ドラマ

天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間/動画/フル配信/無料視聴/ナスD/3月8日

天空のヒマラヤ部族/動画フル無料視聴/ナスD/3月8日 決死の密着取材150日間

 

2020年3月8日20時53分から『天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間 動画配信テレビ朝日開局60周年記念』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

天空のヒマラヤ部族/動画フル無料視聴3月8日
 

天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間 /番組内容

 

世界の屋根・ヒマラヤ山脈。標高4千m超の過酷な環境で今なお自給自足で暮らす幻の民がいた…世界初となるその厳冬期・越冬の撮影に挑んだ総勢20名による命懸けの密着取材

◇番組内容
神々が住むという世界の屋根ヒマラヤ山脈。地球規模の大自然が残る未開の地で今なお自給自足で暮らす世界一高い集落があった…その幻の民との出会いを求め標高4千mを越す過酷な環境に総勢20名のスタッフが命がけの取材に挑む。そこに辿り着くには困難の連続が…そして世界初となる秘境の厳冬期・越冬に密着!息を呑む壮大な大自然で四季を通じて長期の体当たり取材を敢行、世界一高い集落に暮らす人々に迫った150日間の記録

 

天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間 出演者

 

友寄隆英(テレビ朝日ディレクター) 大谷映芳(元テレビ朝日ディレクター。テレビ朝日局員時代に世界最難関K2の西陵ルートの世界初登頂に成功。)

 

天空のヒマラヤ部族/動画フル無料視聴3月8日ストーリー性

 

最近名峰の番組を見たりするのに夢中になってしまった私にとってはタイムリーというくらい面白そうな番組が放送されます。

ヒマラヤ山脈で暮らす部族に密着するというテレビ朝日開局60周年の番組ですが、これはスタッフたちがかなり命がけのロケを行っています。

もし私がこの企画にロケに行けと言われたら断ると思います。

雪山ですし、標高は4000メートル以上です。

そんな極寒の中20人のスタッフたちが自給自足生活をする部族たちを取材する為に登ったそうです。

これはスタッフたちも緊張したことでしょう。

もし実際登って見つけることが出来なかったとしたら大変なことになっていたでしょうね。
これは世界初の密着なのでしょうか。

テレビ朝日の歴史に残るような番組になることは間違いないでしょうね。

部族を見つけるまでにどれくらいの時間が掛かったのかも気になります。

これは部族のドキュメントでもありますが、テレビ朝日のスタッフたちのドキュメントでもあるよえな気がします。

こんな所で自給自足の生活が出来るというのは信じられません。

一体作物は作ることが出来るのかなど、色々なことが気になります。

普通ならば山を降りて生活すると思いますが、それをしないのだから何か理由があるのでしょう。

 

ヒマラヤ部族に150日密着番組、めちゃくちゃ面白そうだと思いませんか。

あまりテレビ朝日らしくない番組だなと思いました。

そして放送するのが21時からと、とてもいい時間に放送されるのです。

バラエティー番組などよりもドキュメンター的なものが大好きな私は興味津々です。

そして「部族」とか「自給自足の暮らし」などをしている人たちを見るのが凄く好きなのです。

私たちには想像出来ないような生活をしている人たちを見るのは面白いです。

ただ、凄く極寒だと思うのですが、そんな所で未だに先住民のような暮らしをしている人々がいるなんてびっくりです。

彼らはどうして山を降りようとは思わなかったのでしょうか。

テレビ朝日と言えばポツンと一軒家も面白いですが、この番組はそれ以上にサバイバルな生活をしている人たちが登場するということですよね。

標高4000メートルということで、登山するだけでも凄く大変そうです。

スタッフたちは雪山登山には慣れているのでしょうか。

初心者だとしたらそれこそ本当に命がけだと思います。

150日ということは、スタッフたちは何回も山を登って取材をしたのかどうかも気になります。
ものすごい番組に仕上がっていることでしょうね。

過酷な取材を行ったスタッフの皆様お疲れ様でした。

 

 

天空のヒマラヤ部族/動画フル無料視聴3月8日 楽しみな点

 

テレビ朝日開局60周年記念として3月8日土曜日夜9時から2時間半に渡り放送される「天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間」。

ヒマラヤ山脈のなお自給自足で暮らす世界一高い集落を150日間かけて取材した記録映像を放送してくれるとのことです。

ネパールとチベットとの国境近くにある標高4000mの地・ドルポを取材したようですが、4000mと言えば富士山よりも高地ということであり、空気が薄く極寒で過酷な環境なのでしょう。

そんな過酷な環境の地のリアルを届けてくれる今回の番組はかなり貴重な映像資料となるのかも知れません。

また、現代において自給自足の生活とはどんなものなのかも興味深いところです。

ちなみに今回の取材には総勢20名ものスタッフが投入されているようで、テレビ朝日としても相当気合いが入っているようですので、あっといわせるような映像もおさめてくれているだろうと期待しています。

自給自足とはほど遠い生活を行っている私たちが映像を見てみると、忘れてしまっていた知恵やアイディアなどの気づきをもらえる可能性もありますので、その観点でも楽しみです。

また、世界初となるこの地の厳冬期取材も行ったようですが、その厳しさがどんなものなのかも知りたいですね。

なかなか見どころの多そうな今回のテレビ朝日の番組、楽しみですね。

 

天空のヒマラヤ部族/動画フル無料視聴3月8日 視聴者感想

 

ヒマラヤの映像はこれまでも何度となく見てきたのですがこの番組で紹介される村も民族も初めて聞く名前なのでまだまだヒマラヤには知らない事が多いのだと思いましたし、初めて見るものばかりだけにこれまで見たヒマラヤとはどう違うのか、どんな民族が暮らしているのか非常に興味が湧きます。

この村のこの民族に限らず世界中には日本人からすそれにしても標高4000mですから富士山頂よりもまだ数百mも高い位置で暮らすのはどういう覚悟を持たなければ暮らしていけないのか、どんな暮らしをしているのか、酸素がとても薄い場所ですしこの民族の体はどうなっているのか、日本に住んでいては全く想像がつかないだけに紹介される映像全てが新鮮に映ると思います。

もう1つ驚いたのが取材日数が150日にも渡ることで、全てのテレビ番組をひっくるめても1つの番組にここまで長い時間費やすものも希だと思いますし、よほどここに惹かれなければこの過酷な環境に足を運びたいとは思えないでしょうし、取材陣の心意気とか表情がどのようなものかも注目したいです。

これだけの日数の取材を重ねれば現地の人もまた来てくれたかと、すっかり打ち解け合うとも思いますし取材陣と現地の人の交流ぶりもみものです。。

 

 

まとめ

 

あの神秘の山ヒマラヤの部族集落を、命がけで5ヶ月もかけ取材に行くドキュメンタリー番組との事で、標高400m越え、極寒の未開の地に、はたして番組スタッフがそんな長期間ロケに耐えられるのか、そもそも番組として成立するのかと、こちらまで心配になってしまいました。

しかし、出演者があの某テレビ番組で、異才を放ったアクレッシブなディレクター友寄隆英氏と知り、「あっ、全然問題なし。大丈夫だ。」と安心出来、非常に興味が沸きました。

友寄氏ならどんな未開の部族に出会おうと、臆することなく、その部族長の懐に自然に入っていけるのではないかと思いますし。

もし何か問題が起こっても、乗り切れるだけのアイディアや体力が、十分に備わっているかと思いますので、実際にどういうふうに乗り切っていくのかに期待して観てみたいと思っています。

また、もう一人の出演者大谷映芳氏は、世界最難関のルートを初制覇しているとの事で、2人の最強協力タッグが観られるかと思うと、期待が更に膨らみます。

 
天空のヒマラヤ部族/動画フル無料視聴3月8日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

天空のヒマラヤ部族/動画フル無料視聴3月8日