スポーツ

びわ湖毎日マラソン/動画/2020/配信/3月7日/リアルタイム配信中継無料視聴まとめ

第75回
びわ湖毎日マラソン動画2020配信/3月7日リアルタイム配信中継無料視聴まとめ

 

2020年3月8日9時からNHK Eテレで『第75回(琵琶湖)びわ湖毎日マラソン~東京オリンピック代表最終選考会~』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第75回びわ湖毎日マラソン2020動画配信/3月7日/リアルタイム配信中継無料視聴まとめ
 

びわ湖毎日マラソン2020動画配信/3月7日/リアルタイム配信中継無料視聴まとめ/番組内容

 

国内で最も長い歴史と伝統を誇るマラソンレース。東京五輪代表選手選考の最後のレース【解説】高岡寿成 花田勝彦

番組内容
東京オリンピック男子マラソン代表を決める選考会の最後のレース。MGCでも好走した大塚祥平(九電工)や鈴木健吾(富士通)たち若手選手がこのびわ湖で一気に伸びチャンスをつかむか。そして前回大会でも力を見せた川内優輝も出場。

 

第75回びわ湖毎日マラソン 出演者

 

解説
高岡寿成,花田勝彦,

アナウンサー
冨坂和男

 

第75回びわ湖毎日マラソン2020動画配信/3月7日/リアルタイム配信中継みどころ

 

『第75回びわ湖毎日マラソン~東京オリンピック代表最終選考会~』では、だれが東京オリンピックに選ばれるのかという点を楽しみに見たいと思っています。

今回は九電工の大塚祥平選手や富士通の鈴木健吾選手など注目されている選手が多く、どんな走りを見せてくれるのか非常に期待できます。

オリンピック出場をかけた男たちの熱い戦いの様子を思うだけでこちらもワクワクしてしまいます。

今回のオリンピックは日本で開催されるということで、私たち日本人と日本人選手にとっても非常に思い入れの強いものなので選手は出場したいという気持ちが、そして私たち応援する側からも出場してほしいという気持ちがあります。

私の場合は直接現地で選手の応援に行けない分、今回のマラソンはテレビの前でしっかり応援するぞという気持ちが高まっています。

走っているそのマラソンコースの中でも毎年様々なドラマが生れているので、今回の戦いからは目が離せません。

事前に出場選手について調べて、全力で応援できるように挑みたいと思っています。

また、今回は琵琶湖での開催ということで琵琶湖周辺のコースのの自然豊かでのびのびとした雰囲気も楽しみながら応援したいと思っています。

このレースでついに東京オリンピック代表が決まる。毎回この選考会レースには、世間が注目しているが、今回は自国開催のオリンピックということもあり、代表残り1枠がだれになるのか、というのは本当に注目すべき点です。

1日の同じく選考レースである東京マラソンにて、大迫選手が2時間5分29秒とういうとんでもない記録を出しました。

正直言ってこの記録を破る選手が、今回現れるかどうかは微妙かと思いますが、期待したい選手は何名かいます。

その中でも筆頭は、川内優輝選手でしょう。公務員ランナーとして、独特の調整法でこれまでいくつものレースにチャレンジしてきた、その経験値は大きいと思います。

決して速いというイメージはないですが、マラソンをよくわかっている、諦めない姿勢、最後まで全力で、といったところをみると、どうしても応援したくなります。

これまでのびわ湖毎日マラソンの優勝者をみると、過去10年はほぼ外国人、特にケニア勢が勝っていますが、タイムを見ると、2011年に2時間6分13秒という最速タイムがあり、そのほかもだいたい2時間7、8分台といったところです。

今回で残り1枠が決まるということもあり、かなりの高速レースになると思われるので、それについていければ、まさかまさかの大逆転劇が起こるかもしれません。

川内選手とそのタイムにぜひ注目したいと思います。

第75回びわ湖毎日マラソン』はかなり見どころが多いです。

どっちかといえば日本の招待選手よりも海外の招待選手がかなり豪華なところに注目してます。

自己最高タイムが2時間5分台の外人選手が3名も出ている点がまず大注目な点です。

この3名はエバンス・チェベト選手とフィレックス・ケモンゲス選手とフィレックス・キプロティチ選手ですけども全員アフリカの選手です。

たぶんこの3名の中から優勝者がでるかなって感じてます。

国内招待選手の中ですと川内優輝選手くらいでしょうか。

優勝を狙えるのって。復活を期す川内優輝選手のコンディションがかなり良い具合に仕上がっていればもしかしたら優勝に絡めるかと思いますが可能性はかなり低いかなっておもいます。

現在33歳ですし既にピークを過ぎている印象があるからです。

ですので国内招待選手の中の別の選手が優勝争いに絡んでくる可能性のほうが高いかなっておもいます。

国内招待選手の中には外国人の方もおりますけども、その中でも最高タイムが2時間7分台であるマチャリア・ディラング選手はそこそこ期待していいかと思います。

年齢も25歳と若くてまだまだ伸びしろはあるでしょうし、上手くいけば自己最高気力も出せる気がします。

 

第75回びわ湖毎日マラソン2020動画配信/3月7日/リアルタイム配信中継楽しみな点

 

日本陸連が、2020年東京オリンピックのマラソンにおいて、メダルを獲得するために発案したのがMGCで、三つの代表枠は、1位の中村匠吾、2位の服部勇馬の2枠が決まり、残りの一枠はびわ湖マラソンが終われば決まります。

3枠目の最有力は、3月1日の東京マラソンで、4位ながら2時間5分29秒と、自身が持つ日本記録を21秒縮める記録を出して、大きくリードしています。

この記録を破らないと東京オリンピック代表はありません。日本人の有力選手は、公務員ランナーとして数多くのレースを経験している川内優輝、若さで一気に記録更新を狙って欲しい大塚祥平や、鈴木健吾がいます。

しかし、いきなり記録を5分も縮めるのは至難の業で、三枚目の東京オリンピック代表切符 は、ほぼ大迫傑で決まりです。

優輝候補ですが、驚異的な世界記録2時間1分39秒を出して、オリンピック二連覇を目指しているエリウド・キプチョゲがいるため、2時間5分の自己最高記録 を持っているのにケニア代表になれなかったエバンス・チェベトが中心となります。

ウガンダのフレックス・ケモンゲスも2時間5分12秒の自己最高記録を持っており、アフリカ勢の優勝争いになりそうです。

私は、若い二人の爆発的な走りを期待したいです。

 

第75回びわ湖毎日マラソン 視聴者感想

 

昨年3月末に埼玉県庁を退職し、プロランナーになった川内優輝選手。2019年「琵琶湖毎日マラソン」でも8位と健闘した姿は記憶に新しいです。

県庁に勤務し、様々な業務をこなしながら練習時間を確保し、メリハリのある練習を実践する姿を見て、勇気づけられた市民ランナーは多いと思います。

大迫傑選手や設楽悠太選手のようなエリートランナーは憧れですが、それに対して川内選手はとても親近感が湧く選手です。

川内選手の持ち味は粘り。前半は抑え気味で徐々にペースを上げているネガティブスプリットの名手です。

いったん後退したとしても、そこから脅威的な粘りでトップ争いに復活することが出来る選手です。2017年12月の防府読売マラソンではこの走りで見事優勝を飾りました。

また、強靭の精神力の持ち主だと思います。2018年4月のボストンマラソンでは大雨、強風、低気温の中、名だたるケニア勢に大差をつけてゴールテープを最初に切りました。悪条件になるほど底力を発揮する選手です。

びわ湖毎日マラソンでも最初は抑え目に、後半に比良山系からの向かい風の中、トップグループから1人、2人と落ちてくるかわしてき、歯を食いしばりながらトップグループに追いつくかもしれません。天候は雨予報です。

悪条件のレースになることが予想されます。この大会でも台風の目になる可能性があるレース巧者の川内選手から目が離せません。

 

まとめ

 
日本人1位とタイム

びわ湖毎日マラソンの結果でオリンピック内定が決まってくる大迫傑選手。

東京マラソンの結果でここまでたぐりよせたチャンスを逃す気はないでしょう。

しかしこのびわ湖に出場する選手達も負けられない戦いとなりますよね。

並々ならぬ覚悟で走るのではないでしょうか。

2時間5分29秒、大迫選手が東京マラソンで叩き出した記録。

この日本記録をびわ湖毎日マラソンで越す者が果たして出てくるのかどうかにかかっているんですよね。

この記録を破るものがいなければ大迫選手はオリンピックへ。

注目すべきは国内招待選手の川内選手のタイム。

自己記録がもっとも早いとされる川内選手でも2時間8分14秒なんですね。

その差でも2分45秒。

この数字をみるとやはり大迫選手がかなり有力に思えてきますね。

日本人一位の予想でもやはり川内選手の名前はトップにあがるのではないでしょうか。

全力で力を出しきる姿をみたいと思ってしまいます。

注目選手としてあげられる中に大塚祥平選手。

昨年の代表選考会4位の実力者の力をみせてくれることに期待しています。

7位の鈴木健吾選手も忘れてはいけませんよね。

そして川内選手の記録に次ぐ、2時間8分29秒の野口選手も出場するんですよね。

過去の数字だけではもちろん分かりません。新たな記録が出ることももちろん考えられます。

とにかくこのレースで着目したいのは日本人一位となるのは誰なのかということと、そのタイムは2時間5分29秒をきれるのかどうかではないでしょうか。
 
びわ湖毎日マラソン2020動画配信/3月7日/リアルタイム配信中継無料視聴まとめ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube
tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第75回びわ湖毎日マラソン2020動画配信/3月7日/リアルタイム配信中継無料視聴まとめ