スポーツ

大相撲 大阪場所 2020 動画 ライブ中継/配信/春場所3月8日~初日~千秋楽無料視聴まとめ

大相撲 大阪場所 2020動画ライブ中継/配信/春場所3月8日~初日~千秋楽無料視聴まとめ

 

2020年3月8日15時5分からNHK総合で『大相撲春場所 初日』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

大相撲 大阪場所 2020動画ライブ中継/春場所3月8日~初日~千秋楽無料視聴まとめ
 

大相撲 大阪場所 2020動画ライブ中継/春場所3月8日~初日~千秋楽無料視聴まとめ番組内容

 

【解説】正面(十両)…岩友(元木村山),【アナウンサー】正面(十両)…三輪洋雄 ~大阪府立体育会館から中継~

 

大相撲春場所 出演者

 

解説
正面(十両)…岩友(元木村山),

アナウンサー
正面(十両)…三輪洋雄

 

大相撲 大阪場所 2020動画ライブ中継/春場所3月8日~初日~千秋楽無料視聴まとめみどころ

徳勝龍関が優勝した先場所では大いに盛り上がりました。奈良県出身の力士として幕尻優勝は快挙です。近大相撲部の伊東監督がお亡くなりになられて優勝インタビューでのあの涙はとても印象的です。

春場所でも勢いは衰えていないので三役目指して躍進して欲しいです。

春場所といえば大阪です。大阪出身の力士といえば豪栄道関です。

残念ながら引退を発表して春場所での地元凱旋とは行きませんでしたがまた解説者として親方として春場所をどう語ってくれるのかが必見です。

あの力溢れる堂々たる姿はまだ観れるものだと思っていました。

個人的に応援しているのが元大関の高安関です。かつて宇良関との一番は大関の立場にかかわらず横綱のような果敢に攻めて来るもの拒まずの取り組みがとても大好きです。まだ力は衰えていないです。

大関復帰を目指して健闘して欲しいです。

結婚したこともあり高安関本人が一番感じていると思います。

何より春場所は横綱大関といった横綱と大関が同じ位にいるというのがポイントです。

白鵬関も全盛期と比べると衰えを感じますがまだ横綱として優勝の可能性を充分に秘めています。

同じく横綱鶴竜関も怪我に負けず優勝を目指して日々逞しく稽古に打ち込んでいます。

そういった意味では誰が優勝するのか予想できないです。

予想できないからこそ春場所は特に見物だと思います。

大相撲 大阪場所 2020動画ライブ中継/春場所3月8日~初日~千秋楽無料視聴まとめ 楽しみな点

春場所がまもなく始まりますが楽しみですね。

今回の春場所には様々な注目点があると思いますが、やはり一番の注目は優勝争いがどうなるかでしょう。

初場所は休場力士が多く、しかも白鵬、鶴竜の両横綱が休場したこともあって優勝争いは混沌としてしまい、最終的に幕尻の徳勝龍が幕尻として史上初の優勝という非常に珍しい結果となりました。

今場所徳勝龍は西二枚目まで番付を上げたため初日から上位陣と連日激突することになるわけですが、先場所の勢いを続けていくことができるのか注目が集まるところだと思います。

すでに33歳という大ベテラン力士ではありますが、先場所からの勢いが続けばこのまま大関昇進まで突っ走るなんていうこともあるかも知れませんので期待したいところですね。

次に注目したいのは、先場所星ひとつの差13勝2敗で優勝に届かなかった正代です。

正代は一時期大関に上がるのかという勢いを感じた時期もありましたが、その後しばらく低迷が続いていたと思います。

ですが、九州場所では番付が10枚目だったものの11勝し、先場所は4枚目で13勝、そして今場所は3年ぶりに関脇に復帰しました。

ケガにより大関陥落が続き大関が一人となっている状況でもありますので、今場所はなんとか大関への足がかりをつかんでほしいところです。

期待したいですね。

大相撲 大阪場所 2020動画ライブ中継/春場所3月8日~初日~千秋楽無料視聴まとめ 視聴者感想

 

やはり、先場所平幕優勝した徳勝龍が今場所でも活躍するかどうかに注目しています。

今場所は前頭二枚目まで番付が上がっており横綱を含む上位陣との取組が多くなりますので、優勝はおろか、白星を上げること自体が難しくなるように思われます。

しかし、今場所は地元奈良に近い大阪で開催されることもあり、地元ファンの声援に応えて1つでも多く白星を上げることができれば、今場所も盛り上がるのではないかと思います。

個人的には、金星を上げることができればと期待しています。

優勝争いは、二人の横綱、白鵬と鶴竜の争いになると思いますが、両横綱に一人大関の貴景勝が食い込めるかどうかがみどころだと思います。

貴景勝も兵庫県出身で地元に近いため、徳勝龍と同様に地元ファンの声援に応えて終盤まで白星を重ねることができれば、三つ巴の優勝争いが期待できるのではないかと思います。

また、人気力士の炎鵬も、前頭四枚目と上位陣との取組が予想されますので、上位陣に対して白星を上げることができれば、優勝争いに影響を及ぼすことになり、今場所を盛り上げてくれるのではと思います。

また、個人的には大阪出身の勢や妙義龍の活躍も期待できるのではないかと思います。特に、勢は番付も下位ですので、序盤に白星を重ねることができれば、今場所も盛り上がること間違いなしと思います。

長く続いたモンゴル人力士による上位独占状態がようやく終焉を迎えようとしているこの時期ですから、長い間の相撲愛好家の間では相撲界の節目の場所としての期待が広がっています。

白鳳や鶴竜の2横綱には往年の力強さは見られず、足腰の老化を隠すことが出来なくなってきています。

特に絶対的な強さを誇り、長きに渡って相撲界に君臨している白鳳にそれが顕著で、最近では張り手やカチアゲなどの横綱の品位を問われかねない手段で勝を取りに行っている姿が目立ちます。

 

まとめ

 

残念ながら日本人力士の中に彼らを圧倒するようなパワーと技量を備えて、なおかつこれからも大きな伸びが期待できそうな力士が見当たらないのが悔しい限りですが、唯一の光明は炎鵬です。

170cmに満たない身長と幕内最軽量の体重にもかかわらず、素早い動きと多彩な技でファンを喜ばせ続けてくれています。

得意の左四つからの下手投げは威力充分で、大柄な力士相手にも臆せずに立ち向かっていく姿には、暗くなりがちな日本の社会を明るくしてくれる魅力に満ちています。

先のトーナメントで白鳳を投げた姿を、もしも対戦が実現することがあれば、本場所の土俵で再現してもらいたいものです。

 

まずは白鵬が出場するのかしないのかが、一番の注目ポイントです。

白鵬が休場しなければ、優勝候補の一番手はやはり白鵬だと思います。

もちろん体調が万全でなければ波乱が起きるかもしれませんが、全盛期からは多少の衰えは見えますが、白鵬に撮って代われる力士がまだまだ出て来ていないのが現状だと思います。

あと大阪場所なので、関西出身力士の活躍があってはじめて盛り上がる場所になると考えます。

まずは先場所幕尻で優勝した徳勝龍が前頭二枚目で上がり、上位陣と当たってどこまで勝てるのか?

優勝とまでは行かなくても、ある程度上位陣に勝つことができれば、先場所以上に盛り上がるだろうし、横綱大関に勝てばテレビでの勝利者インタビューも楽しみになるかと思います。

また大阪出身の勢もどこまで復活しているのかも注目しています。

怪我の影響もあって一時期は十両まで下がりましたが、ここへ来て少し復活してきた感じがしてきました。

なかなか上位陣には勝てないですが、攻め込みながら、最後足が出ず土俵際で落ちて負ける相撲を減らして我慢できれば、もう少し勝てるのではないかと思います。

地元大阪場所で大きな声援を味方にして勝ち越して、来場所以降に三役に返り咲けるよう頑張ってほしいと思います。

朝乃山の大関昇進が最大の話題でしょう。

11勝、10勝ときているので、12勝以上をあげれば大関昇進の可能性が高いです。

上位陣は横綱2人と、大関1人しかいないので、12勝以上の可能性は十分にあります。

しかも1回優勝経験もあるのでなおさらです。

対抗馬は大関貴景勝でしょうか。

こちらも1回優勝歴があるので、意地を見せてほしいです。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

大相撲春場所2020動画