ドラマ

グッドファイト 10話/動画 第10話再放送/3月8日NHK 海外ドラマ/無料視聴/見逃し配信/ ~シーズン1/

グッドファイト 動画 第10話再放送/3月8日NHK /無料視聴/見逃し配信/ ~シーズン1/

 

2020年3月8日23時からNHK総合で『グッド・ファイト(6)「SNSと言論の自由」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 
(全話無料視聴できます))

 

↓ ↓

 

グッドファイト 10話/動画第10話/~シーズン1/2020年3月8日
 

グッド・ファイト /番組内容

 

グッド・ファイト (10)「カオス」

アメリカの「今」を映し出す!本格法廷サスペンス。刑期35年での司法取引を持ちかけられたヘンリー。取引しなければマイアが偽証罪で服役することになると聞かされ…。.

番組内容

前の事務所で面識のあったスタックがダイアンを訪ねてくる。知らないうちにパソコンに送電システムを攻撃するマルウェアが仕込まれており、9時間後に大停電が起きるというのだ。自分がサイバーテロで逮捕されないよう、FBIと交渉してほしいと依頼される。刑期35年での司法取引を持ちかけられたヘンリー。取引しなければマイアが偽証罪で服役することになると弁護士から聞かされる。

 

グッド・ファイト キャスト

 

クリスティーン・バランスキー…小宮和枝,ローズ・レスリー…鷄冠井美智子,クーシュ・ジャンボ…鈴木美園,デルロイ・リンドー…辻親八,キャリー・プレストン…伊倉一恵ほか

 

グッドファイト 動画10話/~シーズン1/2020年3月8日ストーリー性

 
グッド・ファイト」は「グッド・ワイフ」のスピンオフの弁護士ドラマです。

「グッド・ファイト」は2017年より放映され、現在シーズン3まで放送が決定している大人気ドラマです。

「グッド・ファイト」でもおなじみのキャストが主要キャラクターとして登場するため前作を知っている方には勿論、「グッド・ワイフ」の世界観を引き継ぎつつ新たなストーリーになっているので「グッド・ファイト」を知らない方でものめり込めることができると思います。

私が面白そうと感じた点は現在アメリカが抱えている様々な問題や”トランプ大統領”などストーリー内に時事ネタが沢山盛り込まれている所です。

第1話では主人公のダイアンがトランプ大統領の就任式を呆然とみるところから始まっていたり、別の話ではダイアンがヒラリー・クリントンとのツーショットの写真が写真立てに飾られているなど、時事ネタを小ネタとしてあちこちに取り入れられています。

また、シーズン1の中だけでも【アフリカ系の人々がアメリカ社会から排除されていること】や【紛争地シリアを支援する遠隔医療の存在】、【選挙関連の偽情報を発信するツイッターボット】などをストーリーに華麗に組み込まれており、アメリカの事情を知らなくてもこのドラマを見るだけでアメリカの事情を知ることができる内容になっています。

 

グッドファイト 動画10話/~シーズン1/2020年3月8日ネタバレ

 

テレビドラマの主流は日本製のものになっていますが、テレビが普及し始めた頃は、アメリカのドラマをいろいろ見たものでした。

生活スタイルも、ものの考え方も、もちろんドラマの場面の展開も、すべてが日本とは異なる世界だと思います。

それを見せてもらえるのは、なかなかいいと思います。

【グッド・ファイトシーズン1】は、『グッド・ワイフ』と同じ製作陣で製作された全10回の法廷サスペンスドラマということです。日本でも法廷物のドラマはありますが、アメリカの法廷はどちらかというと激しい「戦い」の場です。

だからドラマのタイトルに「ファイト」があり、われわれ視聴者は、弁論によるその「戦い」を見せてもらえるわけです。

今回のスタートは、弁護士引退を決めたダイアン・ロックハートが、事務所に採用されたマリアを最後の案件に関わらせて、これで一件落着かと安心したら、なんとそのマリアの父親のヘンリーが巨額詐欺容疑で逮捕されるという事態が起こるというのです。

誰が誰をどんな理由で殺害したかという「事実」が明確な殺人事件と違って、こういう事件はまさに、弁護士の腕の見てどころということですから、ドラマがどのように展開していくのか、そしてそこからどんな事実が解き明かされていくのか、興味深いです。

また、海外ドラマは日本人の声優による吹き替えになりますから、テキパキとした英語がどのような日本語に翻訳されるのか楽しみです。

そしてそれを優れた声の持ち主である声優が音声にするわけですから、吹き替えられた声の魅力というのも、海外ドラマの長所の一つです。
 

グッドファイト 動画10話/~シーズン1/2020年3月8日感想

 

本格法廷サスペンスということですが、アメリカと日本では大きく司法制度が異なっておりなかなか理解できない事も多かったりするのですが、こういうドラマは見た後に疑問に思ったことなどを検索したりすると理解が深まり、より次回の展開が気になるようになりのめり込んでしまいますよね。

登場人物がなんでそんな行動するのだろうと思っていたことが、ああ、法的にはあの行動が正しかったんだ、とか、あれは逆に不利になるのでは?という感です。

それに、日本の司法制度との違いなんかも判ったりしますので、勉強になりますし、国内での事件のニュースなどが理解しやすくなります。

もちろん、ドラマとしても海外のものは、へえ、そんな生活習慣があったりするのか、といった文化的な違いも面白いのでサスペンス以外にも楽しめます。

ドラマとしてもアメリカの法廷系のサスペンスでは、司法取引といった事柄も良く出てきます。

この司法取引というのが人の心理的葛藤や、被告側や検察側との駆け引きや思惑、それぞれの立場での自分たちの有利をいかにして確保するかに奔走する姿は、ぐっと手に汗握るものがあります。

この、グッド・ファイトというドラマ、登場人物の関係も複雑そうで、詐欺被害者の弁護士の事務所で、詐欺の被告人の娘が働いていたりと初めから波乱が期待できそうです。

登場人物紹介を見るだけでも、わくわくして楽しみになるドラマです。
 

まとめ

 
レディック&ボーズマン法律事務所に拾ってもらうような形で新しくパートナーとして入ったダイアンの様子がおかしくとても気になります。

マイアは、自分の家族が絡んでいた詐欺事件のとばっちりを受けている状態でマイアがこのピンチをどう乗り切ってくれるのかが面白そうです。

自分がピンチでありながら、マイアは無料相談の枠を越え、仲裁に代理人として出席する所が正義感の強い舞アらしい行動だと思います。

ルッカとマイアは思わなぬ案件を抱えることになりますが、この思わぬ案件を二人がどう切り抜けて行くのかが気になります。

まだ新しい事務所に入って慣れていない中で、問題の解決にあたる姿が見ごたえがあります。

マイアが何が真実なのかを暴いてくれるのではないかと、楽しみにしています。

事務所を変わったことで今までとは、まるで違うメンバーになり新鮮さを感じます。

アメリカの今をリアルに描いているので、このドラマを見るとアメリカで今何が起こっているのかをリアルに知ることが出来るのも楽しみの一つです。

前作よりもさらにパワーアップした作品になっており、展開が読めない所もあり楽しむことが出来ます。

マイアは多くの物を失って強くなっているのではないかと思います。

人気ドラマ、グッド・ワイフのスピンオフ「グッド・ファイト」。

スピンオフドラマながらシーズン3まで続いているアメリカで人気ドラマになっていますね。

グッド・ファイトの主役ダイアン・ロックハートを演じるのはクリスティーン・バランスキー。クリスティーン・バランスキーは現在67歳で、テレビドラマというよりはブロードウェイや映画での活躍が目立つ女優さんですね。

映画「シカゴ」でのラジオ・パーソナリティのメアリー・サンシャイン役や、マンマ・ミーアでのターニャ役などは記憶に新しいところ。

グッド・ワイフでも活躍していましたが、本作グッド・ファイトでどんな姿を見せてくれるのか本当に楽しみです。

それから、もう一人の主役、マイア・リンデルを演じるのはローズ・レスリーさん。

ローズ・レスリーさんはイギリスはスコットランドの32歳の女優です。

歴史ドラマ「ダウントン・アビー」でのメイドから辞職して秘書となったグウェン役、HBOのゲーム・オブ・スローンズでの女戦士で弓の名手のイグリット役などで知られています。

この2人がグッド・ファイトの主要キャストですが、ここまで見てきた感じではなかなか良い感じだと思います。

今後も困難に向き合っていく場面が多々描かれると思いますが、私たちを引き込むような演技を楽しみにしています。

 

グッドファイト 動画10話/~シーズン1/2020年3月8日/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グッドファイト 動画10話/~シーズン1/2020年3月8日