ドラマ

病院の直し方/最終回/動画/最終回/7話(病院の直しかた無料視聴/見逃し配信/再放送

病院の直し方/最終回動画7話(病院の直しかた無料視聴/見逃し配信/再放送

 

2020年3月9日22時からテレビ東京で『ドラマBiz 病院の直しかた ドクター有原の挑戦#7 小泉孝太郎』が放送されます

 

放送地域にない、見れないは(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

病院の直しかた /ドラマ/動画7話
 

病院の直しかた 第7話の動画ドクター有原の挑戦 /番組内容

 

病院の直しかた 第最終回の動画ドクター有原の挑戦 /番組内容

倒産寸前の病院を立て直す!感動と奇跡の実話!東京の医大のエリート医師・有原修平は父の病院である有原総合病院の危機に直面…その時彼がとった驚くべき決断と行動とは!.

番組内容
ドラマBiz 病院の病院の直しかた ドクター有原の挑戦#7
突然、帰らぬ人となった米田正光(中村雅俊)。悲しみに暮れる有原修平(小泉孝太郎)だが、救命救急センター開設に加え、新病棟の着工、最新機器の導入と、いつにも増して急速な改革を進めていた。急ぎ過ぎだと院内外から不安視する声があがるが、修平の思いは頑なだ。しかし、頼みの綱だった追加融資がついに打ち切られ、最大のピンチが訪れる。父や米田との約束を胸に奔走する修平…。病院存続をかけた最後の闘いが始まった!
出演者

病院の直しかた ドクター有原の挑戦 キャスト

 

有原修平…小泉孝太郎 倉嶋亮介…高嶋政伸 有原志保…小西真奈美 ○ 砂岡武雄…福本伸一 江口智也…稲葉友 膳場大輔…片桐仁 田所伊久磨…池田成志田端進…角野卓造 ○ 有原健次郎…光石研 ○ 兵藤悦子…浅田美代子 米田正光…中村雅俊

 

病院の直しかた /ドラマ/7話動画最終回のみどころ

 

地域や患者さんとのふれあいを描くヒューマンドラマの要素もありながら、破綻寸前の病院の立て直しに取り組む経営再建というビジネスの側面を、前面に押し出したドラマですよね。

今までとは違う、まったく新しい医療ドラマとして話題になりました。病院再建という難題に取り組む主人公「有原修平」を、「小泉孝太郎」さんが熱演しています。

穏やかで、柔和なイメージの小泉さんが、驚くような大胆な改革を押し進めていく姿は、父である、かつての総理大臣小泉純一郎さんの「自民党をぶっ壊す」という大胆不敵な改革者の姿とダブります。

数々の困難を乗り越えながら、なんとか再建を進めてきました。

しかし、まだまだ苦悩は続くようです。

病院の買収を持ちかけられたり、医師の引き上げが行われたり、追加融資も難しくなってしまいます。

ドクター有原は、どのような方法で立ちはだかる苦難と戦うのでしょうか。

「小西真奈美」さん演じる妻「志保」が、陰ながら夫有原のために尽力する姿も、このドラマのみどころの一つです。

夫を支えるやさしくて、美しい理想の妻を好演しています。
この時間帯のテレビ東京ドラマの視聴率は通常3-4%なところ、このドラマは7-8%と大健闘しているようですね。

その大健闘の一因として主演・小泉孝太郎さんの演技があげられるように感じています。

小泉孝太郎さんの演技は一言でいえば自然体と言っていいと思います。

世界の中で見た時に日本人の俳優さんは演技に感情を込め過ぎで、それが最大の弱点だと言われることがあると思います。

確かに感情を込めて演技をする人が多い印象を受けるのですが、必要以上に感情が込められた演技というのは、見ている側にとってはストレスを感じるものなのではと感じています。

そして、その無駄なストレスが映画やドラマの良さを殺してしまう、そんな悪影響があるように思います。

ところが、小泉孝太郎の演技には過剰な感情が込められている印象を受けることがないのですよね。

ですから、視聴者もドラマ自体を素直に受け入れられる、そういう効果があるのではと感じています。

「病院の治しかた」の視聴率が好調な理由としては、事実を元にしたそのストーリー自体が面白いからというのが大きいとは思いますが、自然体で演技する小泉孝太郎さんの力はやっぱり大きい、私はそう思っています。

ドラマのクライマックスに向けて今後とも楽しませてもらいたいですね。

病院の直しかた /ドラマ/最終回動画7話の感想

 
有原修平が心臓カテーテル室を作りたいと言いだしそれに大反対する倉嶋のシーンは印象的でした。

いつもは反対する際も丁寧な口調で話す倉嶋が怒りながら語ってるのは珍しいというよりは初めてだなと感じました。

病院の仕組みのことはまったくわからないんで、有原修平が言いだした心臓カテーテル室を作りたいというのが余程の壮大なことでお金もかかるんだろうなと倉嶋の雰囲気で感じ取れました。

ただそれでも有原修平は倉嶋の意見には応じず突き進むんだろうなと確信していました。

このドラマが真実をもとに作られたドラマということからもどんな状況でも前に進む有原修平という人間が存在したというのが驚きです。

多少の脚色はあるでしょうが凄い改革をしたんだなということは確実に伝わってきます。

地域医療ネットワークの構築を任された江口の大変さも見ていて可哀想でした。

開業医回りでボロクソ医者に文句を言われながら1件の契約も取れないのが続くのは地獄だなと感じました。

そんな江口が落ちこんでいるのを励ます倉嶋のシーンは好きなシーンです。

優しく話を聞いてあげて自らの体験を話してやる気を出さすのは良い上司だなと感じました。

人間ドラマが見れて良いドラマだなと感じました。

病院の直しかた/ドラマ/最終話動画7話最終話の感想

 
有原修平を演じる小泉孝太郎の優しい口調ながらも、厳しい言葉を時に吐くという演技がかなり上手いなと思っています。

普段から思いやりがあり他の病院に転院した患者も見に行く優しさを持つ有原修平なんですが病院の改革となったら一切妥協しない男です。

この有原修平を演じるのは小泉孝太郎しかいないと思えますこのドラマを見てると。

時に小泉孝太郎が厳しい顔つきをしてるシーンは小泉進次郎にむちゃくちゃ似ているときがあるなと思っているのは自分だけじゃないと感じています。

妥協しない有原修平に今回難題を与えられたのが江口智也です。

地域医療ネットワーク構築を進めるために江口に開業医回りをさせるんですが、江口が医者に強く当たられて四苦八苦します。

困り果てる江口だったが倉嶋に慰められ有原修平が適材適所を考えて江口を選んだんだと説明されているシーンは印象的でした。

江口が倉嶋の言葉で復活して、やる気をだしプライドが出て来たのか会議では強い口調で言い返しているシーンは見応えがありました。

有原修平のやり方というのは自分の病院の職員にも成長してもらうという考えもあるんだなと感じました。

妥協なき熱い男、有原修平の生き様が今後も楽しみなドラマです。
 

まとめ

 

病院で働いている人にとっては患者との別れはつきものだと思いますがそういうのが嫌なのなら最初から病院に勤めなければいいわけですから、必ずそういう事は例えば病院関係者として勤めていなかったとしても現実で家族は自分より年上の家族は例えば父親は母親や祖父や祖母などは確実に自分より先になくなるわけですから絶対に人間として生きていく上でも死ぬと言う事は考えておくべきです。

つまり病院関係者はその死の回数を見ることが多いだけであって確実に見ている人がいるわけです。

なのでなかなか素晴らしい職業なのではないかと思いますし病院で働いている人は素晴らしいと尊敬をしている人も多いと思います。

病院で働きたいと思っている人もいると思います。

しかし、頼みの綱だった追加融資がついに打ち切られ、最大のピンチが訪れる。

父や米田との約束を胸に奔走する修平というストーリーになっています。

これからも期待を込めて見ていけるドラマです。

病院の直しかた /ドラマ/動画7話最終回最終話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

病院の直しかた 7話動画