ドラマ

病院の治しかた 最終回 動画 最終回 7話 最終話(病院の治し方]無料視聴/見逃し配信/再放送

病院の治しかた最終回動画最終回7話最終話(病院の治し方]無料視聴/見逃し配信/再放送

 

2020年3月9日22時からテレビ東京で『ドラマBiz 病院の治しかた ドクター有原の挑戦#7 小泉孝太郎』が放送されます

 

放送地域にない、見れないは(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

病院の治しかた /ドラマ/動画7話
 

病院の治しかた 第7話の動画ドクター有原の挑戦 /番組内容

 

病院の治しかた 第最終回の動画ドクター有原の挑戦 /番組内容

倒産寸前の病院を立て直す!感動と奇跡の実話!東京の医大のエリート医師・有原修平は父の病院である有原総合病院の危機に直面…その時彼がとった驚くべき決断と行動とは!.

番組内容
ドラマBiz 病院の病院の治しかた ドクター有原の挑戦#7
突然、帰らぬ人となった米田正光(中村雅俊)。悲しみに暮れる有原修平(小泉孝太郎)だが、救命救急センター開設に加え、新病棟の着工、最新機器の導入と、いつにも増して急速な改革を進めていた。急ぎ過ぎだと院内外から不安視する声があがるが、修平の思いは頑なだ。しかし、頼みの綱だった追加融資がついに打ち切られ、最大のピンチが訪れる。父や米田との約束を胸に奔走する修平…。病院存続をかけた最後の闘いが始まった!
出演者

病院の治しかた ドクター有原の挑戦 キャスト

 

有原修平…小泉孝太郎 倉嶋亮介…高嶋政伸 有原志保…小西真奈美 ○ 砂岡武雄…福本伸一 江口智也…稲葉友 膳場大輔…片桐仁 田所伊久磨…池田成志田端進…角野卓造 ○ 有原健次郎…光石研 ○ 兵藤悦子…浅田美代子 米田正光…中村雅俊

 

病院の治しかた /ドラマ/7話動画最終回のみどころ

 
『病院の治しかた』は地域医療ネットワーク作りでした。

小泉孝太郎さんの演じる有原先生は理想の医療に近づくために改革を続けますね。

その手腕を見ていると毎回政治家のようだと思ってしまいます。

小泉孝太郎さんが演じているからでしょうか。

いつも驚くくらいの思いきった決断をして実行にうつしています。

反対する人には容赦無いところがある反面、人たらしだなと思う時もあります。

今回の地域医療ネットワークの立役者は江口くんですが、江口くんを任命して上手に働かせているあたりはすごいなと思いました。

もちろん、有原先生だけではなく事務長の富山の薬売りの話があったから、そのスタイルで頑張ったのだろうと思いますが。

江口くんが細かいことに気づくことができ他人に信用される人物だと見抜き、責任を与えて動かすやり方は見事でした。

誠実で親切な江口くんは先ず田端医院の田端先生の心を動かし、地域医療ネットワークを軌道に乗せることができました。

江口くんが頑張っている姿がいじらしくて好感が持てたので、上手くいった時には拍手したい気分になりました。

赤字解消にもつながり、本当に良かったです。まだまだ有原病院の改革は続いていきます。

次は何をするのか楽しみにしています。

病院の治しかた /ドラマ/最終回動画7話の感想

 
赤字にも関わらずカテーテル室を作ろうとする有原に、倉嶋は怒りますが有原は反対を押し切って行動を推し進めて行きます。

周りの反対を押し切っても、病院を変えて行こうとする有原がただ凄いと感じてしまいます。

その有原を演じている小泉さんは、迷いなく信念で押し切っている有原を好演していてリアルに感じることが出来ました。

倉嶋も、病院を想って本気でぶつかって行く姿勢が、凄く伝わって来て素敵なドラマになっていると思います。

有原が奥さんと話をする時に、いろいろなことに気付かされていますが倉嶋もそうのようで、居酒屋で有坂夫婦と倉嶋夫婦が偶然出会って奥さん同士が仲良く話しているのを見て、奥さんの力に支えられていることが分かりました。

有原の提案通りに、地域の医療ネットワークを作って行きます。

江口が町医者を頭をさげて回ったおかげで、町医者の協力を得ることが出来て感動することが出来ました。

有原は、次々にアイディアを出して病院を改善して行きますが、周りの反対もありますが協力者もおり見ていて心が温まる気がします。

変わろうとする時には、反対があっても押し切らなければいけないこともあるんだとこのドラマを見ると感じて来ます。

 

病院の治しかた/ドラマ/最終話動画7話最終話の感想

 
小毎週楽しみに見ています。病院で事務職員としてここ数年は経営面に携わるものとして共感することも多く参考になることも多いです。

病院の経営は営利を目的にするだけではとても成り立っていかず人の命がかかるという事で今までは水面下に隠れていた経営の問題や課題が数多くあります。

また病院トップである院長はあくまでも医師であり経営者としては素人です。

今まであまり取りざたされなかった問題がこのドラマでかなり表面化され院長の暴走に振り回されながらも周囲ほ院長の思いをよく理解し共に課題や問題に取り組み解決していくのが見ていてとても気持ち良く励まされます。

明日が最終回ということでなんとなく結末は予想されながらもどのような過程を経て問題や課題がかい病院再建にいたるのかがとても楽しみです。

今までは確かに暴走しながらも周囲の援助に支えられて何だかんだ言っても病院が一つの目的に向かってその時々の課題をクリアしてきたのですが資金的なことは周りの援助だけではどうにもならず頼りにしていた米田が他界したことで落胆の中どのように修平が立ち直り目的を達成するためにどの様に周囲を巻き込み関わりながら一つの方向に向かって問題を解決していくかが楽しみです。
 

まとめ

 

産婦人科の閉鎖危機を乗り切るために倉嶋が奔走し銀行を説得したにもかかわらず、有原はさらなる設備投資を考えていました。

連続での赤字決算は銀行が許されないと分かっている倉嶋は、我慢できずに声を荒げてしまいます。

どんなに理想が高いものでも、そこまでの道が見えていなければ誰もついてはきません。

有原が特別なところは、次の一手を必ず準備していることでしょう。

今回は、地域医療ネットワークです。個人のクリニックと総合病院の連携を深めることで、地域の患者を取りこぼさないようにすることが目的です。

しかし、問題は人間関係にありました。

しかも、有原の父が亡くなってからの病院は、地域の医師に対して傲慢とも取れる態度をとっていたのです。

医師が相手では無理だと思った有原は、事務職の江口にこの役目を任せます。

江口は、怒鳴られながらも病院を回り説明を続け、信頼を失うきっかけとなった問い合わせに対する返書の改善も行います。

そして、彼の仕事の丁寧さと細やかな気配りが伝わり、失っていた信頼を取り戻しネットワークへの参加を承諾する医師が現れるようになりました。

結局は、たった一行の言葉を付け加えるかどうかが、人間関係のすべてを決めてしまうようです。

面倒なようですが、何かを新しく始める時に手間を惜しまずやらないと人が動いてくれないのも事実でしょう。

必ずメリットや得があると言って口説き落としたとしても、協力する以上はメリットがあって当たり前ですしメリットが無くなれば関係も無くなります。

損得ではない関係を築くことが、最も難しく大事なようです。
いきのいい若手主体のドラマも好きですがこのドラマのように中堅から大ベテランが中心となりどっしりと構えて大人の魅力を堪能できるのも素晴らしいと改めて思いました。

これまで有原が進めてきた改革はこれほど強引でもいいのだろうか、ワンマン過ぎやしないかと随分冷や冷やドキドキしたものです。

見た目や話し方がソフトなのとは対照的にまるで鬼とも言えるような事もしてきて自分がもしこの病院の職員だったらとてもついていけなくて文句たらたらだったと思われます。

しかしそこまで思い切った事をしなければ病院の未来がないとの判断で必ずしも単なる自分のエゴではなかったですし、回を追う事に理解者も増えていきバラバラだった職員のまとまりも少しずつできていった気がしました。

高嶋政伸さんは近年では変わった人格の役が多かった印象なだけにまともなと言ったらおかしいのですが、特に癖もない役をしている方のが逆に違和感を覚えてしまうのも面白い点です。

大ベテランでは角野卓造さんの存在感が際立っているイメージです。

口は悪いが人情はある、初対面では誤解を招きやすいキャラクターですが1度ご縁ができれば頼もしい存在だと思える魅力がありますので町医者にはふさわしいと思いました。

大ベテランと言えば中村雅俊さんが演じる副頭取も病院再生にはなくてはならない人物だけに前回の最後で倒れてしまったので次回の放送ではどうなってしまうのか非常に気掛かりで副頭取の行方からも目が離せません。
 

病院の治しかた /ドラマ/動画7話最終回最終話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

病院の治しかた 7話動画