかもしれないとピンときた。

また東京へ足を運んだ際に実際の風景とアニメの風景を見比べたいと思う。

景色を見るのは好きなもので実際奥行や細かい部分も良くできておりマクドナルドなんかはほんとに実際とそのままで特にビッグマックはおいしそうに表現しておりしばらくは食べました。

オリジナルで料理をチキンラーメン、ポテトチップスはクックパッドに載るほど有名になった。

 
『日本アカデミー賞2020』の放送で、面白そうな点や注目作品などを3点にまとめて紹介したいと思います。

1点目は、12部門ノミネートの「翔んで埼玉」が最終的にどのくらい賞を獲得するのかというところは要注目かなと思います。

こんなにノミネートされるとは思わなかったことあったので、1番の注目ポイントに挙げました。

2点目は新人賞を受賞した俳優陣です。

毎年、新人賞受賞者のコメントは初々しさを感じるし、歴代の受賞者がその後も活躍されているのを見ると、今後注目の俳優陣も分かる部門です。

個人的に、昨年の受賞者の中では、伊藤健太郎さんが入場時にフライングで歩き出してしまったり、平手友梨奈さんが個性的な衣装で登場していたことがとても印象に残っています。

映画やドラマの作品発掘や、若手俳優の開拓などのきっかけになると思います。

3点目は、「新聞記者」がどこまで受賞に食い込めるかということです。

公開時、作品の内容等により、あまりメディアでのプロモーションが出来なかったというハンデを負っていたにもかかわらず、SNSの口コミや批評家たちからの論評が話題になって、動員を伸ばしていたという印象があります。

そういった背景を持つ作品が、地上波放送でどのように取り上げられ、賞レースにどのように参戦していくのかが見ものだなと思います。

ノミネートされている俳優陣と、司会の羽鳥アナと安藤サクラさんの掛け合いも楽しみながら、オンエアを待っています。

まとめ

スタジオには坂上忍さんも迎えて、羽鳥 慎一さんたちを進行に、豪華なメンバーが揃う授賞式になりました。それだけでもワクワクしますね!

インターネットでも話題になった新聞記者もアカデミー候補なのですね。これがアカデミー賞になるのではないか?と考えています。

キングダムや閉鎖病棟も気になる作品の一つです。

星野源さんも登場されるということで、ざっくばらんだなと思いました。私は、社会派やサスペンスが好きです。

特に閉鎖病棟と新聞記者は、考えさせられる内容ではないでしょうか?

映画の枠をこえて、本当にこれは現実で起こっていることではないのか?と思ってしまうリアルさがあります。

新聞記者では主人公たちが不正を暴いていくのですが、これはフィクションではなく実際に今起こっている不正を公にしたのでは?と思わず錯覚してしまいます。

閉鎖病棟もそうですが、社会という大きなしがらみに人々が翻弄されているのが一緒だと思います

生きにくさは本当に共感できるポイントです。

たとえ社会では犯罪者や落ちぶれものと言われている人たちでも、同じ人間ですし、確かに恐れられる立場にあるかもしれません。

でも、この映画では、そんな立場にある人にも生きる希望を見出してくれた気がしました。アカデミー賞を通してどんな作品が世間に認められるのか、見届けたいです。
 

2019年にヒットした作品と言えば、「キングダム」や「飛んで埼玉」、「閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー」など話題になった映画がいつもよりも多かった気がします。

その中でも、私は「キングダム」の吉沢亮さんの大ファンです。

「キングダム」もとても良かったですし、朝ドラもずっと見ていました。

来年度の大河も決まっている吉沢亮さんにぜひ賞をとってもらいたいです。

受賞者には、吉沢亮さん以外にも宮沢りえさん、吉永小百合さん、綾野剛さんに伊勢谷友介さん、柄本佑さんや岡村隆史さん、佐々木蔵之介さん、天海祐希さんなどなど、毎回アカデミー賞は本当にたくさんの豪華芸能人が集まります

日本映画の頂点でもある日本アカデミー賞。

今回は43回目だそうで、最優秀賞作品などがきになるところです。

「飛んで埼玉」もかなり話題になりましたが、どの作品が賞をとってもおかしくなく、誰が最優秀賞をとっても変ではないと思います。

だからこそ誰が選ばれるの変わらず、絶対に見たいと思います。
番組ナビゲーターの坂上忍さんのコメントも楽しみで、楽しみに見たいです。

日本アカデミー賞2020フル無料視聴3月6日放送日まとめ映画無料ホームシアターbilibili、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

日本アカデミー賞2020見逃し配信/再放送フル無料視聴3月6日放送日まとめ