ドラマ

スカーレット第134話/動画/134話3月10日無料視聴朝ドラ23週/火曜日/再放送見逃し配信

スカーレット第134話/動画/134話3月10日無料視聴朝ドラ23週/火曜日/再放送見逃し配信

スカーレット動画(火曜日)134話 / 3月10日ネタバレや感想と見逃し配信視聴方法につきましては

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ動画134話 3月10日
 

スカーレット/動画134話 /3月10日youtube/NHK公式あらすじ

 

喜美子(戸田恵梨香)が一年、穴窯での作品作りをやめると宣言。一方、武志(伊藤健太郎)はたこ焼きパーティー直前に異変。病院で医師の大崎(稲垣吾郎)に相談しようと…

番組内容
喜美子(戸田恵梨香)が一年の計画を検討し、今年は穴窯での作品作りをやめると宣言。訪ねてきた照子(大島優子)が話を聞いてしまう。陶芸教室の日、陽子(財前直見)らが集まる。一方、武志(伊藤健太郎)は自分の体調が気になり家庭医学書を購入する。不安を押しころしていたが、たこ焼きパーティーの準備中にまたも身体に異変を感じ、友人の真奈(松田るか)を追い返すことに。武志は大崎医師(稲垣吾郎)に相談しようとするが

スカーレット/134話 動画/3月10日 キャスト

 

戸田恵梨香,伊藤健太郎,大島優子,財前直見,稲垣吾郎,田中美央,松田るか,早織,村崎真彩,

 

スカーレット134話 動画の3月10日感想

 

武志の体調

本で自分の体調について調べていた武志(伊藤健太郎)。

いくら大丈夫と言われても、自分の体調のことは自分でおかしいと感じているんでしょう。

白血病にたどり着いてしまうのも時間の問題かもしれませんね。

分からなくてはただただ不安ですよね。

しかもたこ焼きパーティーの準備をしていて、楽しいはずの時間にまた体の不調が出てしまうみたいで。

友人のマナ(松田るか)を追い返すことになってしまうんですね。

皆も2人をくっつけようとしていそうだけど、うまくいきませんね。

予告で着物姿の石井さんが負けずにたこ焼きパーティーをと提案しているシーンがあったけど、2人の距離は少なからず縮んではいってたんですかね。

武志は自分が体調が悪いと悟られたくないからと、石井さんに適当な態度をとって不満を持たせないことを願ってしまいます。

気を遣わせたり心配をかけたくないと思うのでしょうけど。

女性はダメと喜美子(戸田恵梨香)は断られてましたが、石井さんはアパートに来るのオーケーなんですね。

でもめぐみちゃんもきてましたしね。

彼氏とだから良いのでしょうけど、たこ焼きパーティーは石井さん以外にも誰か来る予定はあったのでしょうか。

さて武志は主治医になる大崎先生(稲垣吾郎)に相談をと考えるみたいですね。

大崎先生自信は病気のことは伝えたいけど、喜美子に待つように言われているから難しいですね。

武志に相談されて、お母さんと3人で話そうかと言われたら武志もピンときてしまうでしょうし。

かといって、嘘をつくのもどうなのかと悩みそうです。

これまでの経験で色んなパターンもみてきてるでしょうしね。

八郎と武志が仲良く羽根つきをしている様子が微笑ましくて、子どもの頃に一緒に過ごせなかった分今をとても大事にしていると感じます。

そんな二人を微笑ましく見守る喜美子もまた素敵で、素敵なシーンでした。

しかし、喜美子はふとした時に武志の病気のことが頭をよぎり、居ても立っても居られない様子が伝わります。
だからといって何かできるわけではなく、喜美子がつらい様子が痛いほど伝わりました。
八郎にもまだ打ち明けていないようで、武志の父親でもあるのだから早く伝えてほしいです。
そして、武志も自分の体に起きている異変について、なんだか気が付いているようです。
病名まではまだわかっていないようするですが、それでも血液の病気について調べているところを見るととても切なくなりました。

母親に聞くわけにもいかず、もし自分が重大な病気だとわかったときに武志はどうするのでしょうか…。

たった一人の子供で、自分がいなくなった後のことを優しい武志なら心配しそうです。
これから辛く暗い展開が予想され、毎回涙が止まらない予感がします。

喜美子と武志、それに八郎や信作などどのように彼らの運命が動き出すのか気になり、「スカーレット」は最後まで目が離せません。

 

 

 

スカーレット動画キャストについて

 

 

まとめ

 
とうとう武志の病気が判明しました。

嫌な予感はしていましたが、慢性骨髄性白血病とは想像以上に深刻な病気でした。
喜美子は武志の前で気丈に振る舞っていましたが、内心は不安でしょうがない様子が手に取るようにわかりました。

これから喜美子と武志は病気と戦って行かなければなりません。

慢性骨髄性白血病は今となっては薬が開発され、治癒も望める病気となってきましたが、その治療の苦しみは体験した本人でなければわからないほど辛いものだと思います。
喜美子が生きてるのは1980年代です。

この頃の医学ではどんなにか治療があるのかわかりませんが、武志が治ることを祈るしかありません。

喜美子にはひとりで抱え込まずに、たくさん相談にのってくれる八郎や友人たちがいますからみんなと力をあわせて乗り越えてほしいです。

武志はまだまだ若いですがら、やりたいことがあるはずです。

もっと亜鉛結晶の作品を作ってほしいです。

せっかく熱くなる瞬間が来たのですからまだまだ作品を作りたいはずです。

稲垣吾郎さん演じる大崎先生はこれから喜美子と武志にとって重要な存在となりそうな予感がします。

病気と戦う武志とともに戦ってくれる頼もしい主治医になってくれそうです。

スカーレットもあと残り3週となりました。

最後まで武志が治ることを祈るしかありません。

 
今週はタケシの体調不良から何らかの病気なのではという疑惑が浮かび上がっていました。そんな中、稲垣吾郎さんがお医者さん役で登場。

ちょっととぼけた医者でしたが、まさかこの人が今後重要な鍵を握る人物だったとは。

キミコとタケシが向かった病院の先生が稲垣吾郎さん演じる大崎。そして、まずは血液検査ということで、タケシは骨髄への注射をされます。

「こんなおっきな注射やったで!」と冗談交じりに話すタケシ。

そんなタケシの様子を見ながら安心半分、不安半分といった表情のキミコ。

タケシが忘れた上着を取りに再び大崎の部屋に入ったキミコは検査結果が大したことないこともあるのか問うも、大崎は無言でした。

帰宅後タケシを励まそうと「聞いたった。『うちの子どうなん?』て。

ほしたら、まあこの感じやと大したことないでしょう言うてはったで」と嘘をつきます。

これが精一杯の母の愛だったのでしょう。きっともうただ事ではないことはわかっていました。そして、いよいよ検査結果を聞きにきた2人。

とりあえずは大丈夫という大崎でしたが、その後キミコと2人で話すことに。そこで告げられた病名は骨髄性白血病。天はなぜこんなステキな親子にこんな運命

を下したのかと正直許せません。特にこのスカーレットは実在の人物がモデルです。

スカーレット134話 (動画) 134話 /3月10日(3/10)20200310/ (134回)youtube/Pandora134話 /pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunみれない時は

下記にて
(無料視聴できます)
↓ ↓

 

スカーレットドラマ134話 動画3月10日